2019年1月8日 更新

資産230億円!伝説の投資家cisの投資哲学

皆さんはcis(しす)という名の個人投資家をご存知でしょうか?21歳のときに300万円の資金を元に投資を始めると、デイトレードを主戦場に稼ぎまくり、なんと2018年現在の資産230億円に到達!デイトレードには手を出していない私は知りませんでしたが、その世界では「伝説」の冠が付くほどの方。メディア露出は過去に「笑っていいとも!」の1回だけ、著書の出版もしたことが無かったにもかかわらずツイッターのフォロワーは28万人を超えています。

買ったのは間違いだったと自分の敗北を認めるのはツラい作業ですが、「損切り」の見極めを素早く行うことで彼は230億円という途方もない資産を築くことができたといいます。さらに彼が凄いのは、買った株が下がり損切りした後、あざ笑うかのように上がり出した場合、その株を「上昇株」とみなして買うという判断を平気で行えるところ。
自分が売った値段よりも高い値段で再び株を買おうというのは、「損切り」も間違いだったと2重で認める事。心理的にはかなり抵抗がありますが、相場の潮目に沿って売買するという原則に従うことを優先しているのです。

投資の会社を作らない理由!

gettyimages (28270)

資産230億円もあるなら投資の会社を作ればいいと言われることもあるcisさん。実は過去に一度だけ、大学の友人5人を雇って会社を立ち上げたことがあるのだそうです。「自身が株の売買を教えれば、半分ぐらいは億を稼げるのでは?」と考えての会社設立。
そして自身の理論を詰め込んだプリントを作っては講義して、いざスタートを切ったところ…なんと、同じように教えたはずの5人は全く異なる売買をしたのです。2年間やってみた結果、5人のうち1人は1千万円以上のプラス収支だったものの他の人はほぼ全滅。彼らに月々35万円の給料を払っていた分、約4200万円そっくりマイナスという散々な結末を迎えたのでした。
お金が絡むと人は合理的な判断をすることが難しくなり、本能が勝ってしまう。一筋縄ではいかない難しさに気づいたそうです。
私自身、当面はデイトレードに挑戦することはないと思いますが、合理的でクレイジーな面を持つcisさんの話は非常に魅力的でした。「230億円持っている人はどんな人生を歩んでいるのか?」そんな興味本位で読んでも満足できる一冊だと思います。

横山ケン太

趣味はアウトドア、興味は財テク。フリーの作家として活動中。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

お金持ちはビジネスや投資の天才というだけではなく、相手の心をつかんで離さない人心掌握術を心得た人物です。 この記事では、お金持ちが大切にしているプレゼントの習慣を、黒坂岳央 著 「年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣」よりご紹介します。
令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

7月10日にパウエルFRB議長が議会証言を行いました。その内容が「7月利下げ」を強く示唆したことで、FRBが次回の7月末FOMCで利下げを行うと織り込んでいます。これを踏まえ代行業平均は2万7,000ドルの大台を超えました。決して危うく見えない市況において世界の投資家はどのようなことに気をつけているのでしょうか。
チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

FXや株式投資をしていると、相場が意に反した動きをして驚くことばかりですよね。相場の動きが読めるようになるためチャートを読むテクニカル分析を学んだり、経済指標を読むファンダメンタル分析を学んだりしている人も多いはずです。
経済 |
突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

入社したばかりの若者が早々に退職してしまい、困り果てているという話を耳にする時期です。少し注意しただけなのにパワハラだと言われたり、頑張っているように見えたのに突然会社に来なくなったり。 平賀充記著『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 より、現代の若者に対して無駄に気を使うことなく、円滑にマネジメントするための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部