2019年7月9日 更新

米中貿易摩擦は最終的には沈静化する

20カ国・地域首脳会議(G20)における米中首脳会談では、米国は中国に対する制裁関税・第4段を先送りし、米中は貿易交渉を継続することが決定されました。

米国の対中国制裁関税が見送り…は織り込み済み

20カ国・地域首脳会議(G20)における米中首脳会談では、米国は中国に対する制裁関税・第4段を先送りし、米中は貿易交渉を継続することが決定されました。

これは、概ね予想通りの結果となりました。というのも、米国にとって制裁関税・第4段の実施が難しいのは、すでに米通商代表部(USTR)が6月17日~25日に開いた公聴会で明らかになっていたからです。

制裁関税・第4弾の計画では、約3,000億ドル分の中国製品(約3800品目)に最大25%の関税を課すとされています。これまでの制裁関税との大きな違いは、中国への輸入依存度が高く代替調達も難しい消費財が全体の4割を占めているということです。

多数の米国企業が制裁関税に反対「商品値上げ避けられぬ」

公聴会では多くの業界・企業が、制裁関税に反対ないし懸念を示しました。IT機器・電化製品・衣類・玩具など対象となる製品を扱う業界団体は、値上げが避けられないとして強く反対を表明しました。とりわけ影響が大きいのは、中国からの輸入依存度が高いIT機器です。実にスマートフォンの8割、ノートパソコンの9割が中国から輸入されているのです。

アップル、アマゾン、インテルなどが加盟する情報技術産業協議会は、「制裁関税でコストが上昇すれば、米国企業の設備投資や研究開発を妨げる」「米国企業のイノベーションを阻害する」と指摘したうえで、IT機器を制裁関税の対象品目から外すように強く要求しました。

IT機器ほどでありませんが、衣類や玩具なども中国からの輸入が5割以上を占めています。小売り最大手のウォルマートでは企業努力が限界に達しつつあるとして、これまで回避してきた値上げが避けられないと公表しました。低価格が売りのディスカウントストア業界では、避けられない値上げが販売減少や業績悪化につながるという懸念が強いとされています。

大統領選の再選を目指すトランプ政権の思惑

さらにトランプ政権にとって想定外だったのは、全米で中小企業の反対が激しくなったということです。生産性が高い米国であっても、中小企業の経営体力はそれほど強くはありません。民間雇用の5割程度を中小企業(従業員500人未満)が占めているなかで、第4弾の制裁が1年以上続けば倒産・廃業せざるをえないと答える中小企業が2割程度いるといわれています。

そのなかでも、中国から製品を輸入することで成り立っている企業の7割程度が小規模企業(従業員20人未満)といわれていますが、これらの企業の多くはトランプ大統領の支持基盤と重なっています。米中首脳会談で制裁関税・第4段の発動を決定したら、来年の大統領選は厳しくなると見られていたというわけです。

米中貿易交渉の決着時期はいつごろ?

そのうえ、著名なエコノミストのなかには、制裁関税・第4弾を実施すれば景気後退に陥る可能性が高いという意見が多かったので、企業の強い反対意見だけでなく、こういったエコノミストの意見もトランプ大統領の先送りの判断に一定の影響を与えたことは間違いないでしょう。

来年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は直前の2020年7-9月期のGDPは何としても3.0%以上の結果を目指したいところです。ですから、米中貿易交渉が決着ないし無期限の棚上げになるのは、来年の前半のどこか(大統領にとっては6月がベストな時期)になるのではないでしょうか。

(お知らせ)私のブログ『経済を読む』においては、経済の流れを分析していることがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

買いタイミングを見極めたい人へ「株式投資スクール」はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

7月10日にパウエルFRB議長が議会証言を行いました。その内容が「7月利下げ」を強く示唆したことで、FRBが次回の7月末FOMCで利下げを行うと織り込んでいます。これを踏まえ代行業平均は2万7,000ドルの大台を超えました。決して危うく見えない市況において世界の投資家はどのようなことに気をつけているのでしょうか。
実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がないゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンのような「アウトソーシング系外食業態」のような、自分の腕やアイデアを試したい人が低コスト、低リスクで独立・起業できます。アメリカ・ニューヨーク発のトレンドですが、日本にも上陸しました。
経済 |
チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

FXや株式投資をしていると、相場が意に反した動きをして驚くことばかりですよね。相場の動きが読めるようになるためチャートを読むテクニカル分析を学んだり、経済指標を読むファンダメンタル分析を学んだりしている人も多いはずです。
経済 |
孤独が人を滅ぼす?

孤独が人を滅ぼす?

経済コラムニストの大江英樹氏は、著書「定年楽園」で、定年後の最大の不安は、孤独になること、と書かれています。 その本を初めて読んだ時、僕は老後を乗り切るのはやっぱりお金でしょ、なんて考えていたので、孤独?と多少疑問に思いました。
経済 |
世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

最近の経済指標を見ていると世界的な景気の減速傾向が確認できます。そのため、各国の中央銀行より金融緩和を進める発言や、実際にいくつかの国においては緩和策(利下げなど)が採用されています。ところで、金融緩和策の打つ手が限られている日本円の今後の見通しはいかに。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部