2018年10月5日 更新

寝落ちで睡眠の質を上げる!作者も寝落ちする短編小説とは

眠れない夜、睡眠用音楽を聴く人は多いかもしれません。様々な快眠法が試みられる中、寝落ちを誘う物語を書く作家が人気です。本来小説家は読者に寝落ちなどしてほしくないはずなのに、その逆を行く彼女。一体どのような短編小説を書いているのでしょうか。

gettyimages (22695)

2018.10.5

寝落ちOK——退屈な小説が歓迎される?

gettyimages (22698)

眠らなければならないのに、眠れないという経験を持っている人も多いでしょう。もう就寝時間なのに、ちょっと気分が昂ぶっていたり遅い昼寝をしてしまったり、周囲の音が気になってしまったりして、なかなか眠れない・・・。なんとか眠ろうとして睡眠用音楽を流してくれるアプリを起動することも。
なんとか眠ろうとして小説を読み始める人は少ないかもしれません。普通、小説を読んでいる最中に眠くなると、読解力を疑われたり作品の評価が落ちたりするもの。小説は楽しむために読むのであって、眠るために読むものではありません。むしろ眠くなってしまうことを気にして、眠くならない方法をGoogleで検索するくらいです。
でも「いやむしろこの小説は寝落ちするためにあるんだよ」と言われたらどうでしょうか。実際、世界には寝落ちするための小説を書いている作家がいます。しかも大人気なのだとか。

「眠りを誘う物語」のアプリで執筆する作家

gettyimages (22708)

「眠りを誘う物語」を書く人気作家の名前は、フィービー・スミス。専属スリープ・ストーリーテラーという肩書きです。物語は朗読用に書かれ、その朗読はCalm.comの「Calm」というアプリで聞くことが可能。Calmは2017年にAppleでアプリ・ベスト・オブ・ザ・イヤーに選出されました。
フィービー・スミスは、もともと一風変わった場所で睡眠をとってその体験を小説にしてきた作家。あるとき彼女の短編小説が旅行雑誌に掲載され、それを読んだCalmの共同創業者マイケル・アクトン・スミスからオファーを受けました。初めて書いた「眠りを誘う物語」の録音を聞いたときは、作者である彼女自身も寝落ちしてしまったそうです。
「眠りを誘う物語」の執筆では、読者を興奮させるような出来事がどんどん排除されます。通常の小説で好まれるドラマチックな展開も、眠りには邪魔になるからです。
彼女の書く物語は心地よい退屈さをもたらし、聴く人の多くが5分〜10分で寝落ちしてしまうのだとか。たとえば彼女の作品『ブルー・ゴールド』は全部で25分ですから、もし10分で眠ってしまうなら物語の半分も聞いていられないということです。
でも、その心地よい退屈さこそが人気の理由。効果抜群な物語の結末を知りたい人から、「物語をプリントして送ってもらえませんか」というメールを受け取ることすらあるのだそうです。
gettyimages (22699)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部