2019年2月4日 更新

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。

2019.2.4
STAGE編集部:経営者になって、お金に対する感度や考え方に変化はありましたか?
高木:「買って学ぼう」になりましたね。買ってみないと分からない。経験していないから。僕は時間もないし、車の運転嫌いだし、車って必要?って思って買ってないタイプでした。でも、買ってもいないのに、必要ないって言うなと。買ってから、時間なくて乗れなかった、は筋が通ると思うんです。
だから、取りあえず買ってみるし、経験してみる。勉強代ですよね。価値が下がらないものを買えばいいだけで。情報をインプットして、これは今この値段で買うけど、来年でもこれくらいで売れる、を考えて買う。買ったときよりも10年経ったら値段上がっている可能性のあるものを選ぶ。時計なんてiPhoneあるから、いらないじゃん、と思ってましたけど、「社長、人はそこを見てるよ」と言われて、「買ったことないのに否定するのって俺は間違っているな」と思うようになりました。
僕は、スーパーへ行って100円のドレッシングでも1,000円でも「どれでもいいよ」と言えるような夫になりたいと思っていたんです、昔ね。「そんなの気にしないでよ」と嫁に言いたいなと。洋服も毎日違う服着ていたらいいな、と。毎日洋服屋さんへ行っても、値段見ないで買えるようになりたい。今でも見て「これちょっと高くない?」と言うけど。
「買って学ぶ」を続けていけば、車で走っていて「このビルかっこいいからこのビル欲しいな」みたいに、いつの間にかステップアップしていくんじゃないかと。そういう経験を増やしていきたいから、とりあえず買ってみないと分からない、使ってみないと分からないのでやってみる。何事もまず行動するようになりました。
STAGE編集部:もともとは、そうではなかったということですよね。
高木:昔は何も買わなかった。すごい貯めてました。お金の使い方が分からなかった。だって、洋服なんてTシャツとジーパンでいいから。僕は今思えば、ちょっとずれていて。1人暮らしをするときに、親から銀行のカードを渡されて「お前絶対これ失くすなよ」と言われたんです。失くす可能性のほうが高いから、ずっとタンスに入れてました。20歳までお金を下したことがないんですよ、本当に。親からは「お前、金一銭も使っていないけどどうしてるの?」と言われました。「やり方分からねえから、危険すぎるからいらねえ」とか言ってましたね。
STAGE編集部:とりあえず使ってみる、に変えてから、「これはよかったな」「これはだめだったな」というのってありますか?

高木:だめだったはないかもな。基本的に何でも買ってよかったと思うようにしているし、今流行っているからいうよりは、何年経っても使えるものしか買わないようにしているから。「これはよかったな」はPATEKの時計。価値が相当上がっているから。「狙い通り」です。基本売ったりはしないんですが、洋服もそうだけど、何回も着たけど、結果、売ったときに、そんなに値打が下がらないものとか、下がったとしても着ているだけで価値があるものを常に着ている気がする。ハサミもそうですけど、20,000円から始めて50,000万のものを買い、最終的に150,000円のものを使っているんだったら、「最初からいいもの使ったほうがいいでしょう」と思う。「研げばいいんだし、その時間って無駄じゃん」と思います。どうせ払うお金だったら、先に払う。若いうちに持っていた方が逆にレアだ、とかいいところを探します。「まあ、30歳でこれ持ってたらいいでしょう」と。似合っている、似合っていないは別として、買えているというのが結果だから。僕は、車に興味なくてどうでもよかったんですけど、フェラーリって、誰でも知っているから、いつか乗るなら早いところ乗っておくか、で買いました。売りたいときは売れるから。大きいものを買うときはリセールちゃんと考えて買います。
STAGE編集部:価値が下がらないものを選ぶんですね。
STAGE編集部:では、「高木さんにとってお金とは」?
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部