2018年7月14日 更新

イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリア男といえば、典型的な女たらしであると同時にマザコンとしても世界的に有名です。お料理が上手でふっくらとした体型のイタリアンマンマ像と、そのマンマに頭が上がらないイタリア男、という構図は定番化しています。 実際の親子関係とは、どんなものなのでしょうか。

gettyimages (17482)

2018.7.14

長友選手が発した「アモーレ」は夫婦げんかの時にも使われる

gettyimages (17410)

インテルで活躍していたサッカーの長友選手が、婚約者のことを「アモーレ」と呼んだのは記憶に新しいところです。
イタリアではこの「アモーレ」という言葉は、家族や恋愛関係にある相手に頻々と使われており、大げさに言えば夫婦げんかの最中にも飛び出す言葉なのです。
「アモーレ」と並んで愛する相手を呼ぶ言葉には、「テゾーロ」があります。これは、「宝物」のこと。「愛する人」だの「宝物」だのと呼ばれて有頂天になっていると、けんかの最中にもこの呼び方をされて、結局のところ「君」とか「おまえ」あたりと同じ使われ方をしていると気づくのです。
しかし、生まれた時からこうした愛の言葉で呼ばれ続けることは、あまり愛の言葉をあからさまにしない日本と比べると心理的に何らかの相違が生まれるのは当然のことかもしれません。
「母」であることはなににも勝る免罪符であり、それこそ路上で息子を抱擁しキスをしようが、頬を撫でて愛しげに見つめようが、周囲の人も気にも留めません。
もともと、イタリアは人間同士の肉体的接触が多い国でもあり、日本人から見ると奇異に見えるほど老若男女問わず体を触れ合う習慣があることも確かです。
しかし、自分のパートナーがここまで母親に密着していることは、女性であれば誰でも不快になるのが当然。よってイタリアは、「嫁vs姑」のバトルも激しいことで知られているのです。

聖母信仰さかんなイタリアにおける「母」

gettyimages (17418)

キリスト教が国教のイタリアは、特に聖母信仰が強い国でもあります。プロテスタントの教えには聖母信仰がありませんが、バチカンを総本山とするカトリックにはイエス・キリストだけではなく、その母マリアも信仰の対象になるのです。
この聖母信仰は、歴史の中でしばしば「カルト」扱いされるほど熱く盛り上がることもありました。ミケランジェロが制作した「ピエタ」を思い出してください。
死せるイエス・キリストが、美しい母マリアに抱かれているあの姿を。あれは、イタリアだからこそ生まれた芸術なのかもしれません。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。
廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層による資産運用の世界的トレンドは、現在どのようになっているのでしょうか。日本では超低金利が続き、資産運用のポートフォリオにも頭を悩ませる方が少なくないはずです。今、世界の富裕層が何に注目して資産運用を行い、高いパフォーマンスを叩き出しているのか、参考になることもありそうです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子