2018年12月2日 更新

日本に100%キャッシュレスな社会は来るのか

初のキャッシュレスレストラン「GATHERING TABLE PANTRY」。オーダーはタブレット、決済はお店のスマホでというスマートぶり。クレカで割り勘もでき「あくまでもキャッシュレス!」を貫いたお店ですが、キャッシュレスが目的のお客は少ないそう。キャッシュレス化は日本で成功するのでしょうか?

gettyimages (26050)

2018.12.2

100%キャッシュレスな世界はくるのか

gettyimages (26056)

経済産業省が2018年4月には発表した「キャッシュレス・ビジョン」から、主要国のキャッシュレス比率を引用します。これによるとキャッシュレス比率の高い国ランキングは以下の通りです。
1位 韓国 89%
2位 中国 60%
7位 米国 45%
これに対し、日本はわずか18%に留まっています。
2018年4月、経済産業省が「キャッシュレス決済の比率を、2025年には今の2倍である40%に拡大し、将来的には80%を目指す」と発表しました。日本人は「現金崇拝」だといわれますが、その背景には何があるのでしょうか。海外と違ってキャッシュレスが浸透しない原因は何でしょうか。
日本人は「現金崇拝している」と皮肉るホリエモンが、ひろゆきとウェブログ「HORIEMON.COM」でキャッシュレスについて対談しています。海外のキャッシュレス事情や日本の後発ぶりについてのコメントを拾いました。
―ひろゆきのコメント「2016年の日本の電子マネーの決済額が5兆円を突破した」に対して
“てか、「たったの5兆円」って感じ。だって、この前アメリカに行ったときは、一度も現金を使わなかったから。そういう体験をすると、日本の体たらくぶりが目に余るよ。”
―ひろゆきの「日本人はクレカ決済するとレジでもたもたすると気を遣う」に対して
“でも、アメリカとか韓国のコンビニでは、クレジットカードでもすぐに決済が終わるよね。少額だとサインもいらないし、むしろ小銭を数えるほうが時間はかかるから。”
対談の中で、二人は日本がキャッシュレス社会になりにくい理由を挙げています。
・コンビニなどで決済に時間がかかりすぎる
・キャッシュレスだと浪費すると考える人が多い
現金払いはお金が管理できて良いという考え方は多数派かもしれません。対してホリエモンは現金払いしてポイントが加算されない方が損失、と指摘しています。

海外のキャッシュレス事情に驚愕

gettyimages (26060)

「キャッシュレス・ビジョン」は、スウェーデンや韓国、中国などで行われたキャッシュレス化推進策を紹介しています。
【スウェーデン】
2007年3月
公共交通機関をキャッシュレス化

2010~2012年
500の金融機関店舗をキャッシュレス化
900台のATMを撤去
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部