2019年8月19日 更新

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。

2019.8.19

1 タスク管理とは?業務効率化のために必要な理由

まず最初にタスク管理とはどのようなものかを説明します。

1-1 タスク管理とは

タスクとは作業や仕事といった意味があります。そしてそのタスクを管理するとは、作業や仕事の進め方を効率よくしたり、順序を入れ替えてスムーズに進めたりすることを意味します。(※1)

つまりタスク管理とは、同じ作業や仕事をより少ない時間と労力で遂行できるようにすることとなります。

1-2 タスク管理をする目的

タスク管理をする目的はふたつあります。まずは同じ結果を出すために、より少ない稼働力で済ませて、会社の利益率を高めることです。

そしてもうひとつは、タスクに取り掛かる時間を少なくすることで、個人のプライベートな時間を増やして自分の時間を確保することです。(※1)

その結果、趣味に没頭したり家族との時間を増やしたり、あるいは親の介護の時間を確保できたりします。

2 タスク管理のメリットは「個人」「チーム」それぞれにある

gettyimages (45079)

タスク管理にはふたつの目的があるとご紹介しました。個人と組織(チーム)それぞれに目的があるわけですが、そこにメリットが生まれます。

2-1 タスク管理によって得られるメリット

まず最初に、タスク管理をする過程において生まれるメリットを説明します。

タスク管理には無駄を省くという作業が必要です。たとえばやり忘れたタスクがあると、後でそのフォローのために余計な時間がかかります。また同じようなタスクはまとめておかなければ、それぞれの準備に同じような作業を行う無駄が生じます。

このようにやり忘れをなくすことと順序を考えることで、タスク管理はほとんど完了します。つまりやるべきことをすべて把握し、その順序も前もって決めておけるので、頭の中がクリアになります。

そして頭をクリアにしておけば、余計な雑念を排除できるので集中して作業に没頭できます。仕事の効率も高まり労力を減らすメリットが生まれます。(※2)
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部