2020年1月28日 更新

時間を増やす2つの方法|自分らしく生きるための人生設計

人生を楽しく生きるための時間をどう活用するか。そのために必要な時間を考え、設計することが「タイムデザイン」です。重要なのは、自分自身でコントロール可能な時間がどれだけあるのかを知ること。第3回目は「時間をデザインする」です。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)

gettyimages (50141)

2019.11.25

タイムデザインを極める

gettyimages (50159)

私たちの多くは、
「もっと自由な時間が増えたらなぁ」
「もっと時間があれば友達と楽しめるのになぁ」
などと、日々考えていることと思います。
アメリカの行動経済学者にしてノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマンは、
「人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない」と言っていますが、当然それは誰もが理解していることであり、上手に活用したいとも思っています。
しかし、それを行う判断基準がなく、かつ手段を知らない、ということが一番大きな課題になっています。
日々の生活の中の優先順位を考えるときも、残業してでも仕事を優先するのか、友達との食事の約束を優先するのか、もしくは週末は英語の勉強をしなければいけないのに、友達との旅行を優先してしまう、など迷ってしまうことがあります。
そこでタイムデザインが必要になります。
タイムデザインとは、タイム(時間)をデザイン(設計)するということです。
近年、各大学ではライフデザイン学科という学科を設置するところも増え、その内容は食や福祉、レジャーに関するものなど多岐にわたりますが、全てが「人生をどのように楽しく生きるのか、その人生設計」のようなものだと思います。
タイムデザインも、まさに「自分の人生をどう楽しく、活き活きと生きて行くのか。そのための時間の考え方、またその設計」を表しています。
時間をデザインする、つまりタイムデザインのすすめです。
人生をデザインする、というと難しそうに聞こえるかもしれません。
しかし、自分の人生をどうしたいか、どう生きたいかという大枠をデザインして俯瞰してみると、10年単位、1年単位、1週間単位で何をすればいいかを「見える化」することができます。
タイムデザインをするために重要なことは、まずはじめに「自分自身でコントロール可能な時間を、どれだけ持っているのか」を知ることです。
日常生活の中で、コントロール可能なものなのか、不可能なものなのかということは、自身でなければわからないと思いますが、一つの判断基準として、ぼーっとしていても誰からも何も言われない時間がコントロール可能な時間だと考えるとわかりやすいかと思います。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「自由な時間」について考える|人生が変わるタイムデザイン

「自由な時間」について考える|人生が変わるタイムデザイン

時間とはなにか。投資家・経営者として「有限な時間」をどう使うか徹底的に考え抜いてきた事をこの連載でお伝えします。目標は時間にしばられないライフスタイルをデザインすること。第1回目は「自分の時間と自由について」です。 (泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
自分の長所に「時間を投資」して社会的な価値を高める

自分の長所に「時間を投資」して社会的な価値を高める

自分の長所を集中的に伸ばすのが時間的価値を高めるには有効です。また、得意なところを伸ばすだけでなく「自分の能力が社会にどう必要とされているのか」を客観的に見つめなおし、考えることも大切です。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
楽しく能力を上げる!好きなことを仕事にして自分の武器を磨く

楽しく能力を上げる!好きなことを仕事にして自分の武器を磨く

好きな仕事で楽しく仕事がしたい──誰もがそう思っていると思います。好きなことに熱中することで時間は濃密になり、結果よい仕事につながります。そこに磨きをかけていくと楽しく能力を上げることができ、優位性として育つ才能となることは間違いありません。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
時間はお金で買える|自由な時間を増やすためにできることとは?

時間はお金で買える|自由な時間を増やすためにできることとは?

時間は売るだけではなく、買うこともできます。1日24時間という物理的な時間は変わりませんが、人にお願いしたり頼んだりすることによって、自分の自由な時間が増え、さらに自分の時間をより高いお金と交換できるようになります。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
時間の使い方が上手な人がやっている時間効率の高め方とは?

時間の使い方が上手な人がやっている時間効率の高め方とは?

同じ仕事量をしながら、時間がないと言っている人と、涼しい顔をしている人がいます。この違いはなんでしょうか? 時間の使い方が上手な人は時間を長期のスパンで見ていて、効率化できる部分を上手くコントロールしているのです。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉正人 | ファイナンシャルアカデミー 泉正人 | ファイナンシャルアカデミー
お金の教養講座

ファイナンシャルアカデミー公式SNS