2018年7月12日 更新

「いつかは住みたい」バリ島での生活費

アジア有数のリゾート地として有名なバリ島。美しいビーチや極上のホテル、フレンドリーな人々、夕日が美しい寺院、緑豊かな棚田など、豊かな自然とアジアの文化が融合する島として人気を集めています。

gettyimages (17636)

2018.7.12
そんなバリに移住して癒しのスローライフを送れたら……。そんな風に考える方も多いのではないでしょうか。
今回は、将来的にバリ島へ移住したいという方のために、バリ島移住にかかる費用を試算し、一か月あたりの生活費を項目ごとにご紹介します。

バリ島の住宅費は格安! お金をかけて贅沢な暮らしをするのもアリ

gettyimages (17650)

バリ島は物価の安さが魅力の一つ。ワンルームやルームシェアなら月1~2万円で住めてしまいます。広めの外国人向けアパートでも月3~5万円ぐらいです。
現地人向けの借家ならもっと安く抑えることも可能ですが、シャワーが水のみだったり、エアコンがついていなかったりと便利な日本での生活に慣れている人には少しハードルが高いかもしれません。
初めての移住で心細い人や単身者は、日本人移住者とのルームシェアも便利。Wi-Fiや水道・ガス・電気などの設備費が家賃に含まれていたり、自転車や調味料を貸してもらえたりと、手続きや生活の不安など細かい面をカバーしてもらえます。日本食材を手に入れられるお店やオススメの生活スポットなどを聞ける点も安心です。
ファミリー向けの一軒家も月5~6万円で借りられます。月10万円も支払えば、プール付きの豪邸も夢ではありません。外国人向けの物件はほとんど家具やエアコンがついているので、家具代は不要です。安全面を考えてホテルのコンドミニアムに住む方もいらっしゃいます。多くのコンドミニアムでは外部の人が立ち入れないようになっているため、小さなお子さんがいる移住者などに重宝されているようです。また敷地内のプールやテニスコートなどを利用できることも人気の一つ。一泊3,000円程度のコンドミニアムもたくさんあるので、選択肢の一つに加えてもよいかもしれません。なお、外国人に土地の購入は認められておらず、名義を借りての土地所有はトラブルになりがちなので、土地建物の購入はオススメできません。

したがって、バリでの住宅費は、トコトン費用を抑えるならば月1~2万円。日本ではできないような贅沢な暮らしをするなら月10万円以上と考えればよさそうです。

食費も求める生活レベルによって変わる

gettyimages (17661)

バリ島のローカルフードといえば、インドネシア料理とバリ料理。「ナシゴレン」(焼きめし)や「ミーゴレン」(焼きそば)、甘辛いピーナツソースでいただく「サテ」(焼き鳥)などのインドネシア料理は、日本でもなじみが深くなってきましたよね。
これらのローカルフードも現地のワルン(簡素な売店や食堂)で買えば1食数十円と格安で食べられます。レストランでも数百円あればお腹いっぱいに。現地のマーケットで食材を手に入れ、自炊中心の生活にしつつ、週に何度かワルンで外食……という生活なら、月々の食費は1万円もかからないでしょう。ただし、日本の調味料や食材は、現地のスーパーマーケットで3倍以上の値がついていることも…。しょうゆやみりん、味噌など和食に必要な調味料は日本から持っていった方が節約できます。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。
「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

ファッションの中心地、ミラノ。ミラノコレクションの開催地であり、中心街には一流ブランドの本店や旗艦店がずらり。洗練されたショーウィンドウを見ているだけでも気分がアガります。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部