2019年8月5日 更新

情報収集のコツを知って説得力を上げる!たった一つのエビデンスで一発OK

上司や取引先に、提案がうまく伝わらないといったことはビジネスにおいて日常茶飯事です。もし、伝え方に何かコツがあるのだとしたら、知っておきたいものです。 光成章著『一発OK!をもらえる人のエビデンス仕事術』 より、エビデンスの適切な提示方法についてご紹介します。

gettyimages (43462)

2019.8.5

エビデンスは言葉や熱意を超える

あなたがどんなに言葉を尽くしても伝わらなかったことが、たった一つのエビデンスを提示するだけで伝わることがあります。
4ページより引用
シャートム株式会社代表取締役として活躍する著者は、早稲田大学卒業後、マッキャンエリクソン市場調査事業部等での経験を経て独立。福井県福井市出身であることから、東京と福井の両地を行き来しながら、クライアントにリサーチ実務の提供をしています。
著者は、矢野経済研究所などで「調査会社側」、リーバイスなどで「クライアント側」の両方において、情報を扱う仕事をしてきました。
本著は、その経験をふまえ、確たるエビデンスの集め方や提示の仕方を述べています。
仕事で生じるフラストレーションのほとんどは、人が思ったように動いてくれなかったり、聞く耳を持ってくれないといったところに生じるものです。
そのようなコミュニケーションにおける摩擦に気をとられることなく、仕事そのものに集中していくためにはどうしたら良いのでしょうか。そこで必要になってくるのがエビデンスであると著者はいいます。
エビデンスとは、ビジネス上の判断となりうる統計データや写真、消費者の一言など、根拠となる事実のすべてを指しています。エビデンスが、時として言葉や熱意よりも相手の心を動かすこともあるのだとしたら、その探し方や提示のコツをぜひ知っておきたいものです。
gettyimages (43469)

無駄のない収集プランを立てる

ですから、エビデンスの収集は、常にその相手の存在を念頭においておかなければなりません。
30ページより引用
エビデンスとは、自分の主張の根拠となる事実のこと。いうまでもなく、その主張は誰かに対して行うものであり、相手の存在を意識することは必須といえるでしょう。
主張を補完する情報を見つけようとするときには、いきなりグーグルに向かうのではなく、「相手に何をどう伝えるべきか」を戦略立てする必要があると著者はいいます。集めるべきエビデンスを見定めておくことは、作業の無駄を省くことにもつながります。
本著では、大事な観点として、「あなたが感じている課題を特定する」「説得する相手を知る」といったことが挙げられています。
自分の考えが曖昧なままでは、エビデンスも的外れなものになってしまいます。課題意識を明確にして、エビデンスとロジックを組み立てていくことが重要であるといえるでしょう。
課題を特定するためには、現場に足を運んで違和感を発見したり、体感したことをメモや写真で残したりします。そこで得た違和感から、将来を予測し特定していきます。
説得する相手を知るということは、説得相手と自分の間にある差を確かめるところにあるようです。自分と他者では同じ現象を前にしていても、往往にして違う認識を持っているものです。その差をリサーチしておくことで、探し出すエビデンスも自ずと変わってきます。
無駄のない収集プランを立てることは、まず最初にするべきことであるといえそうです。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕事の無駄を省きたいと思っても、どうやって省けばいいか分からないことも多いのではないでしょうか。無駄を省いて仕事を効率化するのにおすすめなのが「仕組み化」です。この記事では仕組み化のポイントやメリットなどについて解説します。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳を使ってのタスク管理はアナログな方法ですが、実は最も効果的だったりします。デジタルツールを活用したタスク管理に手を出しても、私も含め結局は手帳でのタスク管理に戻ってくることも珍しくありませんね。手帳での効果的なタスク管理の方法やコツを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ