2017年12月21日 更新

オーストラリアのユニークな留学  英語の勉強をしながら小学校英語指導員の資格を取ろう

オーストラリアの東海岸のシドニー、ブリスベン、ゴールドコーストには一般的な英語の学習に、日本の小学校の英語指導者の資格の取れるコースを組み合わせたユニークな学校があります。

2017.12.21
これはJ-SHINEという日本にある非営利団体「小学校英語指導者認定協議会」がオーストラリアの語学学校と共同で設立したもので、2020年に日本で始まる英語教育改革に向けて注目を集めています。

J-SHINEとは?

J-SHINEは「Japan Shogakko Instructors of English」の頭文字をとったもので、「小学校英語指導者認定協議会」のことを意味します。2020年に日本で始まる英語教育改革に向けて、2003年に発足した非営利団体(NPO)です。
J-SHINEの目的は、小学校の英語の指導者を育成することで、日本にも各地に講座が設置されています。オーストラリアには、このJ-SHINEコースと英語コースを併用したコースがあり、英語の勉強をすると同時に小学校の英語指導者の資格が取れるユニークなコースです。通常は6週間で最初の4週間は座学、そして残りの2週間がオーストラリアの小学校での実習になります。
各学校はJ-SHINEの基本的なカリキュラムに沿って小学校英語指導員の学習コースを企画し、学校独自の英語学習法を組み合わせて、英語の勉強をしながら英語指導者の資格が取れるようプログラムが組まれています。
J-SHINEのコースを持つ学校では、英語や教授法を教えるだけでなく、帰国後の進路、例えば小学校における教職や塾の開き方などの相談にも乗ってくれます。
J-SHINEの授業料は学校によって少し異なりますが、平均として約AU$2,500です。
では、J-SHINEコースを持つ7つの学校の内から、シドニーにあるインターナショナルハウスシドニーとゴールドコーストにあるグリーン&ゴールドカレッジの2つの学校をご紹介します。

インターナショナルハウスシドニー

インターナショナルハウスシドニー校は、シドニーの観光スポットであるオペラハウスやハーバーブリッジまで歩いて行けるシドニーの中心地にある学校です。生徒数350人を収容できるスクールで、英語コースの一クラスの平均生徒数は12人です。
インターナショナルハウスシドニー校には、大きく分けると英語教師育成部門と英語学習部門の2部門が同じキャンパスで展開しているユニークな学校です。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

オーストラリア留学「TAFE」、短期間で技術が習得でき、更に大学進学も可能

高校を卒業すると就職するか進学するかの選択に迫られますね。オーストラリアでも同じですが、オーストラリアで進学する場合には、大学とは違った選択肢もあります。
ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデー、人生で一番輝くステージの異文化体験!

ワーキングホリデーは、20代30代なら誰もが体験してみたいと思うことの1つだと思います。ワーキングホリデーに行ける国は世界中にたくさんありますが、その中でも最近特に注目を集めているのがオーストラリア。
農業体験ツアーが世界各地で静かなブーム! オーストラリアの人気ツアーを紹介

農業体験ツアーが世界各地で静かなブーム! オーストラリアの人気ツアーを紹介

農業体験ツアー、またはアグリツアリズムと呼ばれるバカンスの過ごし方が世界各地で静かなブームを呼んでいます。これは農場や牧場などを訪ねそこでの仕事を見学したり実際に体験することですが、ただ見学や体験をするだけでなく、「楽しむ」要素が含まれていることが大事です。世界には数ある農業体験ツアーがありますが、筆者が現在在住中のオーストラリアの場合を例に農業体験ツアーの魅力をご紹介します。
ヨーロッパなのに格安で英語留学できるマルタ留学が人気らしい

ヨーロッパなのに格安で英語留学できるマルタ留学が人気らしい

マルタ島を知っていますか。マルタ島はイタリアの南にある小いさな島です。小島なのにすぐ近くにあるゴゾ島と併せてミニ国家「マルタ共和国」を形成しているのです。一年中観光客で賑わうリゾート地なのですが、なんとここに語学留学のできる英語学校があるのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座