2018年1月4日 更新

あなたの常識が非常識に?モチベーションに頼らない目標達成

初めてチームリーダーになって悩む問題の一つがチームのモチベーション維持。変化しやすいモチベーションに頼ってばかりいると非生産的な時間が増えていきます。

・簡単だから努力は必要ない
・すぐできるから否定的感情も起こりにくい
・簡単だから「困難の自覚」もない
・すぐできるから疲れを感じることもない
(・血糖値は多少下がるかもしれないが糖分を補えば済む)
習慣化は、無感情にタスクをこなすことを可能にします。無感情にこなせるということは、モチベーションが必要ないということ。つまり、小さなことを習慣化することでモチベーションに頼らないタスク処理が可能となり、意志の力の節約につながるのです。こうしたモチベーションに頼らず習慣化によって生産性を上げることの重要性は、先述したシルヴィアの著書や、本田直之の著書『レバレッジ時間術』『レバレッジ・マネジメント』でも指摘されています。
ちなみに、習慣化に要する日数は「21日」や「30日」と言われることがありますが、実際のところは非常に個人差が大きいことがわかっています。一方で習慣形成の専門家たちは「1度に1つずつ」習慣化することを推奨。けれど、習慣の定着に要する日数が人によって違う上に、1度に1つずつしか身につけられないとしたら、チームが抱えるプロジェクトは途端に遅れ始めてしまうでしょう。これに対して「小さな習慣」であれば、目標がとても小さくて達成するのが非常に簡単だから、1度に複数の習慣づけを行うことが可能です。しかも、1つの目標達成には大抵大きな「おまけ」がついてくる。そういった意味でも、「小さな習慣」は現場向きだといえるでしょう。

「仕組み」化と「小さな習慣」

thinkstock (8650)

「小さな習慣」は、チーム内で計画的に取り入れていけば「仕組み」として機能します。特に毎日のルーティンワークで力を発揮するでしょう。ルーティンワークは、単体での所要時間は短いもの。でも、小さなタスクだからと軽く考えていると、あっという間に他の作業を圧迫してしまうし、後回しにすれば業務全体に支障を来すことにもなりかねません。ルーティンワークのような手順や形式を決めやすいものは、チェックリストや基本フォーマットを準備して「小さな習慣」化していきましょう。
泉正人の『最新「仕組み」仕事術』では、業務効率化のために作成された具体的なチェックリストや提案書のフォーマットが紹介されています。これを「小さな習慣」として取り込む最初の一歩は、「チェックリストを見る」や「フォーマットの項目を1つ埋める」。チェックリストの利点として、泉正人は「努力や気合いも必要なく、ただ淡々とチェックリストの項目に従って、手足を動かすだけで業務が完了してしまう」ことを挙げていますが、その仕組みづくりや仕組みの定着とともに働くのが「小さな習慣」なのです。
「仕組み」化と「小さな習慣」によって業務を細かく分割して習慣化してしまえば、毎日着実に生産性の高い時間と成果を積み重ね、チームの目標を達成することができます。「なんでやらないんだ、やる気を出せ」とメンバーを叱る必要はなくなり、メンバーも「出ないものを出せと言われても困る」と反発しなくて済むようになる。上がらないモチベーションを上げるべく腐心するなんて回りくどいことは、もうやめてしまいましょう。
【参考】
スティーヴン・ガイズ. 田口未和訳. 『小さな習慣』. ダイヤモンド社. 2017
Mini Habits (R). http://minihabits.com/ 2017年12月1日閲覧.
ポール・J・シルヴィア. 髙橋さきの訳. 『できる研究者の論文生産術』. 講談社. 2015
本田直之. 『レバレッジ時間術』. 幻冬舎. 2007
本田直之. 『レバレッジ・マネジメント』. 東洋経済新報社. 2009
泉正人. 『最新「仕組み」仕事術』. ディスカヴァー・トゥエンティワン. 2017
thinkstock (8652)

Anshi

より充実した素敵な生き方に̶̶一過性のブームに流されない「選ぶ生き方」を掲げ、世 の中に氾濫する雑多な情報から本当に役立つものをご紹介しています。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座