2018年7月14日 更新

イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリア男といえば、典型的な女たらしであると同時にマザコンとしても世界的に有名です。お料理が上手でふっくらとした体型のイタリアンマンマ像と、そのマンマに頭が上がらないイタリア男、という構図は定番化しています。 実際の親子関係とは、どんなものなのでしょうか。

gettyimages (17482)

2018.7.14

長友選手が発した「アモーレ」は夫婦げんかの時にも使われる

gettyimages (17410)

インテルで活躍していたサッカーの長友選手が、婚約者のことを「アモーレ」と呼んだのは記憶に新しいところです。
イタリアではこの「アモーレ」という言葉は、家族や恋愛関係にある相手に頻々と使われており、大げさに言えば夫婦げんかの最中にも飛び出す言葉なのです。
「アモーレ」と並んで愛する相手を呼ぶ言葉には、「テゾーロ」があります。これは、「宝物」のこと。「愛する人」だの「宝物」だのと呼ばれて有頂天になっていると、けんかの最中にもこの呼び方をされて、結局のところ「君」とか「おまえ」あたりと同じ使われ方をしていると気づくのです。
しかし、生まれた時からこうした愛の言葉で呼ばれ続けることは、あまり愛の言葉をあからさまにしない日本と比べると心理的に何らかの相違が生まれるのは当然のことかもしれません。
「母」であることはなににも勝る免罪符であり、それこそ路上で息子を抱擁しキスをしようが、頬を撫でて愛しげに見つめようが、周囲の人も気にも留めません。
もともと、イタリアは人間同士の肉体的接触が多い国でもあり、日本人から見ると奇異に見えるほど老若男女問わず体を触れ合う習慣があることも確かです。
しかし、自分のパートナーがここまで母親に密着していることは、女性であれば誰でも不快になるのが当然。よってイタリアは、「嫁vs姑」のバトルも激しいことで知られているのです。

聖母信仰さかんなイタリアにおける「母」

gettyimages (17418)

キリスト教が国教のイタリアは、特に聖母信仰が強い国でもあります。プロテスタントの教えには聖母信仰がありませんが、バチカンを総本山とするカトリックにはイエス・キリストだけではなく、その母マリアも信仰の対象になるのです。
この聖母信仰は、歴史の中でしばしば「カルト」扱いされるほど熱く盛り上がることもありました。ミケランジェロが制作した「ピエタ」を思い出してください。
死せるイエス・キリストが、美しい母マリアに抱かれているあの姿を。あれは、イタリアだからこそ生まれた芸術なのかもしれません。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

2019年10月20日という日は、日本ラグビー界にとって間違いなく記憶される日になるでしょう。そうです、この日は、9回目のW杯出場で初の準々決勝。しかも、前回大会で勝利をしている南アフリカ戦。日本中の期待が高まりましたが、結果は善戦したものの3−26で敗れました。しかし、今回のベスト8入りで日本代表BRAVE BLOSSOMSは大きな財産を得ました。その財産とは。
秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋になったら見逃せないのが紅葉狩り。紅葉の美しいところは数ありますが、今年は小京都と呼ばれる京都に似た佇まいを持つ所を訪ね、紅葉を楽しんでみるのはどうでしょう。日本全国から選んだ小京都紅葉スポットと本場京都の紅葉をご紹介します。
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子