2017年12月26日 更新

「いつかは住みたい」ローマでの生活費

オードリー・ヘプバーンが王女を演じ、グレゴリー・ペック演じる新聞記者とお互い素性を隠したまま恋に落ちる名作映画『ローマの休日』。その舞台として知られるイタリアはローマ。都市としての歴史も古く「ローマは一日にしてならず」ということわざがあるほど、現在も歴史を感じさせる建造物が数多く残っており、それらをひと目見たいと世界中から観光客が押し寄せる人気の都市でもあります。

istockphoto (8239)

2017.12.26
そこで、今回はいつかローマに渡って暮らしてみたいという人のために、ローマで暮らすためにかかる費用を試算し、1カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか、その生活費を項目ごとにご紹介します。興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

ローマをはじめ有名都市部の家賃相場は高い

thinkstock (8243)

南北に細長く、靴下の形に似ていることでも知られるイタリア。その中でローマはちょうど真ん中あたりに位置しており、ローマを境にイタリアは大きく北部と南部、2つの地域に分かれています。イタリア国内の家賃相場としては、ミラノなどがある北部に行けば行くほど高くなる傾向のようです。
また、ローマやフィレンツェなどの有名都市は家賃相場も高く、イタリア人の平均月収がおよそ1,200ユーロ(約16万円)なのに対して、家賃相場はおよそ700ユーロ(約9万3,000円)ほどだといいます。ほとんどの場合は家具付き物件ですが、光熱費が家賃に含まれているところや、別途共益費等を払わなければならないところなど、物件ごとに異なることもあるので注意が必要です。(1ユーロ=133円で換算)
イタリアの賃貸物件で特徴的なのは、築年数の古い物件が多いということです。まさに歴史ある国ならではといった感じですが、築20~30年の物件は普通で、中には築200~300年以上という物件もあり、文化財となっているものもあるようです。築年数が古いと聞くと一般的にはあまりいいイメージを持ちませんが、文化財になっている物件に住むことができると人気は高いようです。

ローマの物価水準は日本とだいたい同じ

thinkstock (8245)

日本人にとってピザやパスタなど、イタリア料理はとても馴染み深いもの。カルボナーラはローマが発祥の地ということで、一度は本場のカルボナーラをレストランで食べたいという人もいるでしょう。
ローマの一般的なレストランでは、パスタとドリンクなどを含めおよそ15~20ユーロ(約2000~2600円)前後くらいになるでしょう。ただ、日本と違って大盛りサイズで出てくるところが多いので、値段以上にお腹を満足させてくれるはずです。
自炊の場合はメルカートと呼ばれる青空市場で買い物するのが便利です。生鮮食品や日用品などが並んでおり、値段もどれもお手頃。イタリアの物価はだいたい日本と同じくらいの水準ですが、イタリア国内で比較的消費が多いワインやオリーブオイル、チーズ、ハムなどは安いようです。ただ、メルカートはお昼の1時頃には閉まってしまい、日曜日は開催されないことが多いので、あらかじめ開催日時を確認しておくといいでしょう。
1カ月あたりの食費は外食と自炊の両方をすると考えて、200~250ユーロ(約2万6,000~3万3,000円)くらいになるでしょう。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

「いつかは住みたい」バンクーバーでの生活費

カナダの代表的な産業都市であり、冬季オリンピックが開催されたことでも知られているバンクーバー。観光客はもちろんですが、日本からの留学生も多く、雄大な自然とともに都会的な雰囲気を持つ、とても魅力的な都市のひとつです。
「いつかは住みたい」ウィーンでの生活費

「いつかは住みたい」ウィーンでの生活費

モーツァルトやベートーベンなど、著名なクラシック音楽家たちを数多く輩出した音楽家ゆかりの地であるオーストリアの首都・ウィーン。クラシック好きはもちろんのこと、音楽・芸術の都として今もなお世界中の人々に愛されています。
「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

「いつかは住みたい」バルセロナでの生活費

情熱の国・スペインの中でも観光都市として人気のバルセロナ。バルセロナは「古さと新しさ」を持ち合わせ、文化を発信し続けるエネルギーに溢れたヨーロッパの中でも魅力の高い都市といっても過言ではありません。
「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

「いつかは住みたい」シンガポールでの生活費

今や東南アジアの中でも中心的な都市となったシンガポール。今後ますます進化していく都市として世界中が注目しています。また所得税が低いことから移住を考える富裕層も増えています。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第13回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部