2018年12月2日 更新

日本に100%キャッシュレスな社会は来るのか

初のキャッシュレスレストラン「GATHERING TABLE PANTRY」。オーダーはタブレット、決済はお店のスマホでというスマートぶり。クレカで割り勘もでき「あくまでもキャッシュレス!」を貫いたお店ですが、キャッシュレスが目的のお客は少ないそう。キャッシュレス化は日本で成功するのでしょうか?

gettyimages (26050)

2018.12.2

100%キャッシュレスな世界はくるのか

gettyimages (26056)

経済産業省が2018年4月には発表した「キャッシュレス・ビジョン」から、主要国のキャッシュレス比率を引用します。これによるとキャッシュレス比率の高い国ランキングは以下の通りです。
1位 韓国 89%
2位 中国 60%
7位 米国 45%
これに対し、日本はわずか18%に留まっています。
2018年4月、経済産業省が「キャッシュレス決済の比率を、2025年には今の2倍である40%に拡大し、将来的には80%を目指す」と発表しました。日本人は「現金崇拝」だといわれますが、その背景には何があるのでしょうか。海外と違ってキャッシュレスが浸透しない原因は何でしょうか。
日本人は「現金崇拝している」と皮肉るホリエモンが、ひろゆきとウェブログ「HORIEMON.COM」でキャッシュレスについて対談しています。海外のキャッシュレス事情や日本の後発ぶりについてのコメントを拾いました。
―ひろゆきのコメント「2016年の日本の電子マネーの決済額が5兆円を突破した」に対して
“てか、「たったの5兆円」って感じ。だって、この前アメリカに行ったときは、一度も現金を使わなかったから。そういう体験をすると、日本の体たらくぶりが目に余るよ。”
―ひろゆきの「日本人はクレカ決済するとレジでもたもたすると気を遣う」に対して
“でも、アメリカとか韓国のコンビニでは、クレジットカードでもすぐに決済が終わるよね。少額だとサインもいらないし、むしろ小銭を数えるほうが時間はかかるから。”
対談の中で、二人は日本がキャッシュレス社会になりにくい理由を挙げています。
・コンビニなどで決済に時間がかかりすぎる
・キャッシュレスだと浪費すると考える人が多い
現金払いはお金が管理できて良いという考え方は多数派かもしれません。対してホリエモンは現金払いしてポイントが加算されない方が損失、と指摘しています。

海外のキャッシュレス事情に驚愕

gettyimages (26060)

「キャッシュレス・ビジョン」は、スウェーデンや韓国、中国などで行われたキャッシュレス化推進策を紹介しています。
【スウェーデン】
2007年3月
公共交通機関をキャッシュレス化

2010~2012年
500の金融機関店舗をキャッシュレス化
900台のATMを撤去
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |
Facebookの仮想通貨「Libra」はどうなる!?

Facebookの仮想通貨「Libra」はどうなる!?

Facebookは6月18日、独自の仮想通貨「Libra」を2020年に発行する予定だと発表しましたが、その後世界中からの注目と共に、懸念や批判など厳しい声が相次いでいます。 さて、今後Libraはどう展開していくのでしょうか?
お金 |
起業家を助ける「エンジェル投資家」はどこにいる?探し方や注意点は

起業家を助ける「エンジェル投資家」はどこにいる?探し方や注意点は

資金を出して起業志望者を手助けする「エンジェル投資家」はどこにいるのでしょうか?どこを探せば見つかるのでしょうか?もし見つかって「資金を出すよ」と言われても、それが本当に信用できる人物なのかどうか、どう判断すればいいのでしょうか?
お金 |
孤独が人を滅ぼす?

孤独が人を滅ぼす?

経済コラムニストの大江英樹氏は、著書「定年楽園」で、定年後の最大の不安は、孤独になること、と書かれています。 その本を初めて読んだ時、僕は老後を乗り切るのはやっぱりお金でしょ、なんて考えていたので、孤独?と多少疑問に思いました。
経済 |
世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

最近の経済指標を見ていると世界的な景気の減速傾向が確認できます。そのため、各国の中央銀行より金融緩和を進める発言や、実際にいくつかの国においては緩和策(利下げなど)が採用されています。ところで、金融緩和策の打つ手が限られている日本円の今後の見通しはいかに。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部