2019年3月20日 更新

チームの問題解決力を高めるゲーム研修コンセンサスゲームとは

大手企業で導入しているビジネスゲーム研修を知っていますか。その1fつであるコンセンサスゲームは、月や無人島での極限状態を想定し、チーム全員のコンセンサス(意見の一致)を得て、困難を乗越えるゲームです。この研修で強化できるビジネススキルは様々です。

gettyimages (34047)

2019.3.20

「ビジネスゲーム」を一流企業も取り入れる

gettyimages (34050)

社員研修(集合研修)というと、学校のように講師が「授業」を行って、それを聞いて後でレポートを提出するというのがオーソドックスなスタイルです。それを「座学型研修」と言いますが、居眠りしたり、ろくに聞いていなかった社員に、他の参加者のレポートを見てバレないようにアレンジを加えたレポートを提出されたら、効果のほどは「?」です。
座学型ではなく、社員研修で参加者に「ゲーム」をさせる企業があります。ゲームと言ってもスマホや任天堂やソニーの家庭用ゲーム機でするのではありません。有名どころで言えば「モノポリー」や「人生ゲーム」のようなシミュレーション・タイプの、4~6人の小グループで行うカードゲームです。それを「ビジネスゲーム」と言います。
主体的に参加する「体験型・参加型研修」のビジネスゲーム研修は、アメリカで行われていたのが日本にももたらされました。その研修支援を行うハートクエイクによると、導入企業にはソニー生命、三菱商事、日本たばこ産業、日立製作所、P&G 、資生堂、LIXIL、ウシオ電機、グーグル、野村総合研究所、アクセンチュア、日本GE、監査法人トーマツなど一流企業が並んでいます。社員研修のビジネスゲームは決して、若者ウケを狙ったおもしろ企画や研修の「息抜きタイム」ではありません。その狙いはまじめです。
ビジネスゲームにはいろいろな種類があります。営業マンが商談をまとめる、新規プロジェクトを成功に導く、クレームに対応して顧客満足度を上げるなどの「ビジネス疑似体験もの」もあれば、失敗から何を学び、どうやってリカバリーできるか問われるものや、まるでパニック映画のようなサバイバル・シナリオが用意されているものもあります。
共通しているのは、ゲームなら心理的なハードルが下がり、参加者がリラックスしてよくしゃべるので人間性があらわれやすくなること、チームで競わせれば競争心が生まれ、達成感を共有できること、講演料などが不要でコストパフォーマンスが良いことなどです。

コンセンサスゲームの定番「NASAゲーム」

幸せな男は、2匹の犬と一緒に砂浜に沿って、大きな川の土...

幸せな男は、2匹の犬と一緒に砂浜に沿って、大きな川の土手に沿って歩いています。

gettyimages (34057)

ビジネスゲームに「コンセンサスゲーム」というカテゴリーがあります。ある課題(ミッション)を与えられ、チーム全員で問題の解決策を話し合い、合意して意思決定を下します。状況設定やミッションはビジネスに無関係なものが多いようです。
最も有名なのが「NASAゲーム」です。アメリカの社会心理学者ジェイ・ホール博士が1970年代にアポロ計画をもとに考案し、NASAが監修で協力しています。
ミッションは、故障して月面に不時着した月着陸船を、300キロ離れた月の周回軌道上の司令船(母船)にドッキングさせ、地球に無事生還することです。月面上で宇宙飛行士は15種類のアイテムを持っていますが、使う優先順位をどうつけるかが問われます。その理由も考えなければなりません。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
「キャリアアップ」で使うべき意外な機関や制度、活用方法とは?

「キャリアアップ」で使うべき意外な機関や制度、活用方法とは?

社会人が自分の「市場価値」を高めようと取り組むキャリアアップ、自分磨きには、雇用保険の教育訓練給付制度や公共図書館のキャリア相談、労働組合のキャリアデザインセンターなど、ちょっと意外な味方もいます。使えるのなら、利用しない手はありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部