2019年1月9日 更新

富裕層のファッション術 富裕層は第一印象のコントロールが得意

人は見た目が9割というタイトルの本が流行したように、見た目から受ける第一印象で、人の性格や属性などの人となりを判断されることはよくあります。 この記事では、富裕層を目指す人が知っておきい、外見のイメージアップやファッションコーディネートについてお伝えいたします。

gettyimages (28364)

2019.1.9

メラビアンの法則〜人の印象は見た目で決まる〜

gettyimages (28365)

1971年にアメリカの学者のメラビアン博士は、人間の認知の構造について法則を発表しました。人間が第一印象を判断するにあたって、言語情報は7パーセント、声や音楽などの情報は38パーセントしか影響を与えないことに対して、目で見る情報は、55パーセントも影響を与えると言われています。

なりたいイメージに合わせたファッション戦略

gettyimages (28367)

1.豊かな交友関係を築くために

富裕層の多くは、物質的のみならず、交友関係も豊かです。戦国時代の武将、武田信玄は、
「人は堀、人は石垣、人は城」という名言を残しましたが、自分の味方となってくれる人、客観的かつためになるアドバイスをしてくれる知人の存在は、非常に心強い武器となるのです。多くの人に好感を持ってもらうためには、まず第一印象をアップする必要があります。

2.他人に見られたい自分のイメージはどんなもの?

スマートで颯爽とした印象を与えたい人は、全体的に細身で体のラインがきれいにみえるシンプルなアイテム使いがおすすめです。自信に溢れた印象で、人々をリードしたい人は、アメリカ大統領がよく使う戦略のように、赤いネクタイを締めるという手もあります。
きつく見られがちな人は、トップスにパステルカラーなどの柔らかく明るい色を持ってくるほうがよいでしょう。

3.同じ日本人でも似合う色は人それぞれ

パーソナルカラー診断といって、肌や髪、瞳の色味から、似合う色を見つけてくれるサービスもあります。日本人だからと行って、同じ黄味色肌にブラウンの目とはかぎりません。明度・彩度には個人差があり、おおまかな分類としては春夏秋冬の4タイプ、さらに細かい診断では8タイプ、16タイプに分けられることもあります。

シンプルで上質なアイテムを10セット

gettyimages (28379)

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部