2018年7月26日 更新

オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアの東海岸のシドニー、ブリスベン、ゴールドコーストには一般的な英語の学習に、日本の小学校の英語指導者の資格の取れるコースを組み合わせたユニークな学校があります。

2017.12.21
これはJ-SHINEという日本にある非営利団体「小学校英語指導者認定協議会」がオーストラリアの語学学校と共同で設立したもので、2020年に日本で始まる英語教育改革に向けて注目を集めています。

J-SHINEとは?

J-SHINEは「Japan Shogakko Instructors of English」の頭文字をとったもので、「小学校英語指導者認定協議会」のことを意味します。2020年に日本で始まる英語教育改革に向けて、2003年に発足した非営利団体(NPO)です。
J-SHINEの目的は、小学校の英語の指導者を育成することで、日本にも各地に講座が設置されています。オーストラリアには、このJ-SHINEコースと英語コースを併用したコースがあり、英語の勉強をすると同時に小学校の英語指導者の資格が取れるユニークなコースです。通常は6週間で最初の4週間は座学、そして残りの2週間がオーストラリアの小学校での実習になります。
各学校はJ-SHINEの基本的なカリキュラムに沿って小学校英語指導員の学習コースを企画し、学校独自の英語学習法を組み合わせて、英語の勉強をしながら英語指導者の資格が取れるようプログラムが組まれています。
J-SHINEのコースを持つ学校では、英語や教授法を教えるだけでなく、帰国後の進路、例えば小学校における教職や塾の開き方などの相談にも乗ってくれます。
J-SHINEの授業料は学校によって少し異なりますが、平均として約AU$2,500です。
では、J-SHINEコースを持つ7つの学校の内から、シドニーにあるインターナショナルハウスシドニーとゴールドコーストにあるグリーン&ゴールドカレッジの2つの学校をご紹介します。

インターナショナルハウスシドニー

インターナショナルハウスシドニー校は、シドニーの観光スポットであるオペラハウスやハーバーブリッジまで歩いて行けるシドニーの中心地にある学校です。生徒数350人を収容できるスクールで、英語コースの一クラスの平均生徒数は12人です。
インターナショナルハウスシドニー校には、大きく分けると英語教師育成部門と英語学習部門の2部門が同じキャンパスで展開しているユニークな学校です。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就活の話題作りだったはずが、僕はフィリピンで涙を流した。

就活の話題作りだったはずが、僕はフィリピンで涙を流した。

フリーランス国際協力師としてアフリカのウガンダ共和国で働く筆者。今でさえ国際協力の最前線で活動していますが、大学に入学した当初はこの分野に全く興味がなかったと語ります。 一年生の時、「就活の話題作りになればいい」と思って参加した海外ボランティア。そこで、彼の人生を大きく変える出来事が起こりました。
ワーホリで英語力は伸びる?オーストラリアの留学経験で得たこと

ワーホリで英語力は伸びる?オーストラリアの留学経験で得たこと

海外へ渡航する前に一番気なることは、やはり英語ではないでしょうか。英語力が生活とどう関わるかを、 オーストラリアのゴールドコーストで働いた経験を交えて紹介します。
ワーホリの新制度「サードビザ」とは 留学で上手にステップアップ

ワーホリの新制度「サードビザ」とは 留学で上手にステップアップ

ワーキングホリデービザは通常1カ国につき1年の滞在が認められていますが、2019年7月からオーストラリアで年目のワーホリを認める「サードビザ」が発行されます。しっかりと長期渡航の計画を立て、自分を成長させる大きなチャンスを掴みませんか。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
海外留学のプロ直伝!失敗しない社会人向け留学先の選び方とは?

海外留学のプロ直伝!失敗しない社会人向け留学先の選び方とは?

今年、大人の語学留学も渡航者数が増えており、日本人の全年代に留学への関心が高まっています。もはや、高校や大学の交換留学などだけではない「留学」ですが、どのように渡航先を決めればよいのか、失敗しない留学先の選び方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部