2019年2月26日 更新

ダイエット習慣を身につける5つの方法 三日坊主はこれで卒業!

「ダイエットに成功して痩せたい!」そんな意気込みを持っている人は多いです。しかし、運動や食事制限をはじめても三日坊主で終わってしまうケースは少なくありません。そこで今回は、ダイエット習慣をつけるためにおすすめの方法を5つ解説していきます。

gettyimages (31796)

2019.2.26

1. 高すぎる目標を立てる

ダイエット習慣をつけるためには、まずは目標を立てることが大切です。しかし「3カ月で5kg痩せる」と言った目標の立て方で失敗するケースはたいへん多いです。
gettyimages (31795)

そこでおすすめするのが、高すぎると思われる目標を設定すること。たとえば「スーパーモデルの○○さんと同じサイズの服を着る」などです。一見不可能に思えるかもしれません。
しかし、これはコーチングの現場でも使われる手法で、三日坊主対策に有効な方法なのです。圧倒的に高い目標を設定することで、モチベーションの原動力となる深い情動に働きかけることができるためです。その結果、自然に運動や食事管理を続けられるでしょう。

2. ストレスをためない食事管理

食事管理は、ダイエットを成功させるために必須の項目です。しかし、ストレスがたまって続けられないという人も少なくありません。低カロリー料理を作ったり甘いものを我慢したりすることは、たしかに効果的でしょう。しかし、食欲という本能が邪魔して続かなくなる可能性も高いです。
gettyimages (31787)

ここでは、考え方を変えるだけでストレスを極力ためない食事管理をおすすめします。
そのやり方とは、食事制限をしない方法です。たとえば「ショートケーキを食べてはいけない」と考えるとストレスになります。そこで「おからクッキーとこんにゃくケーキの好きな方を選ぶことができる」と考えるのです。考え方を変えるだけでストレスは少なくなるため、自然とダイエット食を続けることができるでしょう。

3. 変化がわかりやすい運動に絞る

変化がわかりやすい運動に絞ることで、ダイエットは継続しやすくなります。たとえば有酸素運動ではウォーキングやジョギング、無酸素運動ではスクワットや腕立て伏せのように、脚や胸などの大きな筋肉を使った運動を行いましょう。
gettyimages (31784)

ダイエットの成果は、目で見えるようにすると良いです。体脂肪などは毎日決まった時間に計測して、数字とグラフにするとわかりやすいでしょう。また、見た目の変化は写真として残しておくと良いです。
ただし注意点があります。それは無酸素運動を取り入れた場合、筋トレによって筋肉量が増えるため、特に運動をはじめて間もない時期は体重も増える傾向にあることです。そのためモチベーションを低下させる体重の記録を排除し、体脂肪の変化だけに絞りましょう。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングは気分を高揚させてくれる一方で、散財してしまったという罪悪感にも悩まされるもの。 ところが、科学的にもショッピングには健康に寄与するさまざまな効能があることが証明されました。なぜ、ショッピングが健康に良いのでしょうか
高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

高血圧対策におすすめのエクササイズ 症状別に4つ解説

血圧が高めの時に「頭痛を感じる」「体が重くなる」「ふらつく」などの症状があらわれることはありませんか?このような時はエクササイズをすることで、症状を軽くするのと同時に血圧対策も行うことができます。そこで今回は、 症状別の高血圧対策を解説していきます。
逆立ちするだけの簡単エクササイズで美容と健康アップ!!

逆立ちするだけの簡単エクササイズで美容と健康アップ!!

「冷えや便秘が続いている」「気分が乗らない」など、心身の不調を感じていませんか?実は、逆立ちする習慣をつけることで、これらの改善が期待できるのです。そこで今回は、美容と健康に役立つ逆立ちエクササイズのやり方と期待できる効果について解説していきます。
健康寿命を延ばす生活習慣で活力あるビジネスライフを!

健康寿命を延ばす生活習慣で活力あるビジネスライフを!

年齢とともに、疲れやすくなったりやる気が出なくなったりしていませんか?このような時は、血流改善・運動・ストレス解消の習慣を取り入れることで、心と体の健康を保つことができます。 そこで今回は、健康寿命を延ばすためにぜひ取り入れたい生活習慣を紹介します。
30歳からはじめる!疲れにくい体を作る3つの習慣

30歳からはじめる!疲れにくい体を作る3つの習慣

30代に入って仕事の疲れが取れなくなってきた、40歳を過ぎたら趣味に打ち込む気力がなくなってきた、あなたもこのような悩みを持っていませんか?その裏には体に悪影響を及ぼす習慣が潜んでいる可能性があります。 そこで今回は、疲れにくい体を作るための3つの習慣をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座