2018年5月21日 更新

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]

gettyimages (14993)

2018.5.21

自分のお財布の予定が、分かっていますか

istockphoto (14999)

ムダ遣いをしてるつもりはないのに、気が付けば今月もお財布がピンチ! むしろ節約をしているのに……と、家計のやりくりがストレスになることは多いですよね。
ところで、みなさんは自分が1日にどれぐらいのお金を使う予定か把握していますか? 手帳を開いて、この先1週間の予定を見てみてください。毎日の“行動”は書いてあるけれど、“支出”は分かっていないものですよね? 仕事に行って帰るだけの日であれば主な支出はランチ代くらい、水曜日には仕事帰りにヨガのレッスンに行くからチケット代の2,000円、金曜日は女子会だから3,000円……というふうに予定に合わせて必要な金額はイメージすることができます。手帳に書き込んでいってもよいかもしれません。こんなふうに、“行動”と“支出”の関係を意識してみることが、ムダ遣いの解決に役立っていきます。

「予定のない時間」がムダ遣いの原因

gettyimages (15000)

週末についても、予定と支出を出してみましょう。例えば土曜日に「高尾山に行く」というレジャーの予定があるとします。「登山だし、かかるのは交通費と飲食代くらいだろう」と思いがちですが、「登山できる靴を用意しよう」「友達への差し入れお弁当も作ろう」と必要なものを考えると、予定には多くの支出があることに気づきます。土日は支出がふくらみがちですが、予定している行動と必要な支出をひもづけてイメージしておくと、あらかじめ「これから先に使う予定のお金」のボリュームが把握でき、行動=支出をコントロールできるようになります。
それでもいつの間にかお金が減っている!という人は、「特に予定のない1日」を振り返ってみましょう。予定がない会社帰りにふらっと立ち寄ったショップで新作のワンピースを衝動買い、遅く起きた日曜日になんとなくカフェに行って、ふと見かけた可愛い雑貨をつい買って……と思いあたることはありませんか。「予定のない時間」は無意識にお金を使ってしまいがちなのです。

自分のお金を意識するだけで変わる

thinkstock (15003)

解決することは簡単です。朝起きたら、今日の予定を思い浮かべて、必要な支出をざっくりとイメージしてみるのです。「ノー残業デーで早めに帰れるけれど、特に予定がない」という“空白時間”がありそうな日は要注意。けれど「今日の私は無意識にお金を使ってしまうかも」と意識するだけで行動は変わってきます。外食など支出が多くなりそうであれば、「その分、明日は支出を引き締めよう」とバランスをとっていけるようになるといいですね。
1日1分、今日使うお金を見つめる時間をつくるだけで、ムダ遣いは確実に減っていきます。朝トイレや通勤時間などを利用してもいいですね。使ったあとに家計簿をつけるより手軽で確実です。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美しさが手に入るマネーセンスの磨き方

美しさが手に入るマネーセンスの磨き方

──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第9回]
今年こそ人生を変えたい人のための、バッグの中身の整理法

今年こそ人生を変えたい人のための、バッグの中身の整理法

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第7回]
“3年先の自分”になりきって本棚に本を並べてみると起こること

“3年先の自分”になりきって本棚に本を並べてみると起こること

あなたの自宅の本棚には、どんな本が並んでいるでしょうか。あなたの本棚に並んでいる本は、あなた自身を映し出す鏡。だったら、意識して本棚をセットアップすることで、自分を変えることだってできてしまうのです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第6回]
言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

「言葉」をうまく使えたらビジネスでの発信力も上げられる―。今最も活躍するウェブライターやコピーライターが講師を務めるオンラインサロン「明日のライターゼミ」は、現役ライターやその卵だけでなく、企業のPR担当者や一般の会社員など、幅広い層から注目を集めています。自身も輝かしいクリエイティブの実績を持つゼミ主催者 西島知宏氏がオンラインサロンを開いたのはなぜか。ビジネスとクリエイティブの境界が重なりつつある今、ビジネスパーソンにも注目のライター論をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大竹のり子 大竹のり子
お金の教養講座