2018年10月25日 更新

孫子の兵法から導き出す「人を惹きつける」リーダー像

孫子の兵法にはリーダーとして組織を動かすために現代にも役立つ教えが収められています。リーダーとしてチームを率いるにはどうすればいいか、多くの経営者や政治家に読まれている古典です。孫子の兵法の一節を紹介し、人を惹きつけるためのリーダーとは何かを解説します。

孫子の兵法第七編である軍争篇は、開戦に至るまでの駆け引きについての戦略が書かれています。

ここでは、開戦までにできるだけ速やかに戦場に到着し、兵士に休息を十分に取らせ、実力が十分に発揮できる状態で戦に臨むことを説いています。

戦は、兵を戦地に派遣することに加え、必要な軍需品、食糧、財貨を後方から輸送する必要があります。必要な装備、食糧、資金という後方支援により環境を整えることが重要だということです。
ビジネスでいえば、「戦」は商談や企画を通すためのプレゼンテーションと読めます。いずれも下準備が大切ですし、部下には十分な休息や必要な支援・フォローを行い、十分なコンディションで臨ませることが重要です。

もちろん、現実においては、万事において準備万端の状態で物事に臨めることのほうが少ないでしょう。だからこそ、リーダーは、重要な局面に至るまでの状況を把握し、できることなら自軍に有利なように動かすことが求められます。

リーダーには、単に人間的な魅力だけではなく、状況を冷静に判断し、勝機のある方向へとチームを動かしてゆく「戦術家」としての役割も求められるのです。

参考文献

・龍介橘『世界一わかりやすい孫子の兵法』インプレス、2015年8月
・知的発見!探検隊監修『あらすじとイラストでわかる孫子の兵法』イーストプレス、2011年1月

参考URL

ユキヨシ

大学院修士課程修了(歴史学)後、そろばん指導講師、教育系のベンチャー企業を経験し副業ライターに。会社員時代に経営者の経営哲学に関心を持ち、中国古典思想の勉強を始め今に至る。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕事の無駄を省きたいと思っても、どうやって省けばいいか分からないことも多いのではないでしょうか。無駄を省いて仕事を効率化するのにおすすめなのが「仕組み化」です。この記事では仕組み化のポイントやメリットなどについて解説します。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳を使ってのタスク管理はアナログな方法ですが、実は最も効果的だったりします。デジタルツールを活用したタスク管理に手を出しても、私も含め結局は手帳でのタスク管理に戻ってくることも珍しくありませんね。手帳での効果的なタスク管理の方法やコツを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユキヨシ ユキヨシ
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS