2019年7月28日 更新

価値観が多様化する現代 新たな金融システム「金融4.0」とは

働き方への意識が変わりつつある昨今。AIの台頭など、金融の世界においても変化が求められています。私たちは急速に変わりゆく社会の変化を、敏感に感じ取っておく必要があるでしょう。 田中道昭著『アマゾン銀行が誕生する日』より、新しい金融価値に関する考え方をご紹介します。

働き方への意識が変わりつつある昨今。AIの台頭など、金融の世界においても変化が求められています。私たちは急速に変わりゆく社会の変化を、敏感に感じ取っておく必要があるでしょう。

田中道昭著『アマゾン銀行が誕生する日』より、新しい金融価値に関する考え方をご紹介します。

価値観が多様化と金融世界の変化

本書は、分析の対象を次世代金融産業に移し、同産業における戦いの構図を分析し、主要各社の戦略を読み解き、関連するテクノロジーを開設し、日本の活路について考察しました。

10ページより引用

立教大学ビジネススクール教授であり、株式会社マージングポイント代表取締役社長を務めている著者。シカゴ大学経営大学院MBAを経て、三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役等など、さまざまな場で要職を歴任してきました。

本著では、世界の3大金融ディスラプター(既存の業界秩序をくつがえす「破壊者」の意)企業として、アマゾン、アリババ、テンセントを、日本の金融ディスラプター企業として、楽天、LINE、ヤフー・ソフトバンク連合、SBIを。進化が進む米国金融機関として、ゴールドマン・サックス、JPモルガン、日本のメガバンク3行、シンガポールのDBS銀行などを取り上げ、その競争戦略について分析しています。

いくつものキャリアをこなす人が増え、会社の名前や肩書きよりも、自分のあり方やライフスタイルが重要になってきています。その流れは、これからさらに加速することでしょう。

社会の中で、人が一人で生きていくために最も大事なことは信頼であり、お金はそれを円滑にするための手段であると著者はいいます。

個人のライフ&ワークスタイルや信頼という価値が評価される、新たな金融システムの構築は最重要課題であるといえるでしょう。

キャッシュレス化には3つの潮流がある

キャッシュレス化には3つの重要な潮流があります。それは、キャッシュレス化、無人化・自動化。シェアリング化・サービス化です。

26ページより引用

次世代金融産業に対する理解とは、ただ目新しい機能やサービスを追いかけることではないと著者はいいます。それによって与えられる価値観が大事なのであり、キャッシュレス化は大きな意味があるといえそうです。

3つの重要な潮流として、キャッシュレス化、無人化・自動化、シェアリング化・サービス化があるのだとか。

少子高齢化が進み、今後ますます人手不足が進むうえで、自動化による無人化は必須でしょう。また、大切なものはシェアリングして、シンプルにミニマムに過ごすという考え方も、価値観に通じます。そして、自動化・無人化、シェアリングは、すべてキャッシュレス化ありきのサービスであるといえるでしょう。

これから、すべてのサービスはこの3つのキーワードを軸に変化していくということを、私たちは知っておかなくてはなりません。

新たな金融システムとしての「金融4.0」

著者は、新たな金融システムとして「金融4.0」という概念を提唱しています。

「金融4.0」とは、「新たな社会における、新たな価値や価値観を表彰する、新たな金融システム」であるのだとか。対面型であった「金融1.0」、インターネットが使われるようになった「金融2.0」、スマホ中心でアリババなどの中国勢がリードし進化している「金融3.0」。そして、ブロックチェーンがフル活用され、新たな評価経済のインフラとなるものを「金融4.0」ととらえるのだといいます。

「金融4.0」では、資産やリスクの定義、金融や金融商品の定義が変わってきます。金融の対象となる資産は広がり、金融商品も一人ひとりのニーズに合致したものが提供されるようになるでしょう。

日本が「金融4.0」で進めていくべきことは、今まで信用と認められてこなかったもの……その人ならではの強みや信頼を新たな信用としていくということ。勤務先や年収だけではなく、その人が本当に持っている信頼が重視され、評価される社会。新たな金融テクノロジーは、人が本来大切にしてきた価値観や価値で生きることを支援するために使われるべきであるといいます。

多様性や個性を活かすことができる、新たな分散型金融システムが日本から生まれるのも遠くないのかもしれません。

タイトル:アマゾン銀行が誕生する日
著者:田中道昭
発行:日経BP社
定価:1,800円(税抜)

【前回の記事はこちら】
働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方
仕事のパフォーマンスを上げる 持つべき資本家マインドセットとは
お金に働いてもらうために 自分にあった投資の考え方とは

金融商品の仕組みを知ろう「お金の教養スクール」はこちら

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

原因は「脳の発作」 お金が貯まる体質に変わる方法

原因は「脳の発作」 お金が貯まる体質に変わる方法

日頃のストレスを買い物で発散したり、逆に無駄遣いをした記憶がないのに、なぜかお金がなかったり。お金にまつわる不思議な現象は、多くの人にとって心当たりがあるのではないでしょうか。 大嶋信頼著『「お金の不安」からいますぐ抜け出す方法』より、お金が貯まらないという体質を変えるための考え方をご紹介します。
お金 |
堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

なにかと話題に上がる堀江貴文さん。自身も多くの書籍を発売していますが、キングコング西野亮廣さんとの共同著書『バカとつき合うな』を出し、話題沸騰中です。 そんな堀江貴文さんの「お金」への考え方や、少しだけ変わっている使い方、習慣などを紹介していきます。
「サラリーマンが300万円で小さな会社を買う」作戦はアリなのか?

「サラリーマンが300万円で小さな会社を買う」作戦はアリなのか?

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』という刺激的なタイトルの新書。Web「現代ビジネス」で500万PVの人気連載に加筆した形のビジネス本です。個人で会社をM&Aできる時代になりましたが、なぜサラリーマンが? なぜ300万円で小さな会社なのか? 副業や起業ではダメなのか? タイトルを目にして色んな疑問と興味が浮かび、実際に読んでみようと思った次第です。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部