2019年5月27日 更新

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。

2019.2.4
STAGE編集部:経営者になって、お金に対する感度や考え方に変化はありましたか?
高木:「買って学ぼう」になりましたね。買ってみないと分からない。経験していないから。僕は時間もないし、車の運転嫌いだし、車って必要?って思って買ってないタイプでした。でも、買ってもいないのに、必要ないって言うなと。買ってから、時間なくて乗れなかった、は筋が通ると思うんです。
だから、取りあえず買ってみるし、経験してみる。勉強代ですよね。価値が下がらないものを買えばいいだけで。情報をインプットして、これは今この値段で買うけど、来年でもこれくらいで売れる、を考えて買う。買ったときよりも10年経ったら値段上がっている可能性のあるものを選ぶ。時計なんてiPhoneあるから、いらないじゃん、と思ってましたけど、「社長、人はそこを見てるよ」と言われて、「買ったことないのに否定するのって俺は間違っているな」と思うようになりました。
僕は、スーパーへ行って100円のドレッシングでも1,000円でも「どれでもいいよ」と言えるような夫になりたいと思っていたんです、昔ね。「そんなの気にしないでよ」と嫁に言いたいなと。洋服も毎日違う服着ていたらいいな、と。毎日洋服屋さんへ行っても、値段見ないで買えるようになりたい。今でも見て「これちょっと高くない?」と言うけど。
「買って学ぶ」を続けていけば、車で走っていて「このビルかっこいいからこのビル欲しいな」みたいに、いつの間にかステップアップしていくんじゃないかと。そういう経験を増やしていきたいから、とりあえず買ってみないと分からない、使ってみないと分からないのでやってみる。何事もまず行動するようになりました。
STAGE編集部:もともとは、そうではなかったということですよね。
高木:昔は何も買わなかった。すごい貯めてました。お金の使い方が分からなかった。だって、洋服なんてTシャツとジーパンでいいから。僕は今思えば、ちょっとずれていて。1人暮らしをするときに、親から銀行のカードを渡されて「お前絶対これ失くすなよ」と言われたんです。失くす可能性のほうが高いから、ずっとタンスに入れてました。20歳までお金を下したことがないんですよ、本当に。親からは「お前、金一銭も使っていないけどどうしてるの?」と言われました。「やり方分からねえから、危険すぎるからいらねえ」とか言ってましたね。
STAGE編集部:とりあえず使ってみる、に変えてから、「これはよかったな」「これはだめだったな」というのってありますか?

高木:だめだったはないかもな。基本的に何でも買ってよかったと思うようにしているし、今流行っているからいうよりは、何年経っても使えるものしか買わないようにしているから。「これはよかったな」はPATEKの時計。価値が相当上がっているから。「狙い通り」です。基本売ったりはしないんですが、洋服もそうだけど、何回も着たけど、結果、売ったときに、そんなに値打が下がらないものとか、下がったとしても着ているだけで価値があるものを常に着ている気がする。ハサミもそうですけど、20,000円から始めて50,000万のものを買い、最終的に150,000円のものを使っているんだったら、「最初からいいもの使ったほうがいいでしょう」と思う。「研げばいいんだし、その時間って無駄じゃん」と思います。どうせ払うお金だったら、先に払う。若いうちに持っていた方が逆にレアだ、とかいいところを探します。「まあ、30歳でこれ持ってたらいいでしょう」と。似合っている、似合っていないは別として、買えているというのが結果だから。僕は、車に興味なくてどうでもよかったんですけど、フェラーリって、誰でも知っているから、いつか乗るなら早いところ乗っておくか、で買いました。売りたいときは売れるから。大きいものを買うときはリセールちゃんと考えて買います。
STAGE編集部:価値が下がらないものを選ぶんですね。
STAGE編集部:では、「高木さんにとってお金とは」?
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

〈三木アリッサ〉お金とは自分を強くする大切なもの。

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
お金持ちになりたいならインド人の超ポジティブマインドを学べ!《野瀬大樹インタビュー》

お金持ちになりたいならインド人の超ポジティブマインドを学べ!《野瀬大樹インタビュー》

経済成長の目覚ましいインドで誰よりも早く会社を構え、日本という枠に捕らわれずにビジネスチャンスを掴んできた会計士・野瀬大樹さん。お金の学校「ファイナンシャルアカデミー」で複数のスクールを受け持つ講師でもあります。
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

リバースプロジェクトは、俳優の伊勢谷友介氏が代表を務める株式会社です。アーティストを中心に、2009年に設立されました。テーマは「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という壮大なもの。同社の共同代表である龜石太夏匡氏にインタビューをしました。
〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部