2019年2月3日 更新

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。

gettyimages (30028)

2019.2.3

カナダのワーキングホリデーを選んだ理由

gettyimages (30029)

カナダへのワーキングホリデーを決めた理由は、上記で挙げた「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」ことに加え、旅行好きな筆者にとって、アメリカやヨーロッパとも近く旅行がしやすい点に惹かれたことも理由の1つです。
また、個人的な話にはなりますが、カナダへは、高校生の頃に1カ月だけ親元を離れて暮らした経験があり、その時の経験が自身の中で色濃く鮮やかに記憶に残っており、カナダという環境が素晴らしいことを経験から知っていたことが大きかったと思います。

カナダで語学の勉強や海外旅行を満喫

gettyimages (30035)

最初の方は、貯金が十分にあったので、語学学校に通ったり、ベビーシッターをしながら、トロントを拠点にニューヨーク、ニューファンドランド、ポートランド、シアトル、ケベック、バンフ、キューバなど、多くの国への旅行を満喫していました。
途中で、どんどんお金が減ってきたため、生活費を稼ぐためにしっかり働ける仕事を探し始め、見つけたのが歯科助手でした。
高校生の時に歯科助手として働いた経験があり、日本では看護師として働いていた事もドクターの目に留まったようで、あっさりと採用されました。

カナダの救急歯科ってどんなところ

gettyimages (30039)

北米では、クリニックはまとまってドクターオフィスと言われるビルの一角にあることが多く、私が働いていた歯科(Family doctorと言われるかかりつけ歯科)も同様に、ドクターオフィスの一角にありました。
そして、もう一つ別のオフィスを借りて、24時間救急歯科も運営していました。
この歯科の院長は、13ヶ国語の言語で簡単な挨拶やそれに付随する言葉ができる人で、ボリビア人と日本人の歯科助手を1人ずつ雇っていました。
歯科助手は筆者を含め3名。それぞれが交代でシフトに入り、一般歯科と救急歯科を兼務していました。
ドクターになぜ現地のカナダ人を雇わないのかと質問したところ、カナダ人を1人雇うなら日本人を1.5人雇った方がずっといいとのこと。
日本人は真面目によく働くからカナダ人を雇うよりよっぽどいいそうです。日本人でよかったと思うとともに、自分のせいで日本人に対する見方が変わってしまうのは困ると、身が引き締まる思いでした。
かかりつけ歯科としての営業は10:00-20:00までで、主に予約の患者さんが対象です。24時間救急歯科は基本的に歯科ならなんでも受け付けます。
流れとしては、電話で問い合わせ→すぐに受診が必要か判断→(必要なら)来院して治療という流れです。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

「いつかは住みたい」ドバイでの生活費

近年、稀に見る急成長を遂げ、世界有数のリゾート地となり、中東を代表する都市としてその名を知られるようになったアラブ首長国連邦(UAE)のドバイ。砂漠の中に世界一高い「ブルジュ・ハリファ」をはじめとした超高層ビル群が立ち並び、近代的な街並みのすぐそばにあるビーチには、世界中から集まった観光客でにぎわっています。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

アフリカ東部、赤道直下に位置するケニア。広大なサバンナや、ライオンやゾウといった野生動物など、日本では決して味わえない魅力がつまった国です。一方でケニアは、アフリカ経済の中心地としての側面も持っており、近年では首都・ナイロビを筆頭に多くの多国籍企業などが進出しています。少子高齢化の日本とは反対に“若年人口”が圧倒的に多く、将来的な消費・生産力の拡大も一層期待されています。
「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。
【旅しながら自由に生きる】オーストラリアの食べ物は安い?1カ月〇万円の食費事情

【旅しながら自由に生きる】オーストラリアの食べ物は安い?1カ月〇万円の食費事情

「物価が高い」と思われがちなオーストラリアの生活事情。しかしやりくりすれば日本よりも安く、そして優雅に生活することだってできるのです。 今回は気になるオーストラリアの食事について費用面も含めてご紹介していきましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

のぞ のぞ