2017年10月20日 更新

節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

thinkstock (4916)

2017.9.26
『お金原論』という本の命題は、「お金とは何か」ということ。
「お金」という軸を通じて自分自身をニュートラルに見ることができれば、人生をもっともっと楽しめるようになるだろう。
これから毎回、『お金原論』の中身を少しずつ伝えていく。すべてが賛同を得られるものであるという確信はない。しかし、生活や人生と切っても切り離せない「お金」というものについて、1人でも多くの人に「お金とは何か」という議論に加わっていただければ幸いである。

節約と引き換えに失っている大切なもの

thinkstock (4903)

コツコツと節約をすることと引き換えに、実は私たちは大切なものを失っている。
それは、「経験」だ。
支出を見るとその人の思考と行動がわかる、ということは前にも述べた。言い換えると、支出を減らすということは、思考や行動を制限するということでもある。
自分の視野を広げてくれるであろう海外旅行に行かず、お金を貯めるという行動。自宅や会社からほとんど動かずに生活をすることで、支出を抑えるという行動。これは、たくさんのことを経験し、自分の器を広げるという「チャンス」を自ら捨てる行動でもある。こうしたチャンスを犠牲にすることと引き換えに、貯蓄をしているということなのだ。
夫たちの小遣いもその象徴だ。
新生銀行の調査によれば、会社員男性の1カ月の小遣いの平均額(2014年)は3万9,572円となっている。ここから拠出しなければならないものの内訳はそれぞれの家庭で異なるだろうが、いずれにしても自由になる金額はかなり少ないのが実態だ。
近年、女性の社会進出が急速に進んできてはいるが、多くの家庭では、依然として夫が稼ぎ頭だ。「マミー・トラック」という言葉が一部で社会問題化していることからもわかるように、たとえ妻が能力の高い女性であったとしても、結婚・出産を経て男性と同水準の収入を得続けるということは容易ではないのが現実だろう。
thinkstock (4905)

あなたが企業の経営者だったとしたら、最も大きな売上げや利益をもたらしている事業に対して、さらなる投資をせずに経費の節約を図るという判断を下すだろうか。おそらく、そのような判断を下したら、その事業の拡大は望めず、企業全体が先細りしていく一方だろう。
小遣いを制限するということは、家庭内で最も大きな売上げや利益をもたらす事業に対
して、投資をせずに経費の節約を行っているということにほかならないのだ。
小遣いを制限することによって、経験をするというチャンスが犠牲になれば、器は広がりにくい。器が広がらなければ当然のこと、収入も劇的には上がらないだろう。そればかりか、IT化、グローバル化が進む時勢の中にあっては、成長せずその場に留まるということは相対的な下降さえ意味する。
収入が上がらないとなったら、貯蓄を増やすために残された答えは、「さらなる節約」しかない。よって、「お金を使うことは悪」とばかりに、さらにモノを買うことを抑制し、行動範囲を抑制する。こうして、お金によってさまざまな制限を受ける、悪いスパイラルの人生ができあがっていくのである。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドン篇。伝統や格式がありつつ、流行を先取りした文化などが発達し、世界中にその強い影響を発揮する街・ロンドン。
「しかし、ここがお金持ちと貧乏人と分ける分水嶺だ」第9章[第17話]

「しかし、ここがお金持ちと貧乏人と分ける分水嶺だ」第9章[第17話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
相手のお金の教養STAGEを意識する〜『お金原論』[第3回]〜

相手のお金の教養STAGEを意識する〜『お金原論』[第3回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人