2018年12月2日 更新

日本に100%キャッシュレスな社会は来るのか

初のキャッシュレスレストラン「GATHERING TABLE PANTRY」。オーダーはタブレット、決済はお店のスマホでというスマートぶり。クレカで割り勘もでき「あくまでもキャッシュレス!」を貫いたお店ですが、キャッシュレスが目的のお客は少ないそう。キャッシュレス化は日本で成功するのでしょうか?

gettyimages (26050)

2018.12.2

100%キャッシュレスな世界はくるのか

gettyimages (26056)

経済産業省が2018年4月には発表した「キャッシュレス・ビジョン」から、主要国のキャッシュレス比率を引用します。これによるとキャッシュレス比率の高い国ランキングは以下の通りです。
1位 韓国 89%
2位 中国 60%
7位 米国 45%
これに対し、日本はわずか18%に留まっています。
2018年4月、経済産業省が「キャッシュレス決済の比率を、2025年には今の2倍である40%に拡大し、将来的には80%を目指す」と発表しました。日本人は「現金崇拝」だといわれますが、その背景には何があるのでしょうか。海外と違ってキャッシュレスが浸透しない原因は何でしょうか。
日本人は「現金崇拝している」と皮肉るホリエモンが、ひろゆきとウェブログ「HORIEMON.COM」でキャッシュレスについて対談しています。海外のキャッシュレス事情や日本の後発ぶりについてのコメントを拾いました。
―ひろゆきのコメント「2016年の日本の電子マネーの決済額が5兆円を突破した」に対して
“てか、「たったの5兆円」って感じ。だって、この前アメリカに行ったときは、一度も現金を使わなかったから。そういう体験をすると、日本の体たらくぶりが目に余るよ。”
―ひろゆきの「日本人はクレカ決済するとレジでもたもたすると気を遣う」に対して
“でも、アメリカとか韓国のコンビニでは、クレジットカードでもすぐに決済が終わるよね。少額だとサインもいらないし、むしろ小銭を数えるほうが時間はかかるから。”
対談の中で、二人は日本がキャッシュレス社会になりにくい理由を挙げています。
・コンビニなどで決済に時間がかかりすぎる
・キャッシュレスだと浪費すると考える人が多い
現金払いはお金が管理できて良いという考え方は多数派かもしれません。対してホリエモンは現金払いしてポイントが加算されない方が損失、と指摘しています。

海外のキャッシュレス事情に驚愕

gettyimages (26060)

「キャッシュレス・ビジョン」は、スウェーデンや韓国、中国などで行われたキャッシュレス化推進策を紹介しています。
【スウェーデン】
2007年3月
公共交通機関をキャッシュレス化

2010~2012年
500の金融機関店舗をキャッシュレス化
900台のATMを撤去
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
キャッシュレスで税金が払える!メリットや注意点はある?

キャッシュレスで税金が払える!メリットや注意点はある?

税金の支払いと言えば、現金が一般的でした。しかし、2017年から国税をクレジットカードで支払いできるようになり、地方税もキャッシュレスで支払うことができる自治体が増えています。今回は、キャッシュレスでの地方税の支払い方法、メリットや注意点を詳しくお伝えします。
お金 |
不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
金価格が示す市場心理

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部