2018年9月6日 更新

「お金の起源は物々交換」は誤りだった?新しい貨幣論とは

お金の起源は物々交換であるというのが伝統的な見方。しかし「マネーとはシステムである」とする新しい貨幣論もあります。物々交換がお金の起源ではない証拠の1 つはヤップ島の石貨。彼らのマネーシステムからお金の本質を探ると、お金の見方が一変します。

gettyimages (20548)

2018.9.6

「物々交換が起源」説は事実が根拠ではない

gettyimages (20524)

お金の歴史について、お金の起源は物々交換であるというのが伝統的な見方でした。この立場を
とる人物としてアリストテレスやジョン・ロック、アダム・スミスなどを挙げることができま
す。そして現在でも、物々交換にお金の始まりを見いだそうとする研究者は多いのです。
しかし、実はお金の起源が物々交換であるという事例は見つかっていません。それどころか、単
純な物々交換に基づいた経済の事例すら、見いだすことができないと主張する研究者が複数いる
のです。
アメリカの経済人類学者ジョージ・ドルトンは1982 年にこう断言しました。「貨幣を使わない
市場交換という厳密な意味での物々交換が、量的に重要な方法であったり、最も有力な方法であ
ったりしたことは一度もない」。むしろ、お金の起源を単なる物々交換とは主張できない証拠の
ほうが見つかっています。
物々交換説は事実に基づいた説ではなく、推論だけでなされた主張だったのです。

お金の起源が物々交換だといえない証拠

gettyimages (20520)

物々交換がお金の起源ではない証拠の1 つめは、ミクロネシア連邦の西端、日本とオーストラリ
アの間に位置するヤップ島のマネーシステムです。ヤップ島といえば直径30cm~約4m もある
車輪状の石貨「フェイ」が有名。その大きさから、「これを運んで商品と交換するなんて大変
だ」と思いがちですが、フェイで実際に運ばれることはあまりありませんでした。さらに、フェ
イは必ずしも持ち主の土地にある必要はないし、所有権さえ認められていれば、海の底に沈んで
誰も見たことがなくても良いものでした。
ヤップ島の取引のシステムはこうです。まず、魚やヤシの実、豚、ナマコの取引で債権と債務が
発生するので、これを帳簿に記録。決済時に債権と債務を相殺していき、もし決済後に差額が残
った場合は繰り越されます。フェイがやりとりされるのは、この差額が残った場合に、取引の相
手が差額に等しい価値のフェイを交換してほしいと望んだとき。そのため、フェイ自体は魚やナ
マコと交換されるものではありませんでした。
フェイは私たちの知るようなお金の役割を果たしていたのではなく、債権と債務を管理を容易に
する信用取引・精算システムだったのです。
その他、中世イングランドや1970 年のアイルランドでも、同様に理解できる事象が見られま
す。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS