2019年5月9日 更新

ブレインストーミング(ブレスト)失敗しないルールと楽しみ方

近年、ブレインストーミングの時間が設けられている会議は珍しくありません。その会議の中で、目が覚めるほど斬新なアイデアが生まれたことはありますか?ブレインストーミングを進行する人と参加する人、それぞれの立場ごとに、うまくいくコツをお伝えします。

gettyimages (37369)

2019.5.9

ブレインストーミングとは

gettyimages (37367)

ブレインストーミング(以下ブレスト)は、1938年アメリカの広告代理店で副社長をしていたA・F・オズボーン氏が考案したディスカッションの方法です。
ひと昔前までは、Google、IDEO、マッキンゼー・アンド・カンパニーなどの世界的企業が導入する「画期的な会議方式」でしたが、現在は企業の規模、業界問わず、たいていの会社が当たり前に取り入れています。会議中に白紙のメモが配られ、思いついたアイデアを自由に書くよう言われたことはないでしょうか?
ブレストの基本ルールは、複数人が同じテーマについて自由意見を出し合い、最後にまとめ直すというもの。普通のミーティングと違うのは、大量意見、批判厳禁(判断遅延とも)、自由奔放、便乗発展という4つの絶対条件があることです。

ブレストの進行役が楽になるコツ

gettyimages (37370)

ブレストがうまくいくかどうかは、進行役にかかっています。発言が少なければ無理強いせず、各自が意見を紙に書き、頭の中で整理したうえで順番に発言してもらいましょう。
また、書記係が勝手に意見を要約しないことも大切です。文章が長くなりそうなら、発言者と参加者全員に「どう要約しますか?」と必ず確認してください。
よくある失敗例は、進行係がゲーム性を強調するあまり、参加者は「いい大人が、レクリエーションを強いられている気分」になることです。やたら開放的なムードを演出しても、「茶番劇だ」と感じるでしょう。ごく普通のテンションで進行してください。
「自由」という概念にこだわらないのが、進行役が楽になるためのコツです。ブレストなんて無意味だ! と語る人の多くは、参加者の創造性に丸投げし過ぎなのです。
ブレストに慣れた参加者ばかりなら別ですが、普通は多少の制約があってこそ、自分なりの意見を出せるものです。
例えば、面白法人カヤックのブレストには、テーマに「夜の」という小さな制約を設けるテクニックがあるそうです。「夜の〇〇エリア店舗拡大」「夜の売上げ20%向上」「夜のクラウドシステム導入」……、これなら斬新なアイデアが出てきそうですね。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白戸 春 白戸 春