2017年10月3日 更新

「いつかは住みたい」香港での生活費

「いつかは住みたい」香港篇。アジアの中心的な都市のひとつであり「100万ドルの夜景」としても知られる香港。お金持ちや人生の成功者が集う、夢のラグジュアリーランドのイメージですが、実際住むための生活費って? 検証しました。

香港の初乗り料金は日本の半額以下

gettyimages (4859)

香港は東京都の約半分という広さのコンパクトな都市なので、移動にかかる時間とお金を節約することができます。また、公共交通機関の運賃が驚くほど安いのも特徴で、日本の運賃と比べるとおよそ半額から3分の1程度の値段になっています。
例えば、香港の地下鉄「MTR」の初乗り料金は4.5香港ドル(約63円)、バスの初乗り料金はさらに安くおよそ3.5香港ドル(約49円)、そしてタクシーの初乗り料金は2キロ24香港ドル(約337円)となっています。これらの交通手段以外にも、トラムと呼ばれる路面電車や、九龍島と香港島をつなぐフェリーなどがあり、軒並み料金もリーズナブルです。
1カ月あたりの交通費ですが、都市部の移動が主であれば600~1,000香港ドル(約8,400~1万4,000円)ほど、郊外への移動も含める場合は少し高くなりますが、それでも1,500香港ドル(約2万1,000円)程度でしょう。
ということで、その他雑費を含めた香港で暮らすために必要な1か月の生活費を試算すると、およそ1万8,000香港ドル(約25万2,000円)ほどとなりました。生活費の約半分を占める家賃の高さが際立っていますね。香港移住に興味のある方は、高騰するマンションの費用を中心に一度生活プランを考えてみるとよいのではないでしょうか。
飯村泉

飯村泉

レジ横の募金箱に小銭を入れる人に悪い人はいない!が信条のライター。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

「いつかは住みたい」モナコでの生活費

国の面積がわずか2.02㎢ながら、年に一度F1グランプリが開催され、市街地を猛スピードで走るマシンたちを見るため世界中から人々が集まる人気の国、それがモナコ公国です。今回はモナコへの移住を目指す人のために、モナコ移住にかかる費用を試算し、一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。
「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

情熱の国・スペインの中でも観光都市として人気のバルセロナ。バルセロナは「古さと新しさ」を持ち合わせ、文化を発信し続けるエネルギーに溢れたヨーロッパの中でも魅力の高い都市といっても過言ではありません。
「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

今や東南アジアの中でも中心的な都市となったシンガポール。今後ますます進化していく都市として世界中が注目しています。また所得税が低いことから移住を考える富裕層も増えています。
ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデーは、20代30代なら誰もが体験してみたいと思うことの1つだと思います。ワーキングホリデーに行ける国は世界中にたくさんありますが、その中でも最近特に注目を集めているのがオーストラリア。
日本から一歩も出ないで本格的な英国留学体験できる場所

日本から一歩も出ないで本格的な英国留学体験できる場所

留学の夢はあるけれど、社会人になるとお金はあっても自由がない…。そんな人に、日本にいながら英国留学が叶う場所があります。その場所の名前は「ブリティッシュヒルズ」。施設の中は英語が公用語で、本物の英国にいるようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部