2018年1月3日 更新

「いつかは住みたい」ウィーンでの生活費

モーツァルトやベートーベンなど、著名なクラシック音楽家たちを数多く輩出した音楽家ゆかりの地であるオーストリアの首都・ウィーン。クラシック好きはもちろんのこと、音楽・芸術の都として今もなお世界中の人々に愛されています。

ウィーンは交通費も安い

thinkstock (8614)

ウィーン市内には地下鉄、路面電車、バス、国鉄が主な交通手段として運行されています。これら4つの公共交通機関ですが、ウィーン市内間の異動である限り、すべて料金一律の共通券で乗ることができるシステムとなっています。
1回券の料金は2.2ユーロ(約290円)と、日本の初乗り料金と比べるとやや高めと思うかもしれませんが、目的地まで一方向で途中下車なしであれば、例えば地下鉄からバスといったように、複数の交通手段での乗り継ぎが可能なのでお得なことは間違いありません。
また、1回券の他にも24時間券や48時間など有効期限内であれば乗り放題の乗車券や、定期券などもあります。1カ月定期券の料金は48.2ユーロ(約6,360円)となっています。1か月あたりの交通費ですが、その他の移動手段も考慮して50ユーロ(約6,600円)もあれば十分でしょう。
ウィーンで暮らすために必要な生活費の目安をご紹介しました。これらを参考にして夢の移住への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。
飯村泉

飯村泉

レジ横の募金箱に小銭を入れる人に悪い人はいない!が信条のライター。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。
「いつかは住みたい」ローマでの生活費

「いつかは住みたい」ローマでの生活費

オードリー・ヘプバーンが王女を演じ、グレゴリー・ペック演じる新聞記者とお互い素性を隠したまま恋に落ちる名作映画『ローマの休日』。その舞台として知られるイタリアはローマ。都市としての歴史も古く「ローマは一日にしてならず」ということわざがあるほど、現在も歴史を感じさせる建造物が数多く残っており、それらをひと目見たいと世界中から観光客が押し寄せる人気の都市でもあります。
「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

情熱の国・スペインの中でも観光都市として人気のバルセロナ。バルセロナは「古さと新しさ」を持ち合わせ、文化を発信し続けるエネルギーに溢れたヨーロッパの中でも魅力の高い都市といっても過言ではありません。
「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

今や東南アジアの中でも中心的な都市となったシンガポール。今後ますます進化していく都市として世界中が注目しています。また所得税が低いことから移住を考える富裕層も増えています。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部