2019年7月12日 更新

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

今、完全食が話題です。これまでは、メインの食事に付け加える形の栄養補助食品が主流でした。これに対して、完全食(完全栄養食)とはそれだけで1日分の栄養をまかなえるというもの。完全食ソイレントの今と、日本のCOMPやAll-in PASTAを紹介します。

gettyimages (42321)

2019.7.12

完全食とは?なぜ今注目されている?

gettyimages (42329)

平成30年度後期NHK連続テレビ小説「まんぷく」で描かれた栄養食品「ダネイホン」。そのモデルとなったのが、戦後間もなく開発された安藤百福の「ビセイクル」です。ペースト状の栄養食品で、パンに塗って食べるもので、栄養失調が問題となる中で当時の厚生省から評価され、一部の病院でも提供されたのだとか。
戦後70年経った現在、栄養食品はバータイプのスナックが主流。現代の栄養食品の主目的は、時間・労力・費用の節約です。
しかし、栄養補助スナックはあくまで「補助」であり、主要な栄養はやはり食事からとるべし、という基本があります。この考えを覆そうと、近年では完全に食事の代替品となり得る「完全栄養食品」が販売されるようにもなりました。

完全食ソイレントの誕生と新製品

gettyimages (42328)

完全栄養食品の有名商品といえば「SOYLENT(ソイレント)」。米国の若者が起業に必要な資金をやりくりし食事を効率化しようと開発した商品です。
最初に発売されたのは、2013年のドリンクタイプ。現在はカカオやバニラなど4種類の味を展開しています。日本で比較的容易に入手できる粉末タイプは、スムージーや牛乳などに溶かして飲みます。1食あたり850円。
ソイレントシリーズ新製品も2019年に発売されました。「SOYLENT SQUARED」というミニバータイプで、1個100kcal。スナックとしても食事の代替としても利用可能。ポケットに入れておけば、いざという時の強い味方となるでしょう。

日本発の完全食COMP!あなたはドリンク派?グミ派?

国産の完全食では、2016年発売の「COMP」があります。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」に準拠し、ドリンク、粉末、グミの3タイプを展開。人々が食事の時間や労力を減らし、仕事や勉強、趣味などにもっと「夢中」になれることをコンセプトとしています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

頑固な肩こりをスッキリ改善!スキマ時間にできる集中エクササイズ

頑固な肩こりをスッキリ改善!スキマ時間にできる集中エクササイズ

マッサージをしてもらってもすぐに肩がこる、デスクワーク中に肩が張って辛い…そんな頑固な肩こりで悩んでいる人はたいへん多いです。そこで今回は、 なかなか改善しない頑固な肩こりを解消するための集中エクササイズについて解説していきます。
腕を太くする筋トレ2種 自宅で効率的に筋肉トレーニング

腕を太くする筋トレ2種 自宅で効率的に筋肉トレーニング

「腕だけが細い」「筋トレしても腕が太くならない」このような悩みを持っていませんか?腕に筋肉をつけるためには、筋肉の質や構造に合ったトレーニングをしなければいけません。そこで今回は、たった2種目で器具を使わずに腕を太くする方法を解説していきます。
効率的に痩せる!忙しい人におすすめショートサーキットトレーニングとは

効率的に痩せる!忙しい人におすすめショートサーキットトレーニングとは

ジョギングや筋トレは、ダイエットに効果的な運動です。しかし、「時間が取れない」「ジム通いが面倒」などの理由で続かない人も少なくありません。そこで今回は、有酸素運動と筋トレを同時に行うことができる「ショートサーキットトレーニング」について解説していきます。
お金持ちはこう考える「髭剃りの時間が無駄→髭を永久脱毛する」

お金持ちはこう考える「髭剃りの時間が無駄→髭を永久脱毛する」

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんのこづかいは減らすな』より特別編集編をお届けします。
1年の節目に考えたい賢いスケジュール管理術

1年の節目に考えたい賢いスケジュール管理術

「デキる人ほど、スケジュール管理が上手」とよく言われるもの。多忙な毎日の中で、仕事で成果を出したり無駄な出費を抑えたりするためには“時間を有効に使う”ことが必要不可欠です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部