2019年9月17日 更新

理想の上司像の特徴は3つ|男女で求められるリーダー像は違う?

この記事をご覧の皆さんの中には、理想の上司像の特徴は、男女で求められるリーダー像は違うのか、という疑問を抱いている人もいると思います。 そこで、今回の記事では、世の中の理想の上司像はどういうものか、男女で求められるリーダー像は違うのか、について説明します。

2019.9.6

社会人の43%が理不尽な上司の下で働いている

gettyimages (46639)

ベースメントアップス株式会社が運営する「退職の前に読むサイト」というサイトによると、社会人の43%が理不尽な上司の下で働いているという結果がでたようです。

どのようにして理不尽な上司の対応をすればいいのか、具体的には以下のようなものがあるようです。

https://taisyokuagent.com/articles/395

① 個性的な人であると割り切る

理不尽な上司の対応方法の1つ目として挙げられるのが、個性的な人であると割り切るという方法です。

いくら理不尽な上司が理不尽なことを言ってきたとしても、こちら側であの上司は個性的な人であるから、通常とは異なる指示を出してしまうのだと割り切れてしまえば、精神的にもだいぶ楽になるのではないでしょか。

② 近すぎない距離を維持する

理不尽な上司の対応方法の2つ目として挙げられるのが、近すぎない距離を維持するという方法です。

理不尽な上司は、こちら側でコントロールすることができない存在なので、こちら側でコントロールして理不尽な上司を変えようということは試みず、理不尽な上司との近すぎない距離を維持するだけで、ストレスも多少減らすことができるのではないでしょか。

理想の上司像の特徴で共通する点3つ

理想の上司像の特徴で共通する点にはどのようなものがあるのか、具体的には以下のようなものがあるようです。

① 業務を遂行する能力が高い

理想の上司像の特徴の1つ目としては、業務を遂行する能力が高いことが挙げられます。

いくら人格的には優れた人であっても、職場は原則的に仕事を行う場所であることから、業務を遂行する能力が高くないと部下からの信頼は生まれにくいです。

上司の業務を遂行する能力が高いと、何かあった時に上司を頼ることができるので、部下が積極的に業務を行えるようになり、業績の向上につながりやすくなるのではないでしょうか。

② 人格的に優れていること

gettyimages (46654)

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部