2017年9月10日 更新

「私は君のジョーカーとして、ここに現れた。」富者の遺言[第10話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

thinkstock (3425)

2017.9.1
「反対にお金のない人は……」
「今の君がそれに当てはまるかどうかはわからないが、お金のない人の特徴は、猜疑心が強く、人をなかなか信用せず、人のあら探しをする。

人を信用できなければ、信用は得られない

 にもかかわらず、だ。自然とお金の流れは、その人間を避けて通るようになる」
「しかし、お言葉ですが、お金持ちでも、人を信用して編されることがあるでしょう。とくにお金を持っていれば、世の中の詐欺師たちがこぞって、そんなお人好しのお金持ちの元を訪れる。それで破産した人だって、いないわけじゃない。そういう話は以前もどこかで聞いたことがありますが、それは理想論のように聞こえます」
「物事というのは決して一面だけから成り立っているわけではない。私は誰でも彼でも信用しろ、と言っているつもりはない 。信用度というのは、その人の持っている人格に比例すると思っている。これはシビアな現実だが、信用する人、信用される人は常に同じ階層にある。同じ意味で、編す人、編される人も、だ。君は何をもって人を信用する?今はまだ私の話が信じられなくても、これだけは覚えておいて欲しい。

君が相手を信じられない場合、 相手も君を信じてくれないだろう。 信用がお金に変わるなら、信じてくれる相手がいるだけでそれは財産なんだよ」

 僕は、今までの過去を振り返った。失敗を重ねた今、僕の信用度は老人の言う通り、最低だろう。一年前には、僕にも信頼の置ける友人たちがいたが、僕は彼らを裏切ってしまった。この一年間、あらゆる所から、お金を借りてしまい、もう貸してくれる所がなくなったとき、僕は彼らに助けを求めた。彼らは、何も言わず貸してくれたが、返すアテがない今、彼らに合わす顔がない。僕は信用を悪用してしまったのだ。そのくせ、僕は自分の境遇を嘆き、自分には非がないとばかりに、周りを恨んだり、ひがんだりしている。
thinkstock (3450)

「結局のところ、信用のあるところでしかお金は生まれない。お金の成り立ちを見てもそれは明らかだ。君は多くの失敗をしたようだが、もう誰かに信じてもらうことは諦めるかい?」
 僕は答えに困った。
「人には信じてもらいたいですが、それは難しいかもしれません。それに、自分でも今の僕は、信じられるに足る人間ではないと思います」
「大丈夫だよ、今はまだ。人生は一瞬にして変わる。私は君のジョーカーとして、ここに現れた。これまでの話で疑間に思った点はあるかい?」
 僕は老人の話を思い出した。
・お金で間違いを冒すのは、タイミングと選択を間違えるから
・お金というのは、その人にとって扱える上限と下限がある(最適な温度がある)
・お金を取り扱う能力は、扱う経験を増やすことでしか上がらない 。
・お金は人を映す鏡
・お金は信用が姿を変えたもの
 そのどれもが、僕には耳の痛い話だった。
 だけど、今の僕が役立てられる話はなさそうだ。そもそも借金まみれの男に何ができるのか。もう、友達もこんな僕のことは信用してくれないだろう。僕は、失ったものの大きさに頭を抱えた。僕が信じられるのは、もう家族しかないはずだったが ……。ここは長い年月がかかっても、自分ひとりでコツコツ返していくしかないのだ。その長い道のりを思って、僕は気が遠くなった。
「いえ、どれも納得のいく話でした」
「さっき金持ちは約束を守ると言ったね。実のところ私は君を救いに来たんだ」
「僕を救う?……なら、借金を肩代わりしてください 。あはは……そんなのは無理で
すよね」
 僕の軽口に、老人はさっと顔色を曇らせた。
 老人の顔にさっきまでの柔和な表情は消えていた。
「君は、私のことをどうやら信じないようだね」
「そりゃ、そうですよ。突然誰かもわからない人が、なぜ僕を助けるんですか? 信じろ、 という方が無理な話です」
「私が現金三〇〇〇万円の入ったスーツケースを持っていたら、信じるかい?」
「……すいません。気を悪くされたのなら謝ります。でも、だって、そんな話……」
「たとえば、今の君に現金三〇〇〇万円を渡したとしよう。それを君はどう使う? きっと借金返済に使うだろう。だけど、その後も人生は続く……。そして、また同じ失敗を繰り返すんだ。お金に翻弄される多くの人間が辿る道だ」
「そんなことはないです! きっと、もう一度チャンスがあれば……」
「チャンスがあれば、なんだね?」
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「お金持ちが本当に恐れるリスクはお金が増えないリスクなんだよ 」第6章[第12話]

「お金持ちが本当に恐れるリスクはお金が増えないリスクなんだよ 」第6章[第12話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
Think Money. Think Life.〜「お金原論」という新しい学問〜[第6回]

Think Money. Think Life.〜「お金原論」という新しい学問〜[第6回]

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人