2018年12月13日 更新

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。

gettyimages (26645)

2018.12.11
街には大航海時代の面影を残すノスタルジックな建築物が溢れ、完成まで300年を要した「ジェロニモス修道院」は、世界遺産にも登録されています。地中海性気候の影響で暖かく、治安も良いことから、年間を通じて日本からの渡航者も多くみられます。
そんなポルトガルに感銘を受けて、いつか暮らしてみたいと思った人のために、実際に生活する際に掛かる生活費などを紹介します。1か月あたりどのくらいのお金が必要なのか?今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ユーロ(EUR)=130円として計算しています)

家賃はヨーロッパ内では格安

gettyimages (26654)

移住に人気の都市は、首都のリスボン市です。ポルトガルの人口は約1,000万人ですが、市を含む大リスボン圏に国内の人口の約4分の1が集中しています。
市の中心部であっても、単身であれば1カ月あたり500ユーロ(約6万5,000円)ほどから物件を探すことができ、ルームシェアを選択すれば1カ月あたり300ユーロ(約3万9,000円)でも可能。夫婦で住む様な1LDKタイプでも、1,000ユーロ(約13万円)以下で広々とした物件を見つけることができます。
他では、北部の港湾都市・ポルトもオススメの都市の1つです。川の両側に建ち並ぶオレンジ色の屋根は、名作映画「魔女の宅急便」の舞台になったとも言われる素敵な街。名産品としてポートワインも有名で、リスボンに次ぐ第2の都市として発展を遂げています。
どの都市に移住するにせよ、東京やヨーロッパの主要都市と比べ 格安で住むことが可能です。

食事は日本人との相性◯

gettyimages (26712)

ヨーロッパに移住するとなると“食の違い”が気になるところですが…ポルトガルの料理は、意外にも日本と共通点が多いことをご存知でしょうか? 例えば、あの“天ぷら”も、実はポルトガルの料理から影響を受けたとされているのです。
ポルトガルは、日本と同じ海洋国で“魚好き”な国民が多く、スーパーや市場には新鮮な魚がたくさん売られています。名物のイワシは、1切れ1ユーロ(約130円)前後と比較的安く入手することが可能です。ここでの“イワシの塩焼き”は、レモンとオリーブオイルをかけて味付けすることが特徴です。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部