2019年11月25日 更新

時間を増やす2つの方法|自分らしく生きるための人生設計

人生を楽しく生きるための時間をどう活用するか。そのために必要な時間を考え、設計することが「タイムデザイン」です。重要なのは、自分自身でコントロール可能な時間がどれだけあるのかを知ること。第3回目は「時間をデザインする」です。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)

gettyimages (50141)

2019.11.25

タイムデザインを極める

gettyimages (50159)

私たちの多くは、
「もっと自由な時間が増えたらなぁ」
「もっと時間があれば友達と楽しめるのになぁ」
などと、日々考えていることと思います。
アメリカの行動経済学者にしてノーベル経済学賞受賞者のダニエル・カーネマンは、
「人は多くの時間を無駄にしている。誰もが、時間など無限にあるかのように振る舞っているが、実際には時間こそ限りある資源であり、人はそれを上手に活用していない」と言っていますが、当然それは誰もが理解していることであり、上手に活用したいとも思っています。
しかし、それを行う判断基準がなく、かつ手段を知らない、ということが一番大きな課題になっています。
日々の生活の中の優先順位を考えるときも、残業してでも仕事を優先するのか、友達との食事の約束を優先するのか、もしくは週末は英語の勉強をしなければいけないのに、友達との旅行を優先してしまう、など迷ってしまうことがあります。
そこでタイムデザインが必要になります。
タイムデザインとは、タイム(時間)をデザイン(設計)するということです。
近年、各大学ではライフデザイン学科というとう学科を設置するところも増え、その内容な食や福祉、レジャーに関するものなど多岐にわたりますが、全てが「人生をどのように楽しく生きるのか、その人生設計」のようなものだと思います。
タイムデザインも、まさに「自分の人生をどう楽しく、活き活きと生きて行くのか。そのための時間の考え方、またその設計」を表しています。
時間をデザインする、つまりタイムデザインのすすめです。
人生をデザインする、というと難しそうに聞こえるかもしれません。
しかし、自分の人生をどうしたいか、どう生きたいかという大枠をデザインして俯瞰してみると、10年単位、1年単位、1週間単位で何をすればいいかを「見える化」することができます。
タイムデザインをするために重要なことは、まずはじめに「自分自身でコントロール可能な時間を、どれだけ持っているのか」を知ることです。
日常生活の中で、コントロール可能なものなのか、不可能なものなのかということは、自身でなければわからないと思いますが、一つの判断基準として、ぼーっとしていても誰からも何も言われない時間がコントロール可能な時間だと考えるとわかりやすいかと思います。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

時間の価値とは何か?自分でコントロールできる時間とできない時間

時間の価値とは何か?自分でコントロールできる時間とできない時間

お金と時間──この2つが、私たちが自由で幸せに生きるためのカギだと思います。仕事や家事で忙しくても、楽しむ時間を自分で作り出すことで人生は豊かになります。無形財産である時間について考える連載第2回は「時間の価値について」です。 (泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
「自由な時間」について考える|人生が変わるタイムデザイン

「自由な時間」について考える|人生が変わるタイムデザイン

時間とはなにか。投資家・経営者として「有限な時間」をどう使うか徹底的に考え抜いてきた事をこの連載でお伝えします。目標は時間にしばられないライフスタイルをデザインすること。第1回目は「自分の時間と自由について」です。 (泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
流される力(最終回)思考を循環させていく

流される力(最終回)思考を循環させていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より抜粋。
流される力(31)「我」を磨けば個性に変わる

流される力(31)「我」を磨けば個性に変わる

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より抜粋。
流される力(31)自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

流される力(31)自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より抜粋。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉正人 | ファイナンシャルアカデミー 泉正人 | ファイナンシャルアカデミー