2019年4月15日 更新

「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

ポリコレという言葉を聞いたことはありますか。一部では悪評高い言葉ですが、グローバル化し多様性を重んじる社会にあっては無視できない概念です。ポリコレという概念を理解し、無自覚な差別やハラスメントに加担しない視点を身につけましょう。

2019.4.15

ポリティカル・コレクトネスとは? 具体例とともに理解しよう

gettyimages (36105)

情報発信者は、無自覚に差別や偏見を含んだ表現を用いてしまうことがあります。近年特に目にするのが、Twitterなどで他意なく発したつぶやきの炎上です。
ここで重要になるのが、ポリティカル・コレクトネス(ポリコレ)という観点。日本語にすると「政治的正しさ」。差別的発想や偏見を含む表現や態度をより中立的にしようというものです。
ポリコレによって表現が改訂された具体例を見てみましょう。
●スチュワーデス → 客室乗務員
●看護婦 → 看護師
●ビジネスマン → ビジネスパーソン
男性や女性を表す表現が用いられていたものを中立的な言葉に置き換えていることがわかります。
発想そのものが問題になった例もあります。たとえば旅行会社H.I.Sが企画した「東大美女図鑑の学生」をウリにした2016年5月のキャンペーン。女性の容姿の重要視、学歴偏重、美女が隣に座るというサービス内容のどれも旧来型の偏った価値観を思わせるものであったため、大きな批判を受けました。
また、アイドルグループ欅坂46の衣装が「ナチスドイツの軍服と酷似している」と批判され、謝罪を余儀なくされた例もあります。

政治的正しさなんてうんざり? ポリコレ先進国アメリカの今

gettyimages (36121)

アメリカはポリコレ先進国と言われています。1970年代からすでに論争の対象となってきました。しかし近年、そのアメリカで「ポリコレ疲れ」という現象が生じています。
マリスト大学世論研究所が行った世論調査によれば、有権者の約半数がポリコレ疲れを表明しました。象徴的なのは「メリークリスマス」というあいさつ。今のアメリカ都市部では、クリスマスの挨拶に「メリークリスマス」を控えて「ハッピーホリディ」を用います。キリスト教以外の人々にはクリスマスというキリスト教の行事は無関係だからです。一方、ポリコレに反対するトランプ大統領は、選挙公約に「再びメリークリスマスと言えるようにする」ことを掲げました。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LGBTQのQって何? 日本独自の言い方ではXジェンダーとも

LGBTQのQって何? 日本独自の言い方ではXジェンダーとも

LGBTQのQ、XジェンダーはLGBTとは異なる性の在り方。2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックは「共生社会の実現」というテーマを掲げています。日本が国際的に存在感を示す重要なチャンスです。まずはLGBTQについて理解を深めましょう。
「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

ネットでどんな情報にも簡単にアクセスできる時代になって久しくなりましたが、最近はその“副作用”に困っている人も多いのではないでしょうか? 例えば、拡散される「デマ情報」や、情報が正しくないのに検索上位に出てきてしまう「まとめサイト」など。無駄な情報を省いて手に入れたうえで、それが正しいのか自分でチェックする能力が必要になってきていると感じます。
人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。
AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIなんて遠い世界のことだと思っていませんか。AIを活用した機能やサービスは世界中で広まっており、私たちの普段の生活の意外なところでAI技術が使われています。森ビル株式会社が行う実証実験も日本のAI時代を切り拓く一つの鍵となりそうです。
企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

日本人のライフスタイルや価値観は変化しているのに、企業慣習はなかなか変わらない――その具体的な問題のひとつが、出産・育児期の社員に対する企業の支援。育児中でも働くことを可能にする企業内保育施設について調べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部