2019年9月6日 更新

理想の上司像の特徴は3つ|男女で求められるリーダー像は違う?

この記事をご覧の皆さんの中には、理想の上司像の特徴は、男女で求められるリーダー像は違うのか、という疑問を抱いている人もいると思います。 そこで、今回の記事では、世の中の理想の上司像はどういうものか、男女で求められるリーダー像は違うのか、について説明します。

2019.9.6

社会人の43%が理不尽な上司の下で働いている

gettyimages (46639)

ベースメントアップス株式会社が運営する「退職の前に読むサイト」というサイトによると、社会人の43%が理不尽な上司の下で働いているという結果がでたようです。

どのようにして理不尽な上司の対応をすればいいのか、具体的には以下のようなものがあるようです。

https://taisyokuagent.com/articles/395

① 個性的な人であると割り切る

理不尽な上司の対応方法の1つ目として挙げられるのが、個性的な人であると割り切るという方法です。

いくら理不尽な上司が理不尽なことを言ってきたとしても、こちら側であの上司は個性的な人であるから、通常とは異なる指示を出してしまうのだと割り切れてしまえば、精神的にもだいぶ楽になるのではないでしょか。

② 近すぎない距離を維持する

理不尽な上司の対応方法の2つ目として挙げられるのが、近すぎない距離を維持するという方法です。

理不尽な上司は、こちら側でコントロールすることができない存在なので、こちら側でコントロールして理不尽な上司を変えようということは試みず、理不尽な上司との近すぎない距離を維持するだけで、ストレスも多少減らすことができるのではないでしょか。

理想の上司像の特徴で共通する点3つ

理想の上司像の特徴で共通する点にはどのようなものがあるのか、具体的には以下のようなものがあるようです。

① 業務を遂行する能力が高い

理想の上司像の特徴の1つ目としては、業務を遂行する能力が高いことが挙げられます。

いくら人格的には優れた人であっても、職場は原則的に仕事を行う場所であることから、業務を遂行する能力が高くないと部下からの信頼は生まれにくいです。

上司の業務を遂行する能力が高いと、何かあった時に上司を頼ることができるので、部下が積極的に業務を行えるようになり、業績の向上につながりやすくなるのではないでしょうか。

② 人格的に優れていること

Colleagues discussing strat...

Colleagues discussing strategy during meeting

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
リーダーシップを勘違いしている上司によくある特徴6つ

リーダーシップを勘違いしている上司によくある特徴6つ

リーダーシップとは「部下のお手本になるべき」「先頭に立って皆を引っ張る存在」などと思っている上司は多いです。間違いではないものの、本来のリーダーシップとは一体?ちょっと残念な上司のエピソードを交え、部下があこがれるリーダーシップ像について考えていきます。
誤解してない?改めてダイバーシティの本質について考える

誤解してない?改めてダイバーシティの本質について考える

近年、政府が推進する「働き方改革」に関連してよく耳にする「ダイバーシティ」という言葉。あまりにも耳慣れた単語ゆえ、まるですべて知っているかのような気分になっていませんか?今回は、改めて「ダイバーシティ」の本質について考えていきます。
働き方改革の成功事例にはワクワクがある

働き方改革の成功事例にはワクワクがある

働き方改革関連法が施行されて、はや半年。あなたの会社ではどんな改革が進んでいますか?「ノー残業」や「有給取得の強化」が一般的な最初の取り組みですが、この記事では大胆な改革をおこなった企業を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部