2019年6月17日 更新

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

収入源を多様化させることによって、長期的な視点での「安定」を築くことができる-。フリーランス国際協力師として日本・アフリカで働く筆者が、これからの時代に必要な「収入源」の話をします。

gettyimages (40360)

2019.6.17
フリーランス国際協力師の原貫太です。私は日本とアフリカを往復しながら、「国際協力」を軸に多様な働き方を実践しています。

前回、また前々回の記事では、私が国際協力の世界に関心を持ち、フリーランスとしてアフリカで働くことになるまでの過程をお伝えしました。今回は少し話題を変え、「収入源」に関するお話をします。

アフリカの活動ではお金は得られない

ウガンダ北東部での活動の様子

私は今、東アフリカのウガンダ共和国で国際支援の活動に携わっています。具体的な活動内容に関しては今後の記事を通じてお伝えできればと思いますが、ザックリ説明しますと、ウガンダ国内の経済的に最も貧しい地域にて、公衆衛生を改善するプロジェクトに取り組んでいます。

対象地域の人々は、そのほとんどが日本円にして一日100円~200円で生活を送っています。いわゆる「絶対的貧困層」と呼ばれる人々です。

そのため、この公衆衛生プロジェクトは「ビジネス」ではなく「支援」という形式を取っており、現地の人たちからお金をもらうことはしません。というよりも、現実的に不可能です。プロジェクトの運営費には日本からの寄付金を充てています。

しかしながら、活動を継続するためには当然、私が生活していくための「収入」が必要になります。その収入をどのようにして得ているのかご説明します。

収入源は大きく6つ

ウガンダ首都カンパラにて

私の収入源は大きく分けて6つ存在します。それぞれ簡単に説明します。

ブログ

私が運営する「原貫太オフィシャルブログ」が一つの収入源です。この記事ではブログ収益の具体的な内容は割愛させてもらいますが、基本的には広告収入がそのほとんどを占めます。

ブログから収益を得る方法はこちらの記事でも詳しく解説していますので、関心ある方は参考にしてみてください。

ライター

STAGEを含めて、現在2つのWebメディアでライターの仕事をしています。原稿料という形で収入が得られます。

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?
仕事のパフォーマンスを上げる 持つべき資本家マインドセットとは

仕事のパフォーマンスを上げる 持つべき資本家マインドセットとは

お金と働き方に縛られない生き方が何かと賞賛されています。サラリーマンとして働いている場合、実生活においてどんなマインドを持っていけばいいのでしょうか。
中国で進む信用スコア社会とは|日本で普及する可能性は?

中国で進む信用スコア社会とは|日本で普及する可能性は?

「信用スコア」。日本ではまだ一般的ではありませんが、中国では、一説には信用スコアが低いと結婚もできないと言われるほど大きな影響を社会に及ぼしつつあります。世界で最も進んでいると言われる中国の信用スコア社会の実態、さらに日本での普及の可能性を考えてみましょう。
キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化社会を進めるために補助金を行政が用意している、というお話を耳にされた方は少なくないでしょう。既に起業された方も、これから起業を検討されている方も、クレジットカード決済を導入しない場合、ビジネスで損をする可能性が大きいことは知っておいた方が良いですね。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

原貫太 原貫太