2018年10月5日 更新

寝落ちで睡眠の質を上げる!作者も寝落ちする短編小説とは

眠れない夜、睡眠用音楽を聴く人は多いかもしれません。様々な快眠法が試みられる中、寝落ちを誘う物語を書く作家が人気です。本来小説家は読者に寝落ちなどしてほしくないはずなのに、その逆を行く彼女。一体どのような短編小説を書いているのでしょうか。

gettyimages (22695)

2018.10.5

寝落ちOK——退屈な小説が歓迎される?

gettyimages (22698)

眠らなければならないのに、眠れないという経験を持っている人も多いでしょう。もう就寝時間なのに、ちょっと気分が昂ぶっていたり遅い昼寝をしてしまったり、周囲の音が気になってしまったりして、なかなか眠れない・・・。なんとか眠ろうとして睡眠用音楽を流してくれるアプリを起動することも。
なんとか眠ろうとして小説を読み始める人は少ないかもしれません。普通、小説を読んでいる最中に眠くなると、読解力を疑われたり作品の評価が落ちたりするもの。小説は楽しむために読むのであって、眠るために読むものではありません。むしろ眠くなってしまうことを気にして、眠くならない方法をGoogleで検索するくらいです。
でも「いやむしろこの小説は寝落ちするためにあるんだよ」と言われたらどうでしょうか。実際、世界には寝落ちするための小説を書いている作家がいます。しかも大人気なのだとか。

「眠りを誘う物語」のアプリで執筆する作家

gettyimages (22708)

「眠りを誘う物語」を書く人気作家の名前は、フィービー・スミス。専属スリープ・ストーリーテラーという肩書きです。物語は朗読用に書かれ、その朗読はCalm.comの「Calm」というアプリで聞くことが可能。Calmは2017年にAppleでアプリ・ベスト・オブ・ザ・イヤーに選出されました。
フィービー・スミスは、もともと一風変わった場所で睡眠をとってその体験を小説にしてきた作家。あるとき彼女の短編小説が旅行雑誌に掲載され、それを読んだCalmの共同創業者マイケル・アクトン・スミスからオファーを受けました。初めて書いた「眠りを誘う物語」の録音を聞いたときは、作者である彼女自身も寝落ちしてしまったそうです。
「眠りを誘う物語」の執筆では、読者を興奮させるような出来事がどんどん排除されます。通常の小説で好まれるドラマチックな展開も、眠りには邪魔になるからです。
彼女の書く物語は心地よい退屈さをもたらし、聴く人の多くが5分〜10分で寝落ちしてしまうのだとか。たとえば彼女の作品『ブルー・ゴールド』は全部で25分ですから、もし10分で眠ってしまうなら物語の半分も聞いていられないということです。
でも、その心地よい退屈さこそが人気の理由。効果抜群な物語の結末を知りたい人から、「物語をプリントして送ってもらえませんか」というメールを受け取ることすらあるのだそうです。
gettyimages (22699)

27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部