2017年12月7日 更新

「私は君のジョーカーとして、ここに現れた。」富者の遺言[第10話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

thinkstock (3425)

2017.9.1
「反対にお金のない人は……」
「今の君がそれに当てはまるかどうかはわからないが、お金のない人の特徴は、猜疑心が強く、人をなかなか信用せず、人のあら探しをする。

人を信用できなければ、信用は得られない

 にもかかわらず、だ。自然とお金の流れは、その人間を避けて通るようになる」
「しかし、お言葉ですが、お金持ちでも、人を信用して編されることがあるでしょう。とくにお金を持っていれば、世の中の詐欺師たちがこぞって、そんなお人好しのお金持ちの元を訪れる。それで破産した人だって、いないわけじゃない。そういう話は以前もどこかで聞いたことがありますが、それは理想論のように聞こえます」
「物事というのは決して一面だけから成り立っているわけではない。私は誰でも彼でも信用しろ、と言っているつもりはない 。信用度というのは、その人の持っている人格に比例すると思っている。これはシビアな現実だが、信用する人、信用される人は常に同じ階層にある。同じ意味で、編す人、編される人も、だ。君は何をもって人を信用する?今はまだ私の話が信じられなくても、これだけは覚えておいて欲しい。

君が相手を信じられない場合、 相手も君を信じてくれないだろう。 信用がお金に変わるなら、信じてくれる相手がいるだけでそれは財産なんだよ」

 僕は、今までの過去を振り返った。失敗を重ねた今、僕の信用度は老人の言う通り、最低だろう。一年前には、僕にも信頼の置ける友人たちがいたが、僕は彼らを裏切ってしまった。この一年間、あらゆる所から、お金を借りてしまい、もう貸してくれる所がなくなったとき、僕は彼らに助けを求めた。彼らは、何も言わず貸してくれたが、返すアテがない今、彼らに合わす顔がない。僕は信用を悪用してしまったのだ。そのくせ、僕は自分の境遇を嘆き、自分には非がないとばかりに、周りを恨んだり、ひがんだりしている。
thinkstock (3450)

「結局のところ、信用のあるところでしかお金は生まれない。お金の成り立ちを見てもそれは明らかだ。君は多くの失敗をしたようだが、もう誰かに信じてもらうことは諦めるかい?」
 僕は答えに困った。
「人には信じてもらいたいですが、それは難しいかもしれません。それに、自分でも今の僕は、信じられるに足る人間ではないと思います」
「大丈夫だよ、今はまだ。人生は一瞬にして変わる。私は君のジョーカーとして、ここに現れた。これまでの話で疑間に思った点はあるかい?」
 僕は老人の話を思い出した。
・お金で間違いを冒すのは、タイミングと選択を間違えるから
・お金というのは、その人にとって扱える上限と下限がある(最適な温度がある)
・お金を取り扱う能力は、扱う経験を増やすことでしか上がらない 。
・お金は人を映す鏡
・お金は信用が姿を変えたもの
 そのどれもが、僕には耳の痛い話だった。
 だけど、今の僕が役立てられる話はなさそうだ。そもそも借金まみれの男に何ができるのか。もう、友達もこんな僕のことは信用してくれないだろう。僕は、失ったものの大きさに頭を抱えた。僕が信じられるのは、もう家族しかないはずだったが ……。ここは長い年月がかかっても、自分ひとりでコツコツ返していくしかないのだ。その長い道のりを思って、僕は気が遠くなった。
「いえ、どれも納得のいく話でした」
「さっき金持ちは約束を守ると言ったね。実のところ私は君を救いに来たんだ」
「僕を救う?……なら、借金を肩代わりしてください 。あはは……そんなのは無理で
すよね」
 僕の軽口に、老人はさっと顔色を曇らせた。
 老人の顔にさっきまでの柔和な表情は消えていた。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人