2019年4月2日 更新

たくましく強く生きるニューヨークで働く人の考え方

自信を持って幸せに生きていく秘訣があれば、ぜひ知りたいものです。世界一生きるのが厳しいといわれる街・ニューヨークで起業家として活躍しているエリカ著『ニューヨークの女性の「自分を信じて輝く」方法』 第2章から、ニューヨーク流・考え方のコツをご紹介します。

gettyimages (34857)

2019.4.2

嫉妬の意地悪はまともに相手にしない

なぜ、この人は自分に対して意地悪なのだろうかと思うようなシーン、日常によくあるものです。もしかして自分は嫌われているのだろうかと考え始めると、気が重くなってしまいます。
著者がニューヨークで長年通っているブティックでのことです。そのお店の店員は、皆、接客の仕方がよいため、著者も心地よく買い物を楽しんでいたのだとか。

ある日、以前にこのお店で買ったワンピースを着ていったところ、多くの店員が「素敵」と口々に褒めてくれました。そんなとき、インターンとして働き始めたある店員と出会います。
イネスという名の店員は、その後、店に訪れた著者に対して、ちょっとした嫌がらせを繰り返すようになりました。著者にあったサイズの洋服をごっそり別の場所に持っていってしまったり、他のお客様の取り置きだと言ってラックに下げてしまったり。明らかに著者に洋服を買ってほしくないという意地悪をしてきたのだというのです。
そのようなことをされる身に覚えのない著者は、彼女の行動を不可解に思い、ファッションモデルの友人に相談。すると、それは女の嫉妬だというのです。
意地悪をされるのは、自分に非があるとは限らないもの。意地悪は、まともに受けないのが一番であると著者はいいます。
もし、身に覚えのない意地悪をされたとしたら、いつも通りに振舞いながら、その人と距離を作ることも大切なようです。
gettyimages (34863)

辛いときこそ投げ出さない

ニューヨークで事業を展開している著者。必死に頑張って、限界を感じながらやり続けていると、「本当にこの頑張りが何かにつながるのだろうか」と思うこともあるようです。日本の一般社会で頑張っている人たちも、同じような思いになることがあるのではないでしょうか。
しかし、著者は、辛いときこそ投げ出さないことが大事だといいます。
うまくいかないこと、辛いことに取り組み続けるのは、何ら特別なことではなく日常のこと。そう考えて目の前の課題に取り組み続けていると、いつしか、自分を信じて突き進んでいこうと思えるようになるのだといいます。
大変なことをやり続けるということは、ただ単に夢の実現のためだけではない。諦めずに取り組んでいくことで、継続力や粘り強く努力する力が身についてくるようです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
大正〜昭和に活躍した杉浦非水の広告アートを楽しむ【アート研修】

大正〜昭和に活躍した杉浦非水の広告アートを楽しむ【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「広告美術を楽しむ」です。
ニューヨークで輝く女性が語る自分を信じて生きるコツ

ニューヨークで輝く女性が語る自分を信じて生きるコツ

自信を持って幸せに生きていく秘訣があれば、ぜひ知りたいものです。世界一生きるのが厳しいといわれる街・ニューヨークで起業家として活躍しているエリカ著『ニューヨークの女性の「自分を信じて輝く」方法』 第6章から、ニューヨーク流・考え方のコツをご紹介します。
幸せになる!と自分で決めるニューヨーク流生き方

幸せになる!と自分で決めるニューヨーク流生き方

自信を持って幸せに生きていく秘訣があれば、ぜひ知りたいものです。世界一生きるのが厳しいといわれる街・ニューヨークで起業家として活躍しているエリカ著『ニューヨークの女性の「自分を信じて輝く」方法』 第1章から、ニューヨーク流・考え方のコツをご紹介します。
自分だけの時間を楽しむ必須アイテム

自分だけの時間を楽しむ必須アイテム

8年5ケ月勤めた仕事を退職しました。決まった時間に決まった場所へ行かなくていいなんて何年ぶりでしょう。うーんと考えてみたら実に18年ぶりくらい。長男は29歳。3人目の子供、娘はこの春社会人。もう自分の好きに生きる。これからどんな暮らしになるのか自分でも楽しみです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ