2018年12月3日 更新

お嬢様ことばで「すみません」は使わない—その「すみません」はどんな意味?

遠い世界のように感じる「お嬢さまことば」。しかし私達が学ぶべき点も多々あります。たとえば何かと便利な「すみません」は、意味が文脈に大きく依存し相手に対する配慮を欠いているため、お嬢さまには禁句なのだとか。お嬢さまことばを通して普段の言語感覚を見つめ直してみませんか。

gettyimages (15883)

2018.6.12

便利な多義語の落とし穴

gettyimages (15891)

どこか遠い世界のように感じる「お嬢さまことば」。その独特な言い回しに惹かれるのか、1995年に発行されるも廃刊になった『お嬢さまことば速習講座』が、読者の要望に応え改訂版として復刊されました。興味本位で開いてみると、私達の言葉遣いについて示唆に富んだ提言が数多くなされています。
私達一般人の世界で多用される便利な多義語として近年真っ先に思い浮かぶのは、「ヤバい」。10代〜20代の若者の会話に頻繁に登場しますが,意味は肯定的表現から否定的表現まで実に様々です。「すばらしい」「美しい」「見るに堪えない」「おいしい」「まずい」「かっこいい(かわいい)」「都合が悪い」などが「ヤバい」の一言になってしまうのです。あまりに意味が多くて、時に「とにかく肯定的または否定的意味合いで何かの程度が高いらしい」ということしか伝わってこないことも。一言で済ませてしまうがゆえに、多様な語を使い分ければ生じないであろう混乱が生じてしまうのです。
しかし、実は大人もある多義的な言葉を多用しすぎています。それは、「すみません」という言葉。驚くべきことに、お嬢さまは滅多に「すみません」とは言わないのだそうです。

多用しがちな「すみません」の功罪

gettyimages (15925)

お嬢さまが「すみません」をほとんど用いない理由は、この言葉の功罪を考えた場合の「罪」にあります。
まず「すみません」の「功」は、第一に多義的な言葉であるがゆえに多様な場面で役立つことです。人に呼びかける時も感謝を表現する時も謝罪をする時も、とりあえず「すみません」と言っておけば相手が文脈に合わせて(あるいは相手の都合の良いように)解釈してくれるのです。
ところが、この多義性こそが「すみません」の「罪」。落とし物を拾ってもらって「すみません」と言われた場合は感謝なのか手数をかけた謝罪なのかわかりません。ただ道ですれ違っただけの相手に「すみません」と言われたら、呼びかけなのか何かの謝罪なのかわからないこともあります。相手に解釈する負担を強いるという点で、相手への配慮を欠いた物言いなのです。
そこで、お嬢さまことばでは「すみません」の代わりに次のように表現します。

●呼びかけ
 ✓ 「よろしいですか」「お願いできますか」
●謝罪
 ✓ 「申し訳ございません」「失礼いたしました」
●感謝
 ✓ 「恐れ入ります」「ありがとう(ございます)」「ありがたく頂戴いたします」
gettyimages (15924)

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

令和になって1カ月半が過ぎましたね。新しい時代を記念して結婚するカップルも増えているようです。そこでご紹介したいのがロマンチックなギリシャ「エーゲ海」の旅。7月・8月は気候が良くベストシーズンです。カップルで一度は行って見たい観光スポット!その魅力に迫ります。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

FRBのパウエル議長の基本的なスタンスは、FOMC後の記者会見のたびに述べられています。
アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

収入源を多様化させることによって、長期的な視点での「安定」を築くことができる-。フリーランス国際協力師として日本・アフリカで働く筆者が、これからの時代に必要な「収入源」の話をします。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座