2018年12月16日 更新

ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

>日産のゴーン社長が逮捕され、その後、長期間勾留されています。さらに、再逮捕との報道がありました。これに対して、海外のメディアから、日本の制度はおかしいのではないかという声が聞こえてきます。

ゴーン社長が本当に犯罪を行ったのかは別にして、逮捕や勾留などについての、日本の制度は国際的に見ておかしいのでしょうか? 弁護士に訊きました。

【ある女性より質問】

ゴーン氏の逮捕について、フランスのメディアは「日本の制度はおかしい」と考えているという記事を読みました。ゴーン氏はもう何週間も勾留されていますが、フランスでは勾留期間はもっと短いそうです。また、取り調べにも、フランスでは弁護士が立ち会えるのに、日本では立ち会えない。日本の刑事司法は、フランスなど先進諸国と比較して、本当に違っているのでしょうか? 万が一自分が「罪人」と認定されたときなど心配です。(20代女性)

日本の司法制度は異常なの?

異常かどうかは、判断が難しいですが、欧米諸国とはかなり違っていることは間違いありません。もともと、日本は江戸時代まで、欧米諸国とは全く違う法制度を持ってきました。それが、明治維新になって、欧米の法制度を入れることになったわけです。

アジアの優等生になろうとして、頑張って欧米の制度を採り入れましたが、どうしても完全というわけにはいきません。さらに、欧米の法制度自体、その後も進化しています。また、明治に日本が採用した制度はヨーロッパのものですが、その後はアメリカの制度が世界基準になってきました。

それらの諸事情を考えると、日本の刑事司法は、「異常」かどうかは別にして、欧米諸国とは違うものになっているのです。

本質的に何が違うの?

日本では、検察が起訴すれば、99.9%有罪になると言われています。このこと自体は、皆さん聞いたことがありますよね。ただ、なぜそうなるかを知っている人は少ないと思います。マスコミでも、「国家権力の陰謀だ!」みたいな記事を書き散らしてますから、本当のことはなかなか分からないのです。日本で、起訴されたまず間違いなく有罪となるのは、「間違いなく有罪となる事件しか、検察官が起訴しない」からなんです。本当は、70%の確率で有罪になるとしか思えない人も、起訴されないで、野に放たれているわけです。私には、こちらの方が大問題に思えるんですが、ほとんどすべてのマスコミには、この問題はスルーされています。

起訴されない代わりに何が起こるの?

「絶対に有罪」の人しか起訴しないという制度をとる場合、どうしても捜査を緻密に行う必要が出てきます。日本の刑事司法は「人質司法」と言われていますが、ゴーン氏のような被疑者を長期間拘束して、何とか事件を証明しようとするわけです。言い訳などされるといけないので、取り調べには弁護士の同席など認めません。「悪い奴」が起訴されないで終わらせるわけにはいかないと、捜査機関が頑張るので、どうしても行き過ぎた取り調べなどが行われてしまいます。

逆に言うと、これだけの「対価」を支払うことで、「かなり疑わしくても起訴されない」という、制度が維持されているとも言えます。

国際化の中での日本の司法

起訴されて前科が付くのは、多くの人にとって大変なダメージです。それを考えると、99.9%確実でないと起訴しないという、日本の制度も一概に悪いとは言えません。ただ、勾留制度など、日本の司法制度全体を見ないで、外国から批判されてしまうことも事実です。

今後は、望むと望まないにかかわらず、欧米式の制度に移行していくことは、間違いないところだと思います。

もっと貯金体質になりたい方におすすめ!無料講座

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

今、注目されていて流行っているこだわりのモノやコト。その会社を経営する社長は、何か普通ではない特別な経営センスがあるのでしょうか。「売れる」「売れない」の差はどこにあって、どうしたら売れるモノを作ることができるのか。それは、自分目線ではなく、お客様のニーズや要望の中に、大きなカギがあるようです。一田憲子著『キッチンで読むビジネスのはなし』 より、11人の社長が語る、ビジネスへの向き合い方をご紹介します。
経済 |
日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

経済誌Forbes JAPAN2019年の日本起業家ランキング1位のAstroscale(アストロスケール)創業者の岡田光信氏は、宇宙ゴミを除去する宇宙の掃除屋ビジネスを立ち上げました。エリート官僚出身ですが、ものづくり企業を結集する過程は人情溢れる物語でした。
日本に100%キャッシュレスな社会は来るのか

日本に100%キャッシュレスな社会は来るのか

初のキャッシュレスレストラン「GATHERING TABLE PANTRY」。オーダーはタブレット、決済はお店のスマホでというスマートぶり。クレカで割り勘もでき「あくまでもキャッシュレス!」を貫いたお店ですが、キャッシュレスが目的のお客は少ないそう。キャッシュレス化は日本で成功するのでしょうか?
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部