富裕層のファッション術 富裕層は第一印象のコントロールが得意

未分類
人は見た目が9割というタイトルの本が流行したように、見た目から受ける第一印象で、人の性格や属性などの人となりを判断されることはよくあります。 この記事では、富裕層を目指す人が知っておきい、外見のイメージアップやファッションコーディネートについてお伝えいたします。
2019.1.9

メラビアンの法則〜人の印象は見た目で決まる〜

1971年にアメリカの学者のメラビアン博士は、人間の認知の構造について法則を発表しました。人間が第一印象を判断するにあたって、言語情報は7パーセント、声や音楽などの情報は38パーセントしか影響を与えないことに対して、目で見る情報は、55パーセントも影響を与えると言われています。

なりたいイメージに合わせたファッション戦略

1.豊かな交友関係を築くために

富裕層の多くは、物質的のみならず、交友関係も豊かです。戦国時代の武将、武田信玄は、
「人は堀、人は石垣、人は城」という名言を残しましたが、自分の味方となってくれる人、客観的かつためになるアドバイスをしてくれる知人の存在は、非常に心強い武器となるのです。多くの人に好感を持ってもらうためには、まず第一印象をアップする必要があります。

2.他人に見られたい自分のイメージはどんなもの?

スマートで颯爽とした印象を与えたい人は、全体的に細身で体のラインがきれいにみえるシンプルなアイテム使いがおすすめです。自信に溢れた印象で、人々をリードしたい人は、アメリカ大統領がよく使う戦略のように、赤いネクタイを締めるという手もあります。
きつく見られがちな人は、トップスにパステルカラーなどの柔らかく明るい色を持ってくるほうがよいでしょう。

3.同じ日本人でも似合う色は人それぞれ

パーソナルカラー診断といって、肌や髪、瞳の色味から、似合う色を見つけてくれるサービスもあります。日本人だからと行って、同じ黄味色肌にブラウンの目とはかぎりません。明度・彩度には個人差があり、おおまかな分類としては春夏秋冬の4タイプ、さらに細かい診断では8タイプ、16タイプに分けられることもあります。

シンプルで上質なアイテムを10セット

似合うアイテムを知ったら、シンプルで上質なアイテムを10セット揃えてみましょう。
例えば、ウィークデーのうち内勤の日のビジネスカジュアル、外回りで商談を決めたいときのバリッとしたスーツスタイル、休日にお洒落なレストランに友人や恋人と食事に出かけるときの綺麗目スタイル、公園やスポーツ観戦など思い切りアクティブに楽しむ日のデニムスタイルなど、自分の鉄板スタイルをそれぞれ決めておけば、朝出かけるときにコーディネートに思い悩まされることはありません。
アップル社の創業者社長であるスティーブ・ジョブス氏は朝コーディネートに迷わないように、黒のタートルとインディゴデニムのセットのみを着まわしていたという話が有名です。ファッションを考える時間を節約できるというメリットの他に、アップル製品の個性であるシンプルかつ機能美(iPhoneやiPadは説明書がほとんどついていませんね)に紐付けて、ジョブス氏のイメージを強くアピールする効果もあったと思われます。

富裕層のクローゼット整理術

富裕層のクローゼットは、シンプルかつ合理的です。たくさんアイテムをもつと、何を持っていて何が足りないのか把握できなくなり、買い物で迷ったり、同じようなものを買ってしまったりして、あとから後悔することがありますよね。
富裕層になる人は、セルフコントロールが上手な人が多いですので、ごちゃごちゃのクローゼットを嫌います。一つアイテムを買い足す場合は、一つ捨てるというルールを徹底するなど、クローゼットを管理しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。富裕層は、自分の個性や魅力を引き立てるコーディネートが揃えられているシンプルなクローゼットを持っている人が多いです。2019年はぜひ第一印象の魅力アップを目指してみましょう。

Irenehill

富裕層を目指して資産運用やマインドセットに励むアラフォー2児の母ライターです。

STAGE(ステージ)