2017年12月20日 更新

あなたの常識が非常識に?マルチタスクはもういらない

人生の目標達成のために生産性を向上させる̶̶そのためにマルチタスクは有効だと考えられてきました。しかし、シングルタスクの傾向も強まっています。

thinkstock (8152)

2017.12.20
なぜマルチタスクは批判されるのでしょうか。マルチタスクの本当の問題点を掘り下げます。

マルチタスク主義vs シングルタスク主義

gettyimages (8138)

私達の日常生活にはこんなにもマルチタスクが溢れています。仕事の会議中にメールをチェックしたり、部下の話を聞きながら書類をチェックしたり、テレビを見ながら家事をしたり、料理をしながら会話をしたり・・・。
一方で、こうしたマルチタスクを批判するシングルタスク主義者もいます。シングルタスクとは、「一度に1つのタスクに集中する」ことで生産性を上げるというもの。コーネル大学ジョンソンスクールで15年以上講義を行い、100以上の企業・団体で指導を行ってきたデボラ・ザックもシングルタスク主義者の一人です。ザックはマルチタスクに以下のような問題点があると指摘しました。

マルチタスクの問題点

・集中力が細切れになり、能率が落ちる
・コンテキストの中にあるはずの情報やタスクを分断してしまう
・マルチタスク状態で気が散っていると、状況の変化に対応する柔軟性も低下する
・人間関係が悪くなる
・生活の質が落ちる
果たして、私達はマルチタスクとシングルタスクのどちらをとるべきなのでしょうか。

現実のマルチタスクは複数のタスクを「同時に」処理してなどいない

thinkstock (8153)

マルチタスク主義とシングルタスク主義の主な争点は、マルチタスクが生産性を上げるかどうかという点です。マルチタスク主義者の答えは当然YES。シングルタスク主義者の答えは、基本的にNOです。
実は、マルチタスクが能率を下げるという報告は以前からありました。複数のタスクを同時に処理しているというのは「勘違い」で、実際は1つのタスクからもう1つのタスクへ意識をスイッチしているだけ。マルチタスク状態では頻繁に「タスク・スイッチング」を行なっているために、注意力が分散して能率が下がるというものです。
2011年のReynol JuncoとShelia R.Cottenによる報告では、こうした頻繁なタスク・スイッチングが認知処理能力に大きな負担をかけ、より深い学習を妨げると指摘。グーグル社元CIOであるダグラス・メリルも、会議中のマルチタスクは会議の生産性を下げると言いました。こうしたことから、シングルタスク主義者はマルチタスクの生産性にNOと言うのです。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

SNSが日常風景となった今、私たちはフェイクニュース問題に直面しています。偽情報は思わぬところに顔を出すもの。自分は偽情報には惑わされないと感じている人ほど注意が必要です。災害の時など、情報に振り回されないよう、フェイクニュースの実態を把握しておきましょう。
オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

日本の最新AIロボットは知能に加えて生活をサポートできる「体」を持ったものが増えています。2019年に実証実験が始まったAIロボットや東京オリパラで活躍予定のロボット、重度障がい者の働きがいにつながる「分身ロボットカフェ」に注目が集まっています。
「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

ポリコレという言葉を聞いたことはありますか。一部では悪評高い言葉ですが、グローバル化し多様性を重んじる社会にあっては無視できない概念です。ポリコレという概念を理解し、無自覚な差別やハラスメントに加担しない視点を身につけましょう。
LGBTQのQって何? 日本独自の言い方ではXジェンダーとも

LGBTQのQって何? 日本独自の言い方ではXジェンダーとも

LGBTQのQ、XジェンダーはLGBTとは異なる性の在り方。2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックは「共生社会の実現」というテーマを掲げています。日本が国際的に存在感を示す重要なチャンスです。まずはLGBTQについて理解を深めましょう。
「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

ネットでどんな情報にも簡単にアクセスできる時代になって久しくなりましたが、最近はその“副作用”に困っている人も多いのではないでしょうか? 例えば、拡散される「デマ情報」や、情報が正しくないのに検索上位に出てきてしまう「まとめサイト」など。無駄な情報を省いて手に入れたうえで、それが正しいのか自分でチェックする能力が必要になってきていると感じます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座