2019年5月19日 更新

【書評】これからの時代を生き抜くために『GOETHE 堀江貴文解体新書 ~自意識(プライド)を捨て去った、ホリエモン!という生き方~』

本誌は、堀江貴文氏の魅力について40ページにわたり特集している。幼少期から現在までの活躍や、24時間のタイムマネジメント術、宇宙事業、投資、教育、オンラインサロン等、複数のコンテンツからなる。

本企画はもともとゲーテ創刊時の13年前のものであったそうだが、それは同時に13年たった今でも堀江貴文氏が変わらず、またはそれ以上に注目され続けている証しでもあるということだ。そして、他とは比べものにならない、人にはない独自の魅力を持ち合わせていることでもあると思う。

本特集は、どのコンテンツもとても惹きつけられる内容ではあるが、本書評では国内最大級のオンラインサロンHIU(堀江貴文イノベーション大学校)と宇宙事業について取りあげる。またHIUを紹介する計4ページは、HIUメンバーにより編集したものである。

評者はHIUに所属し1年半が過ぎた。入会したきっかけは、オープンした書店で突然目に飛び込んできた堀江貴文氏の著書『好きなことだけで生きていく。』であった。ページをめくった瞬間に「これだ!」と思い、一瞬で入会を決意した。

人生の様々な場面では、時々このような何も考えない直観の判断や何か気になるというような引っ掛かりがある。またそれは、たいてい自分にとって重要なものとなる。

HIUでのイベントは、体験型からオフィシャルの定期イベントなど面白いことが満載だ。その中でも評者が頻繁に参加しているのが、本誌にも掲載されている「対談」だ。堀江貴文氏と各業界で活躍するゲストがビジネスに関する興味深い話をしてくれる。

入会してから約30名のゲストとの対談を聞いたが、毎回とても楽しくワクワクする。驚くべきことにつまらないと思ったことは一度もない。それは、毎回対談をする堀江貴文氏の話しが面白いということでもあるのだろう。

対談を聞き、ゲストの著書や関連する内容を本ブログへ書評として投稿し、また仕事でもアウトプットできるため、とてもいい循環となっている。そのためHIUでの対談は、評者にとっては自分の知らない世界を教えてもらえる、とても貴重な時間であり、重要な場なのだ。

また、堀江貴文氏が情熱を捧げる宇宙事業において、先週ついに民間単独では国内初のロケットの打ち上げに成功した。その14年間の宇宙事業の歩みについてまとめられている。

評者は、今回の打ち上げで初めて宇宙ビジネスへ支援してみた。そのリターンの一つとしてとてもユニークなのが「宇宙への名前」だ。それは、ロケットに搭載された銘板に支援者の名前が記され、宇宙へ打ち上げられるというものだ。

ロケットの打ち上げは、天候不良などにより、度重なる延期もあったが、自分の名前がロケットに搭載されているのだから「成功するに決まっている」と、なぜか強い自信を持ち見守った。

そしてそれは現実となった。技術的な提供はできなくても、支援したことにより、まるでチームの一員として関われたような気分となり、とても感慨深いものがあった。

このようなビジネスは、研究や開発に莫大な資金がかかる。しかし誰もやっていないことは、やってみないと、また失敗してみないとわからないことが多い。またそれを繰り返し、その積み重ねにより成功へと導かれていく。

一人一人の小さなサポートと継続していく力が結果として私たちの生活にも大いに役立つ世の中へと変化していく。そう思わせてくれた一冊である。

 

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

『 ユダヤ人大富豪の教え 』の著者の本田健さんの書籍『スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン』を知っていますか? 幸せなお金持ちになるためにはどうすればいいのか?そんなことをスイス人銀行家のおじいちゃんと著者とのやりとりから学んでいくという内容の本です。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
【書評】仕事を私事にすると毎日がワクワクして楽しんでいられる『考えないヒント~アイデアはこうして生まれる~』

【書評】仕事を私事にすると毎日がワクワクして楽しんでいられる『考えないヒント~アイデアはこうして生まれる~』

本書には、人々の日常を変えるような発想のヒントが、たくさんつまっている。その一つが、いいアイデアの出し方だ。それは常に「面白いことがないか」と考えることだという。
他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部