2018年9月18日 更新

Twitterの偽アカウント一斉削除から考える情報汚染の問題

偽アカウントの一斉削除がTwitterやFacebookで行われました。その数は、合計7億件にものぼると言われます。偽アカウントとは何か、情報汚染とはなにか、偽アカウントによって生じる情報汚染にはどのようなものがあるのかを掘り下げます。

現代はインターネットで簡単に情報を得られるようになったと言われます。しかし、実際には汚染された情報が氾濫し、現実の認識や判断が歪められてしまう時代になったという方が良いかもしれません。
情報汚染による悲劇を避けるには、情報を受信する側が汚染度を判断する目を養わなければなりません。また、情報を発信する側も、自分が情報を汚染していないかどうか慎重であるべきです。それには、高田氏の提示する以下の観点が役立つでしょう。
1. 自分が欲していない状況でもたらされた情報か否か
2. 利害関係にある当事者や関係者が発信している情報か否か
3. 権威性の低いところからの情報か否か
4. 最近登場した発信者からの情報か否か
5. 閉鎖的な集団からの情報か否か
上記に該当すれば、それは情報汚染されている可能性が高くなります。発信者は、自分が情報の受け手だと想定してみると良いでしょう。

Anshi

より充実した素敵な生き方に̶̶一過性のブームに流されない「選ぶ生き方」を 掲げ、世の中に氾濫する雑多な情報から本当に役立つものをご紹介しています。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。
富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層による資産運用の世界的トレンドは、現在どのようになっているのでしょうか。日本では超低金利が続き、資産運用のポートフォリオにも頭を悩ませる方が少なくないはずです。今、世界の富裕層が何に注目して資産運用を行い、高いパフォーマンスを叩き出しているのか、参考になることもありそうです。
AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIなんて遠い世界のことだと思っていませんか。AIを活用した機能やサービスは世界中で広まっており、私たちの普段の生活の意外なところでAI技術が使われています。森ビル株式会社が行う実証実験も日本のAI時代を切り拓く一つの鍵となりそうです。
「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

筑波大学准教授、経営者、メディアアーティストと多方面に才を持つ落合陽一氏。 “触れて変形させられるプラズマ光”や「ピクシーダスト」という“音で物を浮かべる技術”は、STAGEでも紹介しました。そんな彼が「学び」について執筆。自身が受けた教育にも触れ話題になっています。
メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

粕谷昌弘氏は、2018年「30 Under 30」で世界の注目すべきアジアの30人に選ばれました。「AIやロボットの先を行くサイボーグを研究開発しています」と語る粕谷氏は、サイボーグスタートアップとして設立された株式会社メルティンMMIのCEO。MMIはマン・マシン・インターフェースの略です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS