2019年4月5日 更新

オフィスでお酒が飲める社内バーは効果的?メリットとデメリット

オフィス内にお酒を提供する「社内バー」を設ける会社がじわじわと増えています。いろいろなスタイルがあるようですが、主な目的は社員の間で「飲みコミュニケーション」を活発にすることです。それがもたらすメリットと、デメリットについて考えてみました。

gettyimages (35210)

2019.4.4

「とがった業界」から始まった社内バー

gettyimages (35231)

社内バーは、オフィス内部に設けられた酒場のことです。IT企業、ネット企業、アパレル企業、インテリア企業、広告業、コンテンツ制作のようなクリエイター系、コンサルタントのようなナレッジ系といった「とがった業界」から始まって、それ以外の業種でも新社屋への移転時に新設するなど、じわじわとひろがりをみせています。
基本形は「カウンターバー」ですが、スタイルはさまざまです。
ホテルの部屋のミニバー程度の小さいもの、社内カフェや社員食堂の一角が夜間営業するスタイル、社長が趣味でバーテンダーを買って出る(クローバーラボ)、スクリーンで映画上映(シンクスマイル)、ワインバー(ADDIX)、卓球台やダーツを備えた大人の社交場(ホワイトボックス)などもあります。さすがにカウンターで「ママ」「チーママ」がお相手するお店はないようですが、いてもおかしくない本格派のしゃれた雰囲気のバーなら数多くできています。
置いてあるお酒やおつまみは社員が持ち込んでくる会社もあれば、福祉厚生費で買い揃えてくれる会社もあります。来訪したお客さんやビジネスパートナーなど外部の人も利用できるバーもありますが、酒代をとっているわけではないので、保健所や警察(風俗営業法)の営業許可はいりません。

最大の目的は社員間の「飲みニケーション」

gettyimages (35156)

会社が社内バーを設ける目的の大部分は「社員間のコミュニケーション」つまり飲みニケーションを行う場を社内につくることです。社内であればタダで飲めるだけでなく、盛り場のバーのようにケンカなどのトラブルに巻き込まれる恐れはありません。酔っていたために会社の秘密が漏洩する心配もなく、安心してお酒をたしなむことができます。酒癖が悪い社員でも、そこが社内であれば自ずと酒量の「自制」をするようになるでしょう。
「パワハラ」「アルハラ」という言葉があるように、上司に誘われて赤ちょうちんに行って説教されるコミュニケーションに「古くさい」と抵抗感を持つ若い社員でも、おしゃれな社内バーであれば参加しやすいでしょう。
勉強会、歓迎会、親睦会のような社内イベントの会場に社内バーを使えば、予約の必要がなく、経費も節約できます。そこではふだんは顔を合わせない他部署の人との交流が活発になる効果も生まれるそうで、業務上のプラス効果が生まれたり、一体感の中でカップルが誕生して社内結婚が増えるのを期待している会社、福祉厚生の充実による従業員満足度(ES)の向上を狙っている会社もあります。
あまり当てにはなりませんが、お酒を飲んでリラックスした時間に、会社や業界を一変させるようなすごい発想やアイデアがひらめくかもしれない、という期待もあるようです。
取引先など社外の人を社内バーに招待して、接待とまでいかないような軽いおもてなしに利用している会社もあります。面白いのは採用活動に活用している会社がけっこうあることで、訪問してきた大学生を社内バーに連れて行きお酒を飲ませれば、「胸襟を開いて」本当の志望度など本音が聞けるのかもしれません。もちろん社内バーの存在が好感され採用に良い影響を与えることもあるでしょう。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
パーソナルブランディングとは|会社員にも必須の時代が来る!

パーソナルブランディングとは|会社員にも必須の時代が来る!

近年注目が集まっている「パーソナルブランディング」。個人をブランド化するということでフリーランス・起業家などに必要だと考えられる一方、会社員にも重宝するポイントがたくさんあります。どのように活用するといいのでしょうか?
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでの人間関係は「明るい笑顔」が武器になる!

ビジネスでの人間関係は「明るい笑顔」が武器になる!

人間関係に悩んでいる人ほど、表情にもその様子があらわれがち。なんとなく沈んだ気持ち・暗い表情で毎日を過ごしていませんか?今回は、ビジネスシーンでも重要になる「明るい表情・笑顔づくり」のコツをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部