2019年1月8日 更新

資産230億円!伝説の投資家cisの投資哲学

皆さんはcis(しす)という名の個人投資家をご存知でしょうか?21歳のときに300万円の資金を元に投資を始めると、デイトレードを主戦場に稼ぎまくり、なんと2018年現在の資産230億円に到達!デイトレードには手を出していない私は知りませんでしたが、その世界では「伝説」の冠が付くほどの方。メディア露出は過去に「笑っていいとも!」の1回だけ、著書の出版もしたことが無かったにもかかわらずツイッターのフォロワーは28万人を超えています。

買ったのは間違いだったと自分の敗北を認めるのはツラい作業ですが、「損切り」の見極めを素早く行うことで彼は230億円という途方もない資産を築くことができたといいます。さらに彼が凄いのは、買った株が下がり損切りした後、あざ笑うかのように上がり出した場合、その株を「上昇株」とみなして買うという判断を平気で行えるところ。
自分が売った値段よりも高い値段で再び株を買おうというのは、「損切り」も間違いだったと2重で認める事。心理的にはかなり抵抗がありますが、相場の潮目に沿って売買するという原則に従うことを優先しているのです。

投資の会社を作らない理由!

gettyimages (28270)

資産230億円もあるなら投資の会社を作ればいいと言われることもあるcisさん。実は過去に一度だけ、大学の友人5人を雇って会社を立ち上げたことがあるのだそうです。「自身が株の売買を教えれば、半分ぐらいは億を稼げるのでは?」と考えての会社設立。
そして自身の理論を詰め込んだプリントを作っては講義して、いざスタートを切ったところ…なんと、同じように教えたはずの5人は全く異なる売買をしたのです。2年間やってみた結果、5人のうち1人は1千万円以上のプラス収支だったものの他の人はほぼ全滅。彼らに月々35万円の給料を払っていた分、約4200万円そっくりマイナスという散々な結末を迎えたのでした。
お金が絡むと人は合理的な判断をすることが難しくなり、本能が勝ってしまう。一筋縄ではいかない難しさに気づいたそうです。
私自身、当面はデイトレードに挑戦することはないと思いますが、合理的でクレイジーな面を持つcisさんの話は非常に魅力的でした。「230億円持っている人はどんな人生を歩んでいるのか?」そんな興味本位で読んでも満足できる一冊だと思います。

横山ケン太

趣味はアウトドア、興味は財テク。フリーの作家として活動中。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部