2019年10月18日 更新

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

gettyimages (48266)

2019.10.3

富裕層には都心部の高級賃貸マンションが人気?

gettyimages (48270)

富裕層が賃貸物件に住まうことは、従来はイメージし難いものだったのかも知れません。
しかし、昨今の富裕層は、利便性を大切にしたり、ライフスタイルの変化に柔軟に対応したりする目的で、都心部の高級賃貸マンションに住まう選択をする方も少なくありません。富裕層向け高級賃貸マンションは、「レジデンス」や「サービス・アパートメント」などと呼ばれるケースが多くなっています。
例を挙げれば、住友不動産が手掛ける高級賃貸マンションの「ラ・トゥールシリーズ」などは、渋谷区・代官山や代々木上原、新宿新都心など都心部の一等地を中心に展開中です。外国語にも対応可能なマンション・コンェルジェが24時間365日常駐し、警備も手厚く、都心部に住まう富裕層のニーズにアピールしています。また、三井不動産が2007年に港区・六本木に誕生させた「東京ミッドタウン」には、3つの高級賃貸マンションが附属していますね。
「オークウッドプレミア東京ミッドタウン」や「ザ・パーク・レジデンシィズ・アット・ザ・リッツ・カールトン東京」、そして「東京ミッドタウン・レジデンシィズ」がそれです。いずれも、フィットネスジムの完備や、24時間対応のコンシェルジェサービスの提供などは大前提です。言わずもがな、2003年にオープンした「六本木ヒルズレジデンス」などは、富裕層向け高級賃貸マンションの老舗格と言っても良いでしょう。
この手の富裕層向け高級賃貸マンションの1カ月当たりの賃料は、100万~200万円程度が中心です。
敷金や前家賃、各種手数料などを加えた初期費用の総額は、1,000万円程度にもなることも珍しくありません。不動産投資用のワンルームマンションが、都心の一等地物件でも優に購入できてしまう金額ですね。

富裕層向けの都心部の高級賃貸マンションの部屋はどんな感じ?

gettyimages (48267)

富裕層向けの都心部の高級賃貸マンションであれば、専有面積200~300㎡あたりが一般的で、家具・家電付き物件も少なくありません。LDKは30~40畳程度、マスターベッドルームは20~30畳程度、子供用・来客用のベッドルームは10~15畳程度で2~3室、バスルームも2~3室、これにサービスルームやランドリールームが付く感じの物件が主流のようです。
日本人富裕層の他、欧米圏などから東京に赴任して来る、グローバル企業の幹部クラスの家族をターゲットにした物件も少なくないため、家族人数の割にベッドルームやバスルームの数が多く、日本では馴染みがないランドリールームなども用意される高級賃貸マンションが多くなっているのです。いずれも、天井が日本の一般層向けマンションよりも高く取られ、開放感がある空間となっているのが特徴です。
窓から見える景観にもコダワリを持って設計されているケースが多く、窓を開けて眼の前が隣のビルの壁、などと言う富裕層向け高級賃貸マンションはあり得ませんね。高級ホテルのスイートルームをイメージしていただくと、富裕層向け高級賃貸マンションの室内の雰囲気を掴みやすいでしょう。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部