2018年6月12日 更新

お嬢様ことばでは「すみません」は使わない——その「すみません」はどんな意味?

遠い世界のように感じる「お嬢さまことば」。しかし私達が学ぶべき点も多々あります。たとえば何かと便利な「すみません」は、意味が文脈に大きく依存し相手に対する配慮を欠いているため、お嬢さまには禁句なのだとか。お嬢さまことばを通して普段の言語感覚を見つめ直してみませんか。

gettyimages (15883)

2018.6.12

便利な多義語の落とし穴

gettyimages (15891)

どこか遠い世界のように感じる「お嬢さまことば」。その独特な言い回しに惹かれるのか、1995年に発行されるも廃刊になった『お嬢さまことば速習講座』が、読者の要望に応え改訂版として復刊されました。興味本位で開いてみると、私達の言葉遣いについて示唆に富んだ提言が数多くなされています。
私達一般人の世界で多用される便利な多義語として近年真っ先に思い浮かぶのは、「ヤバい」。10代〜20代の若者の会話に頻繁に登場しますが,意味は肯定的表現から否定的表現まで実に様々です。「すばらしい」「美しい」「見るに堪えない」「おいしい」「まずい」「かっこいい(かわいい)」「都合が悪い」などが「ヤバい」の一言になってしまうのです。あまりに意味が多くて、時に「とにかく肯定的または否定的意味合いで何かの程度が高いらしい」ということしか伝わってこないことも。一言で済ませてしまうがゆえに、多様な語を使い分ければ生じないであろう混乱が生じてしまうのです。
しかし、実は大人もある多義的な言葉を多用しすぎています。それは、「すみません」という言葉。驚くべきことに、お嬢さまは滅多に「すみません」とは言わないのだそうです。

多用しがちな「すみません」の功罪

gettyimages (15925)

お嬢さまが「すみません」をほとんど用いない理由は、この言葉の功罪を考えた場合の「罪」にあります。
まず「すみません」の「功」は、第一に多義的な言葉であるがゆえに多様な場面で役立つことです。人に呼びかける時も感謝を表現する時も謝罪をする時も、とりあえず「すみません」と言っておけば相手が文脈に合わせて(あるいは相手の都合の良いように)解釈してくれるのです。
ところが、この多義性こそが「すみません」の「罪」。落とし物を拾ってもらって「すみません」と言われた場合は感謝なのか手数をかけた謝罪なのかわかりません。ただ道ですれ違っただけの相手に「すみません」と言われたら、呼びかけなのか何かの謝罪なのかわからないこともあります。相手に解釈する負担を強いるという点で、相手への配慮を欠いた物言いなのです。
そこで、お嬢さまことばでは「すみません」の代わりに次のように表現します。

●呼びかけ
 ✓ 「よろしいですか」「お願いできますか」
●謝罪
 ✓ 「申し訳ございません」「失礼いたしました」
●感謝
 ✓ 「恐れ入ります」「ありがとう(ございます)」「ありがたく頂戴いたします」
gettyimages (15924)

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

「言葉」をうまく使えたらビジネスでの発信力も上げられる―。今最も活躍するウェブライターやコピーライターが講師を務めるオンラインサロン「明日のライターゼミ」は、現役ライターやその卵だけでなく、企業のPR担当者や一般の会社員など、幅広い層から注目を集めています。自身も輝かしいクリエイティブの実績を持つゼミ主催者 西島知宏氏がオンラインサロンを開いたのはなぜか。ビジネスとクリエイティブの境界が重なりつつある今、ビジネスパーソンにも注目のライター論をお届けします。
〈藤原美智子〉「お金とは、生き方である」

〈藤原美智子〉「お金とは、生き方である」

さまざまなモデルの新たな魅力を引き出し、常に最前線で活躍するヘア・メイクアップアーティスト藤原美智子さん。自らも美しく歳を重ねていく様を体現されていて、そのライフスタイルは世の女性たちの憧れとなっています。人生を美しく、幸せに生きるために必要なこととは。藤原さんに伺いしました。
〈藤田雄大〉「お金とは、気球のために使うもの」

〈藤田雄大〉「お金とは、気球のために使うもの」

バルーンニストの藤田雄大さん。18歳で熱気球パイロットライセンスを取得。2007年、立教大学在学時に挑んだ日本選手権では、初挑戦ながら2位を獲得。その後も飛躍的な成長を遂げ、そして2014年ブラジルで開催された世界選手権で日本人初となる優勝を果たしました。
人生100年時代に注目される農業✕テクノロジー「アグリテック」とは?

人生100年時代に注目される農業✕テクノロジー「アグリテック」とは?

田舎暮らしに憧れ、いつかリタイアしたら家庭菜園をやってみよう…と思っている人も少なくないようです。 その一方で、既存の農家は存亡の危機です。重労働に加え、収入の不安定さなどの理由から後継者がいなくなり、外国人の労働力に頼る農家が増えています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座