2018年9月6日 更新

「お金の起源は物々交換」は誤りだった?新しい貨幣論とは

お金の起源は物々交換であるというのが伝統的な見方。しかし「マネーとはシステムである」とする新しい貨幣論もあります。物々交換がお金の起源ではない証拠の1 つはヤップ島の石貨。彼らのマネーシステムからお金の本質を探ると、お金の見方が一変します。

gettyimages (20548)

2018.9.6

「物々交換が起源」説は事実が根拠ではない

gettyimages (20524)

お金の歴史について、お金の起源は物々交換であるというのが伝統的な見方でした。この立場を
とる人物としてアリストテレスやジョン・ロック、アダム・スミスなどを挙げることができま
す。そして現在でも、物々交換にお金の始まりを見いだそうとする研究者は多いのです。
しかし、実はお金の起源が物々交換であるという事例は見つかっていません。それどころか、単
純な物々交換に基づいた経済の事例すら、見いだすことができないと主張する研究者が複数いる
のです。
アメリカの経済人類学者ジョージ・ドルトンは1982 年にこう断言しました。「貨幣を使わない
市場交換という厳密な意味での物々交換が、量的に重要な方法であったり、最も有力な方法であ
ったりしたことは一度もない」。むしろ、お金の起源を単なる物々交換とは主張できない証拠の
ほうが見つかっています。
物々交換説は事実に基づいた説ではなく、推論だけでなされた主張だったのです。

お金の起源が物々交換だといえない証拠

gettyimages (20520)

物々交換がお金の起源ではない証拠の1 つめは、ミクロネシア連邦の西端、日本とオーストラリ
アの間に位置するヤップ島のマネーシステムです。ヤップ島といえば直径30cm~約4m もある
車輪状の石貨「フェイ」が有名。その大きさから、「これを運んで商品と交換するなんて大変
だ」と思いがちですが、フェイで実際に運ばれることはあまりありませんでした。さらに、フェ
イは必ずしも持ち主の土地にある必要はないし、所有権さえ認められていれば、海の底に沈んで
誰も見たことがなくても良いものでした。
ヤップ島の取引のシステムはこうです。まず、魚やヤシの実、豚、ナマコの取引で債権と債務が
発生するので、これを帳簿に記録。決済時に債権と債務を相殺していき、もし決済後に差額が残
った場合は繰り越されます。フェイがやりとりされるのは、この差額が残った場合に、取引の相
手が差額に等しい価値のフェイを交換してほしいと望んだとき。そのため、フェイ自体は魚やナ
マコと交換されるものではありませんでした。
フェイは私たちの知るようなお金の役割を果たしていたのではなく、債権と債務を管理を容易に
する信用取引・精算システムだったのです。
その他、中世イングランドや1970 年のアイルランドでも、同様に理解できる事象が見られま
す。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

話題のHIIT「タバタ式トレーニング」の効果とやり方を徹底解説

話題のHIIT「タバタ式トレーニング」の効果とやり方を徹底解説

「ジムに通いたいけどなかなか時間がとれない」このような人には、自宅ででき、さらに短時間で高いダイエット効果が期待できるHIIT(高強度インターバルトレーニング)がおすすめです。そこで今回は、 HIITの効果ややり方について解説していきます。
出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

20代から40代。女性は、キャリアを開始し場合によっては結婚や出産も経験する人生の正念場です。男女同権とはいえ、事情によりキャリアが中断することも少なくありません。欧州のヘッドハンターのプロが、女性たちに求める資質を年代別に語っています。
オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

日本の最新AIロボットは知能に加えて生活をサポートできる「体」を持ったものが増えています。2019年に実証実験が始まったAIロボットや東京オリパラで活躍予定のロボット、重度障がい者の働きがいにつながる「分身ロボットカフェ」に注目が集まっています。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。
廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部