2019年2月15日 更新

SHOWROOM前田裕二氏が直伝!人生を変える「メモの魔力」とは!?

突然ですが、みなさんは普段どれくらい「メモ」を取っていますか?私もライターという職業柄スマホアプリなども活用しながら結構取る方だと思いますが、その用途は主に「忘れないため」。人から聞いた話や浮かんだアイデアを思い出すためのツールとして使用していました。そして、メモはそういう物だと思い込んでいたのです。

gettyimages (31046)

2019.2.15
自他ともに認める「メモ魔」で、双方向メディア「SHOWROOM」を立ち上げた今注目の企業家、前田裕二氏の場合は違いました。彼はメモを記録として残すというより「アイデアを生み出すこと」に利用し、さらに「自信を知ること」や「夢を実現する力」まであると言うのです。
エジソンやアインシュタインなどはメモを活用していたことが知られますが、便利なツールであふれるこの時代になぜ、前田氏はメモの力をそこまで信じているのか?その考えをまとめた新著『メモの魔力』を読み、メモが持つ力の秘密に迫りたいと思います。

「メモの5大パワー!」メモはスキルアップに活用できる「魔法の杖」

gettyimages (31049)

「メモこそが人生を大きく変革した『魔法の杖』であると直感している」
メモが持つ力に絶対的な信頼を寄せる前田氏ですが、その理由として、メモを活用することで様々なスキルアップにつながることを挙げています。その力とは大きく5種類あり…
①知的生産性が増す。
②情報獲得の伝導率が増す。
③傾聴能力が増す。
④構造化能力が増す。
⑤言語化能力が増す。
①はメモを「記録」としてではなく、新しいアイデアや付加価値を生むために取ることで、より生産的になることができるというもの。本書の最重要項目でもあります。②は自分にとって有用な情報を逃さずキャッチすることで頭の「アンテナの本数」が増え、いつでもアイデアが出しやすい状況が生み出せるという事。
③は、メモを取ろうとする積極的な姿勢が相手に伝わることで、相手もより良い情報を提供してくれるようになる。いわゆる「聞く力」が身につくという事です。④と⑤は、自分にとって分かりやすいメモの取り方をしていくうちに、頭の中が整理されてインプットはもちろん、誰かに情報やアイデアを伝えるアウトプット能力も向上するという意味です。メモに驚きの能力が隠されていたことが分かりましたが、さらにその説得力を増すエピソードも紹介されていました。

「SHOWROOM」誕生のきっかけもメモだった!

gettyimages (31056)

幼い頃に両親を亡くした前田氏は、小学生の頃から食べていくために駅前で音楽の弾き語りをしてはお客さんを増やすためのアイデアや「気付き」をメモしていたのだとか。そして、メモをきっかけに重要なことに気が付きます。
①カバー曲を歌うと、オリジナル曲のときよりもお客さんに立ち止まってもらえ、リクエストに応えるとさらに仲良くなれる。その後にオリジナル曲を歌うと、もっとお金がもらえる。
②仲良くなるには双方向性が大切で、人は「うまい歌」ではなく「絆」にお金を払う。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。
自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

世代ごとの考え方の違いが明白になってきています。同じオフィスにいながら違う価値観と考え方が混濁する現代。より、変化が激しくなる新時代を迎えるにあたって、私たちはどういう考え方を持つことが大事なのでしょうか。 尾原和啓著『モチベーション革命』 より、ライフワークバランスの視点をご紹介します。
糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

これまで、どこかのシーンで「ほぼ日手帳」を手に取った学生や社会人は数多くいることでしょう。実際に「ほぼ日手帳」を使わずとも、「ほぼ日」や糸井重里の存在を知らない日本人は、もはや皆無といっても言い過ぎではなさそうです。 川島蓉子・糸井重里著『すいません、ほぼ日の経営。』 より、「ほぼ日」という企業がずっと続けてきたことと新たに始めたことをご紹介します。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部