2019年5月7日 更新

準富裕層になってリタイアしたい。金融資産5,000万円で可能?

準富裕層での早期リタイアは現実的でしょうか。野村総合研究所(NRI)などは、金融資産5,000万~1億円未満の約322万世帯を準富裕層と位置づけています。富裕層手前のこの段階で、好きな時だけ仕事をするセミリタイアも含め、早期リタイアできる可能性を考えてみます。

また、優良ヘッジファンドに出資できれば、平均して年10%以上の利回りを得られることも珍しくありません。ただし、国内外の優良ヘッジファンドでも、パフォーマンスは年によりバラツキがあります。利回り5%の年もあれば、20%以上の年もある感じですね。準富裕層世帯が金融資産5,000万円の運用のみで、早期リタイア後に安定した生活を維持し続けるのは難しい、と考えておくべきでしょう。
このような感じなので、準富裕層の段階で早期リタイアを狙うならば、セミリタイアがオススメとなります。セミリタイアは全く仕事をしない完全リタイアではなく、好きな時にだけ仕事をするイメージです。不労所得にセミリタイアでの収入を年100万~300万円ほど組み合わせれば、早期リタイア後の生活を経済的にも、精神的にも安定させることが可能です。ビジネス界との接点を維持できることも、セミリタイアの魅力ですね。

Kenneth S

総合商社のIT戦略担当からIT系ベンチャー企業の経営補佐などを経て、現在は海外在住の個人投資業。時折、物書きもしている。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちは未来の投資のために筋トレを取り入れている

お金持ちは未来の投資のために筋トレを取り入れている

お金持ちには筋トレをする人が多いようです。これは単に自己満足のためではなく、ビジネスをする上でもさまざまな利点があるからです。
お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちほど子供の教育には力を注ぎ、投資だと看做す傾向が顕著です。また、高学歴の子供の親はお金持ちが多い、というのも昨今の市井では広く言われることですね。これはどうしてでしょうか。お金持ちの子供教育のベースにある価値観・考え方を知っておきましょう。
富裕層の不動産投資の特徴は?今は属性の良い投資家には追い風?

富裕層の不動産投資の特徴は?今は属性の良い投資家には追い風?

富裕層が不動産投資に臨むスタンスは、いわゆる「サラリーマン大家さん」のそれとは異なります。昨今は不正融資問題の露見により、不動産投資への銀行融資はハードルが上がった、とも囁かれます。それでも、属性の良い(銀行等の信用力が高い)富裕層にとって、不動産投資は今や追い風なのですね。
富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層による資産運用の世界的トレンドは、現在どのようになっているのでしょうか。日本では超低金利が続き、資産運用のポートフォリオにも頭を悩ませる方が少なくないはずです。今、世界の富裕層が何に注目して資産運用を行い、高いパフォーマンスを叩き出しているのか、参考になることもありそうです。
家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

お金持ちの家ほど、プライベートでの生活は質素な傾向です。お金持ちに対するイメージである、高級車を複数台乗り回し、ブランド物を身に纏い、異性と派手に遊んでいるようなタイプは主流派ではありません。本物のお金持ちは、投資は時間と自分に向けるものだからです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部