2019年1月10日 更新

日経ウーマン大賞minitts中村氏 限定100食が生む働き方改革

日経WOMANのウーマン・オブ・ザ・イヤー2019で大賞に選ばれたminitts創業者の中村朱美さんは、ランチのみ1日100食限定のステーキ丼専門店「佰食屋」でシングルマザーや高齢者でも働きやすい労働環境をつくり、人生100年時代の新しい働き方を実現しました。

gettyimages (28118)

2019.1.7

起業すれば自分で働き方のルールをつくれる

gettyimages (28121)

2018年11月、雑誌「日経WOMAN」が主催する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」で大賞に選ばれたminitts代表取締役の中村朱美さんは、1984年生まれの34歳。京都府出身で京都教育大学を卒業後、専門学校の広報スタッフとして働きました。仕事はやりがいがあり満足していましたが、女性でも残業や出張の多い職場でした。
26歳で結婚し退職。2人の子どもの子育てに追われながら中村さんは、育児と仕事を両立できないかと考えていました。しかし現実には当時、そんな柔軟な働き方ができる勤め先はほとんど見当たりませんでした。
「起業すれば、自分がオーナーの会社だから好きなように働き方のルールをつくれる」
それが、スタートアップの最大の理由でした。選んだ業種は「飲食業」で、それまで全く経験がない分野でした。あえて挑戦したのは、料理好きのご主人に料理人のセンスがあるとみたからでした。結婚前、ご主人がつくったステーキ丼がとてもおいしかったそうです。
2012年9月、中村さんはご主人と「minitts」を創業。京都市右京区の阪急西院駅近くの住宅街に2012年11月29日(いい肉の日)、ステーキ丼専門店「佰食屋(ひゃくしょくや)」をオープンしました。当初は来客数が少なく上等な国産牛肉を廃棄せざるを得ないほどで赤字でしたが、メニューなどで試行錯誤を重ね企業努力を続けているうちに「安くてもいい肉を使っている」と評判になり、業績は上向きました。現在はテレビなどメディアで紹介される、行列ができる人気店です。
「佰食屋」は、ステーキは品質がいい国産牛のもも肉にこだわっているので、ステーキ丼は1日100食限定。minittsは同じ京都市内に第2号店「佰食屋・すき焼き専科」、第3号店「佰食屋・肉寿司」もオープンさせています。第4号店の出店も計画しています。

「ランチのみ」で多様な働き方を実現

gettyimages (28126)

minitts、佰食屋の経営で中村さんはご主人と役割を分担しています。ご主人がメニューを考えてレシピを決め、本人は接客、応対、従業員の教育を受け持ちます。2歳と4歳の子どもの子育てにあてる時間はしっかりと確保し、「育児と仕事を両立させたい」という願いをかなえました。
「佰食屋」は3店舗ともランチ営業のみで夜の営業がなく、1日100食限定で売り切れたら営業終了です。片付けや翌日の仕込みをしても、従業員は全員が遅くとも午後5時45分には店を出て帰途につくことができ、残業は一切ありません。長時間営業で、人手不足で残業が多くなり、休みが取れないためにさらに人手不足を招いているという飲食業の「常識」をくつがえしました。それは、長時間営業などで儲けを追求することだけが会社ではない、という経営コンセプトです。
ランチ営業のみ、1日100食限定なので、従業員の働き方の多様化が図れます。正社員でも労働時間は家庭の事情などに合わせて1時間単位で選べます。短い時間でも働きがいを持って働けるので、シングルマザー、親の介護などの事情を抱えた人でも細く長く働くことができます。それが「人生100年時代の新たな働き方」として注目されました。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部