2017年10月3日 更新

「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港篇。アジアの中心的な都市のひとつであり「100万ドルの夜景」としても知られる香港。お金持ちや人生の成功者が集う、夢のラグジュアリーランドのイメージですが、実際住むための生活費って? 検証しました。

香港の初乗り料金は日本の半額以下

gettyimages (4859)

香港は東京都の約半分という広さのコンパクトな都市なので、移動にかかる時間とお金を節約することができます。また、公共交通機関の運賃が驚くほど安いのも特徴で、日本の運賃と比べるとおよそ半額から3分の1程度の値段になっています。
例えば、香港の地下鉄「MTR」の初乗り料金は4.5香港ドル(約63円)、バスの初乗り料金はさらに安くおよそ3.5香港ドル(約49円)、そしてタクシーの初乗り料金は2キロ24香港ドル(約337円)となっています。これらの交通手段以外にも、トラムと呼ばれる路面電車や、九龍島と香港島をつなぐフェリーなどがあり、軒並み料金もリーズナブルです。
1カ月あたりの交通費ですが、都市部の移動が主であれば600~1,000香港ドル(約8,400~1万4,000円)ほど、郊外への移動も含める場合は少し高くなりますが、それでも1,500香港ドル(約2万1,000円)程度でしょう。
ということで、その他雑費を含めた香港で暮らすために必要な1か月の生活費を試算すると、およそ1万8,000香港ドル(約25万2,000円)ほどとなりました。生活費の約半分を占める家賃の高さが際立っていますね。香港移住に興味のある方は、高騰するマンションの費用を中心に一度生活プランを考えてみるとよいのではないでしょうか。
飯村泉

飯村泉

レジ横の募金箱に小銭を入れる人に悪い人はいない!が信条のライター。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

国の面積がわずか2.02㎢ながら、年に一度F1グランプリが開催され、市街地を猛スピードで走るマシンたちを見るため世界中から人々が集まる人気の国、それがモナコ公国です。今回はモナコへの移住を目指す人のために、モナコ移住にかかる費用を試算し、一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。
ラグジュアリーリゾートで語学留学をお望みなら(セブ島留学のススメ第3回)

ラグジュアリーリゾートで語学留学をお望みなら(セブ島留学のススメ第3回)

リゾートに行きたい、でもひとりは寂しいかも?という人にオススメなのが、セブ島・英語短期語学留学を兼ねたリゾート旅です。放課後や休日はスクールで知り合った仲間たちとお楽しみ。夢の留学で、人生変わるかもしれません。
セブ島留学中の息抜き。週末リゾートで気分をリセット(セブ島留学のススメ第2回)

セブ島留学中の息抜き。週末リゾートで気分をリセット(セブ島留学のススメ第2回)

いつか叶える夢だった留学を、今、お手軽なセブ島で! セブ島留学第2弾は勉強後の息抜きスポットをご紹介。週末になったら遠出してリゾートを満喫しましょう。もしかしたら人生観が変わる出会いもあるかもしれません。
「南国リゾート+英語プチ留学」はいかが。(セブ島留学のススメ第1回)

「南国リゾート+英語プチ留学」はいかが。(セブ島留学のススメ第1回)

社会人になっても、叶えたい夢のひとつが「留学」。学生のときにお金で留学を諦めたことがあるならなおさらですね。キャリアアップや生き方の可能性を広げてくれる留学ですが、最近は「セブでお手軽留学」が流行のようです。
「いつかは住みたい」ロサンゼルスでの生活費

「いつかは住みたい」ロサンゼルスでの生活費

多くのハリウッドセレブの豪邸があるビバリーヒルズや、西海岸を代表するビーチがあるサンタモニカなど、人気エリアが集まっている都市、それがLA、ロサンゼルスです。夢の移住計画「いつかは住みたい」ロサンゼルス篇。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部