2018年7月14日 更新

イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリア男といえば、典型的な女たらしであると同時にマザコンとしても世界的に有名です。お料理が上手でふっくらとした体型のイタリアンマンマ像と、そのマンマに頭が上がらないイタリア男、という構図は定番化しています。 実際の親子関係とは、どんなものなのでしょうか。

gettyimages (17482)

2018.7.14

長友選手が発した「アモーレ」は夫婦げんかの時にも使われる

gettyimages (17410)

インテルで活躍していたサッカーの長友選手が、婚約者のことを「アモーレ」と呼んだのは記憶に新しいところです。
イタリアではこの「アモーレ」という言葉は、家族や恋愛関係にある相手に頻々と使われており、大げさに言えば夫婦げんかの最中にも飛び出す言葉なのです。
「アモーレ」と並んで愛する相手を呼ぶ言葉には、「テゾーロ」があります。これは、「宝物」のこと。「愛する人」だの「宝物」だのと呼ばれて有頂天になっていると、けんかの最中にもこの呼び方をされて、結局のところ「君」とか「おまえ」あたりと同じ使われ方をしていると気づくのです。
しかし、生まれた時からこうした愛の言葉で呼ばれ続けることは、あまり愛の言葉をあからさまにしない日本と比べると心理的に何らかの相違が生まれるのは当然のことかもしれません。
「母」であることはなににも勝る免罪符であり、それこそ路上で息子を抱擁しキスをしようが、頬を撫でて愛しげに見つめようが、周囲の人も気にも留めません。
もともと、イタリアは人間同士の肉体的接触が多い国でもあり、日本人から見ると奇異に見えるほど老若男女問わず体を触れ合う習慣があることも確かです。
しかし、自分のパートナーがここまで母親に密着していることは、女性であれば誰でも不快になるのが当然。よってイタリアは、「嫁vs姑」のバトルも激しいことで知られているのです。

聖母信仰さかんなイタリアにおける「母」

gettyimages (17418)

キリスト教が国教のイタリアは、特に聖母信仰が強い国でもあります。プロテスタントの教えには聖母信仰がありませんが、バチカンを総本山とするカトリックにはイエス・キリストだけではなく、その母マリアも信仰の対象になるのです。
この聖母信仰は、歴史の中でしばしば「カルト」扱いされるほど熱く盛り上がることもありました。ミケランジェロが制作した「ピエタ」を思い出してください。
死せるイエス・キリストが、美しい母マリアに抱かれているあの姿を。あれは、イタリアだからこそ生まれた芸術なのかもしれません。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子