2018年11月9日 更新

大人気のスタンフォード式で「疲れない体」を手に入れる

2017年に出版され30万部を超えるベストセラーになった『スタンフォード式 最高の睡眠』。睡眠に関する新常識や最新の研究データが導き出す睡眠法は説得力抜群でした。そんな「スタンフォード式」の名を冠する書籍を新たに発見。それが『スタンフォード式 疲れない体』。

gettyimages (24884)

2018.11.9
世界の大学ランキングで常にトップクラスのスタンフォード大学ですが、実は本国アメリカでは学術だけでなく有名アスリートが数多く在籍する「スポーツの大学」でもあるのです。しかも、リオ五輪でメダルを獲得したアメリカ代表選手のうち、じつに22%がスタンフォード大学の学生だったのです。そんな一流選手のパフォーマンスを高めるために作られた注目の疲労回復メソッドが本書のテーマ。
筆者はスタンフォード大学スポーツ医局でアスレチックトレーナーを務める日本人の田中和生氏。興味深い最新研究データの提示もさることながら、私たち日本人の職場環境やライフスタイルを熟知しているからこそできる実践的なアドバイスをしてくれています。内心「この本、そりゃ流行るはずだ」と思いつつ、一部ではありますがその中身に迫りましょう。

睡眠不足は脳震盪と同じ?スタンフォード大学が明かす「疲れ」の正体

gettyimages (24899)

アスリートのパフォーマンス低下の原因を研究し続けてきたスタンフォード大学の最新の見解によると、疲労とは「筋肉と神経の使いすぎや不具合によって体の機能に障害が発生している」状態のこと。そして注目すべきは筋肉だけでなく「神経のコンディション」だと言います。
神経とは、脈拍や呼吸、消化をコントロールする「自律神経」。そして手足をはじめ身体の動作をコントロールする「中枢神経」の2つからなりますが、その司令塔は「脳」。大学では、睡眠不足のアスリートの脳の機能を測定したところ、なんと脳震盪を起こしてしまったアメフト選手と酷似したデータが得られたそう。どれだけ神経への影響がパフォーマンスを左右するのかをうかがい知ることができました。
さらに、その神経のバランスを乱す大きな原因が『体の歪み』。これを整えることがスタンフォード式『疲れない体』を手に入れる神髄です。

「疲れ」を客観的に知る4つの方法!

gettyimages (24896)

本書最大のテーマに迫る前に、数値化するのが難しくMRIなどでも判別することができない「疲れ」を客観的に知る方法をご紹介。もちろん「疲れた」という実感は大切にするとして、疲労を知るための4つの条件があるのだそうです。それは…
①「脈」がいつもと違う
安静時、1分間に自分の脈が何回打っているかの「ベースライン」を知っておくことで疲労を感知できます。運動後に脈が速くなるのは当たり前ですが、なかなか脈が落ち着かない時や、安静時にもかかわらず脈拍が早い時には疲れているのかもしれません。
②「いろいろな時間」に寝ている
睡眠時間が足りないのはもちろん、不規則な場合にも副交感神経の働きが悪くなります。もっとも、睡眠不足は倦怠感などを感じやすいので分かりやすいかもしれませんね。
③「腰」が痛い
脳は常に体のバランスを取ろうとするため、例えば猫背で肩が前に出ていたりすると腰を後ろに反らせてつじつまを合わせようとするのだそうです。その結果、全身のバランスが崩れて疲労が蓄積しやすい身体に。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

絶対点数ではなく相対点数を意識する

絶対点数ではなく相対点数を意識する

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。
自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

世代ごとの考え方の違いが明白になってきています。同じオフィスにいながら違う価値観と考え方が混濁する現代。より、変化が激しくなる新時代を迎えるにあたって、私たちはどういう考え方を持つことが大事なのでしょうか。 尾原和啓著『モチベーション革命』 より、ライフワークバランスの視点をご紹介します。
糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

これまで、どこかのシーンで「ほぼ日手帳」を手に取った学生や社会人は数多くいることでしょう。実際に「ほぼ日手帳」を使わずとも、「ほぼ日」や糸井重里の存在を知らない日本人は、もはや皆無といっても言い過ぎではなさそうです。 川島蓉子・糸井重里著『すいません、ほぼ日の経営。』 より、「ほぼ日」という企業がずっと続けてきたことと新たに始めたことをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部