2019年2月20日 更新

夫婦で起業するのはおすすめ? メリット・デメリットを解説!

私生活を共にするパートナーと起業をする。 ともすれば、双方を失ってしまうリスクも含むライフスタイルですが、エンターテイメントの世界には夫婦同業というカップルも珍しくありません。デメリットが多そうなライフスタイルからパワーを生み出す秘訣とは?

gettyimages (31370)

2019.2.20

夫婦での起業はクリエイティブの世界では相互作用が期待できる?

パートナーと同業、または職場を共にすることは、メリットよりもデメリットが多いというのが世間一般の常識になっています。職場でのゴタゴタは、できるだけ家庭には持ち込みたくないもの。それなのに、いやでもそれを思い起こさせる存在がプライベートで最も近しいパートナーであることは、想像するだけで気が重くなります。
しかし、クリエイティブな職業では、双方をよりよく理解し、あまつさえお互いの魅力や才能を引き出す存在ともなりうるカップルが多いのです。
これは、通常のビジネスの世界にも通用するのでしょうか。
心理学者ジョヴァンニ・アリコーが、そのメリットとデメリットを明快に語っています。

夫婦での起業 メリット編

gettyimages (31377)

①信頼関係が盤石となる

ともに夢に向かって邁進するという目的のもと、煩瑣な手続等もともに乗り越えていくカップルは、相互の信頼関係を盤石にすることができます。あえて、こうした冒険に挑み、目的を達成させることができたカップルはまさに「理想」というべきかもしれません。
しかし、アリコー教授によれば、これを可能にするのは既にカップルとしての絆が相当に強まった状態であること、仕事への双方の熱意が本物であるという条件に限られるのだそうです。

②パートナーの新たな魅力を発見できる

私生活や会社でお互いの姿を見てきたカップルにとって、起業するにあたっては相手のパーソナリティーは明確に自分の中にイメージされているのが通常です。
ところが、いったん起業すると、雇用されていた時代とは異なる難題が山積しています。その状況の中でより密接にコンタクトを取り続けていれば、自分の描いていたイメージとは異なる相手の姿を目にすることになります。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子