2019年1月23日 更新

仕事をスピードアップできるリズムトレーニング ダイエットにもおすすめ

「仕事をスピードアップさせたい」「忙しいけどダイエットしたい」そんな2つの悩みを抱えるビジネスパーソンは少なくありません。この悩みは、生活リズムを上げることで改善できます。今回はリズムアップのコツや高速トレーニングついて解説していきます。

gettyimages (29046)

2019.1.23

生活リズムをアップすることの必要性

生活リズムは、日常生活全般のスピードはもちろん、細胞の運動量や代謝量にも関わってきます。そのため生活リズムを上げることは、仕事の効率アップやダイエットにも効果的です。しかし、現在の生活リズムを長期間続けている場合、それが当たり前になり、そこから脱出することが難しくなります。だからこそ、行動が速く太りにくい生活習慣にするためには、強制的にリズムアップさせる必要があります。
gettyimages (29048)

生活リズムを上げるためには、日常のリズムアップを意識しながら高速トレーニングを行うことが効果的です。

生活リズムを上げる準備運動とは

まずは、生活リズムを上げる準備運動をしましょう。そのためには、日常生活の動作スピードを上げたり時間を短縮したりすることを意識してください。たとえば、通勤時の歩行速度を少しだけ速くすることを意識します。また、歯磨きに使う時間を30秒短縮するなども効果的でしょう。
gettyimages (29045)

さらに身体的なことだけでなく、悩む時間を短くするなど、精神面でのスピードアップや時間短縮もおすすめします。糖質は、内臓や筋肉だけでなく脳でも消費されます。そのため、身体的なことに加え精神的スピードアップを図ることは、脳の活性化やダイエットにも効果的なのです。

日常生活に高速トレーニングを取り入れる

行動のスピードアップや時間の短縮を意識した後は、リズムアップのためのタスクを加えましょう。おすすめは、日常生活の中に「高速トレーニング」を取り入れることです。高速トレーニングとは、名前の通り速いスピードで行うトレーニングのことを言います。そのため、高重量での筋トレやスロートレーニングなどは当てはまりません。
gettyimages (29049)

ここでは生活リズムアップが目的のため、自分の意思でスピードアップできる方法が効果的です。そのためのトレーニングとして、「高速ウォーキング」や「高速足踏みボクササイズ」があります。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕事効率化したければデスク周り、特に引き出し整理がカギ?

仕事効率化したければデスク周り、特に引き出し整理がカギ?

仕事を効率化するためにデスク周りをどうしたらよいか、密かに悩んでいる方も少なくないでしょう。結論から言えば、引き出しを整理して、使い方を改めること、これが仕事の効率化に最も有効です。ビジネスパーソンは年間150時間をモノ探しに費やす、とする説すらあるのですね。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
残業が多い人のための時間管理の方法|タイムマネジメントのコツ

残業が多い人のための時間管理の方法|タイムマネジメントのコツ

時間管理(タイムマネジメント)の具体的な方法が分かっていない人ほど、残業が常態化しがちです。周りを眺めると、キチンと成果を出しているにも関わらず、残業をほとんどせずにサッと退社してゆく上長や先輩はいませんか。彼らは間違いなく時間管理の方法・コツを心得ています。
忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

常に向上心を持つビジネスパーソンは当然のように、効率的に仕事をこなしていることでしょう。しかし、もし無駄な時間を作ることなく常に全力投球している人であれば、さらに生産性を高めることが可能です。実はちょっとした休息時間を取ることで、脳の機能をフルに活用することができます

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ