2019年1月8日 更新

資産230億円!伝説の投資家cisの投資哲学

皆さんはcis(しす)という名の個人投資家をご存知でしょうか?21歳のときに300万円の資金を元に投資を始めると、デイトレードを主戦場に稼ぎまくり、なんと2018年現在の資産230億円に到達!デイトレードには手を出していない私は知りませんでしたが、その世界では「伝説」の冠が付くほどの方。メディア露出は過去に「笑っていいとも!」の1回だけ、著書の出版もしたことが無かったにもかかわらずツイッターのフォロワーは28万人を超えています。

買ったのは間違いだったと自分の敗北を認めるのはツラい作業ですが、「損切り」の見極めを素早く行うことで彼は230億円という途方もない資産を築くことができたといいます。さらに彼が凄いのは、買った株が下がり損切りした後、あざ笑うかのように上がり出した場合、その株を「上昇株」とみなして買うという判断を平気で行えるところ。
自分が売った値段よりも高い値段で再び株を買おうというのは、「損切り」も間違いだったと2重で認める事。心理的にはかなり抵抗がありますが、相場の潮目に沿って売買するという原則に従うことを優先しているのです。

投資の会社を作らない理由!

gettyimages (28270)

資産230億円もあるなら投資の会社を作ればいいと言われることもあるcisさん。実は過去に一度だけ、大学の友人5人を雇って会社を立ち上げたことがあるのだそうです。「自身が株の売買を教えれば、半分ぐらいは億を稼げるのでは?」と考えての会社設立。
そして自身の理論を詰め込んだプリントを作っては講義して、いざスタートを切ったところ…なんと、同じように教えたはずの5人は全く異なる売買をしたのです。2年間やってみた結果、5人のうち1人は1千万円以上のプラス収支だったものの他の人はほぼ全滅。彼らに月々35万円の給料を払っていた分、約4200万円そっくりマイナスという散々な結末を迎えたのでした。
お金が絡むと人は合理的な判断をすることが難しくなり、本能が勝ってしまう。一筋縄ではいかない難しさに気づいたそうです。
私自身、当面はデイトレードに挑戦することはないと思いますが、合理的でクレイジーな面を持つcisさんの話は非常に魅力的でした。「230億円持っている人はどんな人生を歩んでいるのか?」そんな興味本位で読んでも満足できる一冊だと思います。

横山ケン太

趣味はアウトドア、興味は財テク。フリーの作家として活動中。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。
「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

ネットでどんな情報にも簡単にアクセスできる時代になって久しくなりましたが、最近はその“副作用”に困っている人も多いのではないでしょうか? 例えば、拡散される「デマ情報」や、情報が正しくないのに検索上位に出てきてしまう「まとめサイト」など。無駄な情報を省いて手に入れたうえで、それが正しいのか自分でチェックする能力が必要になってきていると感じます。
素直さに年齢や立場は関係ない

素直さに年齢や立場は関係ない

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
人生を最適化する 勝間式超コントロール思考とは

人生を最適化する 勝間式超コントロール思考とは

やるべきことがたくさんあって、なかなか終わらない。そんな忙しいビジネスパーソンにぴったりな、自分で人生をコントロールするコツがわかる一冊をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部