2019年8月26日 更新

「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

ポリコレという言葉を聞いたことはありますか。一部では悪評高い言葉ですが、グローバル化し多様性を重んじる社会にあっては無視できない概念です。ポリコレという概念を理解し、無自覚な差別やハラスメントに加担しない視点を身につけましょう。

2019.4.15

ポリティカル・コレクトネスとは? 具体例とともに理解しよう

gettyimages (36105)

情報発信者は、無自覚に差別や偏見を含んだ表現を用いてしまうことがあります。近年特に目にするのが、Twitterなどで他意なく発したつぶやきの炎上です。
ここで重要になるのが、ポリティカル・コレクトネス(ポリコレ)という観点。日本語にすると「政治的正しさ」。差別的発想や偏見を含む表現や態度をより中立的にしようというものです。
ポリコレによって表現が改訂された具体例を見てみましょう。
●スチュワーデス → 客室乗務員
●看護婦 → 看護師
●ビジネスマン → ビジネスパーソン
男性や女性を表す表現が用いられていたものを中立的な言葉に置き換えていることがわかります。
発想そのものが問題になった例もあります。たとえば旅行会社H.I.Sが企画した「東大美女図鑑の学生」をウリにした2016年5月のキャンペーン。女性の容姿の重要視、学歴偏重、美女が隣に座るというサービス内容のどれも旧来型の偏った価値観を思わせるものであったため、大きな批判を受けました。
また、アイドルグループ欅坂46の衣装が「ナチスドイツの軍服と酷似している」と批判され、謝罪を余儀なくされた例もあります。

政治的正しさなんてうんざり? ポリコレ先進国アメリカの今

gettyimages (36121)

アメリカはポリコレ先進国と言われています。1970年代からすでに論争の対象となってきました。しかし近年、そのアメリカで「ポリコレ疲れ」という現象が生じています。
マリスト大学世論研究所が行った世論調査によれば、有権者の約半数がポリコレ疲れを表明しました。象徴的なのは「メリークリスマス」というあいさつ。今のアメリカ都市部では、クリスマスの挨拶に「メリークリスマス」を控えて「ハッピーホリディ」を用います。キリスト教以外の人々にはクリスマスというキリスト教の行事は無関係だからです。一方、ポリコレに反対するトランプ大統領は、選挙公約に「再びメリークリスマスと言えるようにする」ことを掲げました。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

批判は人格否定ではない。否定的フィードバックで絶望しないために

批判は人格否定ではない。否定的フィードバックで絶望しないために

仕事で批判を受けると自分が否定されたような気持ちになり、必要以上に重く考えてしまいがち。しかし、批判は決して人格の否定ではありません。有益なフィードバックのためには、批判する側もされる側も、事柄への批判と人格否定を区別する必要があります。
余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

SDGs(持続可能な開発目標)が話題になっています。SDGsとは、2030年までに達成すべきとされる世界共通の目標のこと。自治体や企業の活動だけでなく、私たちの休暇の過ごし方にも関わっています。レジャーとSDGsはどのような関係にあるのでしょうか。
ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集食品がそろそろ私たちの手元に届くかもしれません。近年では人間に対するゲノム編集も問題となりました。ゲノム編集とは何なのか、どんな規制があるのか、倫理的問題とは何か。かつてSFだった世界に、私たちは向き合わなければなりません。
完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

完全食で食事時間を節約!日本のCOMPとAll-in PASTA

今、完全食が話題です。これまでは、メインの食事に付け加える形の栄養補助食品が主流でした。これに対して、完全食(完全栄養食)とはそれだけで1日分の栄養をまかなえるというもの。完全食ソイレントの今と、日本のCOMPやAll-in PASTAを紹介します。
風評被害とはどのように広がるのか。その対策法は?

風評被害とはどのように広がるのか。その対策法は?

風評被害とは、風評が世間に広まり経済的被害が出ること。近年の福島県の例などから、被害拡大プロセスや対策が検討されてきました。拡大の主な原因はメディア報道。ネットも無視できません。風評被害対策をするなら「カイシャの病院」に看てもらうのも一つの手です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部