2019年3月18日 更新

発想力は才能ではない!ビジネスアイデアを出すための3つの方法

新しいアイデアが出てこなくて、途方に暮れてしまうことはありませんか?必要なのは自由な発想力です。言うのは簡単ですが、具体的にはどうすればいいのでしょう?企画が苦手な人でも、発想することが楽しくなるフレームワーク(考え方)を紹介します。

2018.12.1

2018.12.1

パーソナル・アナロジー法

Letters Paper Write · Free photo on Pixabay (25713)

パーソナル・アナロジーは、アメリカのウィリアム・J・ゴードンが提唱した「シネクティクス」という発想方法のひとつです。簡単にいえば、自分が対象になりきるというものですが、「対象は生きている人間に限らない」というのがポイント。
企画会議で、ターゲット層(高齢者や女性など)になりきって考えるのは基本中の基本です。しかし、「使う人」でなく「使われる商品」になりきることだって可能なのです。
例えば、もし商品になった自分が「同じ場所ばかりぶつけて痛いなあ」と感じるのなら、そこが摩耗しやすいパーツだとわかりますね。
変速ギアも、パーソナル・アナロジーで「動力の負担」という課題が見つかったおかげで誕生したといわれています。
では、よく手帳のペンをなくす私がパーソナル・アナロジーでアイデアを出してみましょう。
  • ペンが落ちないよう、太さに応じて伸縮自在なペンホルダーを買う
  • ペンを収納できる手帳カバーに買い替える
  • クリップ部分が丈夫なペンを探す
次に、よく迷子になるペンになりきって考えてみます。
  • ペンホルダーは狭くてきゅうくつ
  • 転がらない体になりたい
  • 自分で自立して立ちたい
  • ストラップかマグネットをつけてほしい
  • GPS機能がほしい
  • 迷子になったら音で知らせたい
実現のむずかしいアイデアも出てしまいましたが、少なくとも発想が自由になるのはおわかりいただけると思います。

情報のソースを疑ってみる

Google Search Engine Browser · Free image on Pixabay (25714)

アイデアには情報が必要です。インターネットのおかげで、たいていの事柄は調べられます。ただ、情報自体に疑問や違和感を抱いたことはありませんか?原因の多くは、時代の流れと技術の進化です。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
情報収集のコツを知って説得力を上げる!たった一つのエビデンスで一発OK

情報収集のコツを知って説得力を上げる!たった一つのエビデンスで一発OK

上司や取引先に、提案がうまく伝わらないといったことはビジネスにおいて日常茶飯事です。もし、伝え方に何かコツがあるのだとしたら、知っておきたいものです。 光成章著『一発OK!をもらえる人のエビデンス仕事術』 より、エビデンスの適切な提示方法についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白戸 春 白戸 春