2019年2月3日 更新

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。

gettyimages (30028)

2019.2.3

カナダのワーキングホリデーを選んだ理由

gettyimages (30029)

カナダへのワーキングホリデーを決めた理由は、上記で挙げた「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」ことに加え、旅行好きな筆者にとって、アメリカやヨーロッパとも近く旅行がしやすい点に惹かれたことも理由の1つです。
また、個人的な話にはなりますが、カナダへは、高校生の頃に1カ月だけ親元を離れて暮らした経験があり、その時の経験が自身の中で色濃く鮮やかに記憶に残っており、カナダという環境が素晴らしいことを経験から知っていたことが大きかったと思います。

カナダで語学の勉強や海外旅行を満喫

gettyimages (30035)

最初の方は、貯金が十分にあったので、語学学校に通ったり、ベビーシッターをしながら、トロントを拠点にニューヨーク、ニューファンドランド、ポートランド、シアトル、ケベック、バンフ、キューバなど、多くの国への旅行を満喫していました。
途中で、どんどんお金が減ってきたため、生活費を稼ぐためにしっかり働ける仕事を探し始め、見つけたのが歯科助手でした。
高校生の時に歯科助手として働いた経験があり、日本では看護師として働いていた事もドクターの目に留まったようで、あっさりと採用されました。

カナダの救急歯科ってどんなところ

gettyimages (30039)

北米では、クリニックはまとまってドクターオフィスと言われるビルの一角にあることが多く、私が働いていた歯科(Family doctorと言われるかかりつけ歯科)も同様に、ドクターオフィスの一角にありました。
そして、もう一つ別のオフィスを借りて、24時間救急歯科も運営していました。
この歯科の院長は、13ヶ国語の言語で簡単な挨拶やそれに付随する言葉ができる人で、ボリビア人と日本人の歯科助手を1人ずつ雇っていました。
歯科助手は筆者を含め3名。それぞれが交代でシフトに入り、一般歯科と救急歯科を兼務していました。
ドクターになぜ現地のカナダ人を雇わないのかと質問したところ、カナダ人を1人雇うなら日本人を1.5人雇った方がずっといいとのこと。
日本人は真面目によく働くからカナダ人を雇うよりよっぽどいいそうです。日本人でよかったと思うとともに、自分のせいで日本人に対する見方が変わってしまうのは困ると、身が引き締まる思いでした。
かかりつけ歯科としての営業は10:00-20:00までで、主に予約の患者さんが対象です。24時間救急歯科は基本的に歯科ならなんでも受け付けます。
流れとしては、電話で問い合わせ→すぐに受診が必要か判断→(必要なら)来院して治療という流れです。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

近年、稀に見る急成長を遂げ、世界有数のリゾート地となり、中東を代表する都市としてその名を知られるようになったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。砂漠の中に世界一高い「ブルジュ・ハリファ」をはじめとした超高層ビル群が立ち並び、近代的な街並みのすぐそばにあるビーチには、世界中から集まった観光客でにぎわっています。
「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

のぞ のぞ