2019年5月23日 更新

カフェとは違うの?コワーキングスペースで働く3つのメリット

「コワーキングスペース」という名前を聞いたことはあるけれど、どんなところか分からない、利用してみたいけど仕組みが分からない、という方も多いのではないでしょうか?そんなあなたに、最近のコワーキングスペースについてご紹介します。

gettyimages (38388)

2019.5.23
近年、コワーキングスペースが増えてきています。都内だけでもざっと300店舗以上のコワーキングスペースがあり(*1)、リモートワークを推奨する政府の働き方改革の流れを見ても、今後さらに増えることが予想されます。
*1:CBRE「ジャパンメジャーレポート - コワーキングオフィス 2018年9月」
https://www.cbre.co.jp/ja-jp/research-reports/201890

オフィス利用とドロップイン利用

コワーキングスペースの名前の由来は「Co」+「Working」、Coは「共同」の意で、コワーキングスペースは「共同で仕事をする場所」という意味です。まだ新しいサービスのためこれといった定義はありませんが、「事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す(出展:Wikipedia)」とあります。シェアハウスのオフィス版といったイメージです。
コワーキングスペースには、「月額制」のプランと、使いたい時だけ使う「ドロップイン」と呼ばれるプランの2つのタイプがあります。前者の月額制はオフィスとして会社登記ができたり専用デスクを設けられたりしますので、フリーランスやスタートアップなど一部の方には利便性が高いのですが、多くの方にはドロップインでの利用がおすすめです。
gettyimages (38384)

コワーキングスペースは、Wi-Fiや電源が使い放題なのはもちろんのこと、モニターやホワイトボードの貸し出しがあったり、各施設ごとにサービスは様々で、おしゃれで素敵なスペースが多いのが特徴です。もともと月額制のオフィス利用が主で始まったサービスですが、最近では世界的に見てもドロップインが増えてきており、業界大手のWeWork(ウィーワーク)が中国でWeWork Goというドロップイン専用のサービスを展開し、某大手カフェチェーンへの巻き返しを図っています。
私自身も以前はカフェで原稿を書いており、そこに不満はなかったのですが、実際にコワーキングスペースを使ってみたら、もうカフェには戻れないと感じています。以前の私と同様に某カフェチェーンで仕事をしている方達が、いますぐドロップイン利用でコワーキングスペースに行くべき3つの理由をお伝えします。

カフェにはない3つのドロップインのメリット

メリット①静かで集中できる環境がある

gettyimages (38390)

コワーキングスペースとカフェの最大の違いの一つは「集中できる環境があること」だと言えるでしょう。カフェは放課後を楽しむ学生、デートをするカップル、女子会をするOLなど、「おしゃべりを楽しむ」という目的の方が多いように思います。その点、コワーキングスペースは仕事をしたり作業をしたりする利用者が多いので、静かなことがほとんどです。私自身がコワーキングスペースを利用していて出会ったのは、仕事をするサラリーマン、テスト勉強をする学生、執筆する漫画家などで、一部ミーティングをしているグループもありますが、これまでうるさいと思ったことは一度もありません。
自宅ならコストもかからず作業をできるのでしょうが、家族がいて集中できなかったり、テレビの誘惑があったりと、なかなか進まないことがほとんどです。周りが集中している環境に身を置くとなぜか自分の作業も進む、という経験はありませんか?カフェではうるさいと感じる、自宅では集中できない、そんなあなたは今すぐコワーキングスペースへ行ってみてください。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

一日二日では終わらない仕事。たとえば、原稿を締め切りまでに仕上げるといった中長期の仕事を管理するツールで思い浮かぶのは、カレンダーという人が多いのではないでしょうか。 今回は、タスク管理ツールでは珍しい、カレンダー表示機能のタスク管理ツール「Asana(アサナ)」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フクチメグミ フクチメグミ