2019年3月21日 更新

【書評】テクノロジーの進化により、好きなことをして遊んで暮らせる世の中が、もう間近に迫っている『僕たちはもう働かなくていい』

本書は、AIやロボットの研究に関わる専門家との対話をもとに、今後の私たちの働き方、生き方、また最適なAIとの向き合い方について書かれている。

gettyimages (33675)

多くの本を世の中に送り出し、また時間を大切に考える著者が「最近の著作のなかで、飛び抜けて取材と考察に時間と手間をかけた」と書かれていただけに、本文を読む前からとても興味がそそられた。

面倒なやりたくない仕事は全部AIに任せて、自分の好きなこと、やりたいことだけやればいい世の中。「遊びが仕事になる」そのような楽しい世界は、想像しただけでもワクワクしてくる。また著者はすでにその世界を実証しているという。

このようなテクノロジーの進化の一例として、本書では著者自身が体験したパーソナルモビリティ「カングーロ」やロボット「エリカ」について詳細にまとめられている。

用途によってロボットやライドモードに変形する「カングーロ」は、荷物を運んでくれたり、散歩も一緒にしてくれる。また自転車のように乗ることもでき、離れた場所から呼び出すことも可能だという。

また、パーソナルモビリティには、ただの乗り物としての存在ではなく、パートナーロボットとして一緒に出かけたいと思うような「楽しさ」が必要であるという。ただ単に便利さを追求するのではなく、それが人々の意欲的な行動に繋げられるようにするとは、まさに驚きである。

さらにパートナーとしてより実感しやすいのが23歳の女の子「エリカ」だ。第一印象は「かわいい女の子」そのもので、ロボットだとは想像もしなかった。会話や動き、はにかむ笑顔はとても自然だという。それほど現在のテクノロジーは、進化しているのだ。

また、すでにエリカは女子アナとしてテレビ局に入社しているという。企業の希望通りに黙々と働いてくれる「エリカ」は、必要不可欠な存在となり、多くのファンが増えるに違いないだろう。

新しい技術が世の中で活用されていくことは、とてもワクワクする。それにより自分の身の回りはどのように変化していくのか、リデザインされていく世の中は楽しみで仕方ない。

多くの人は、自分の幸せを考えるだけで精一杯だが、世の中が良くなるために自分の犠牲や苦労を厭わず、また他者からの中傷も気にせず行動出来る人は、本当に素晴らしく、誰にでも真似できることではない。まさに貴重な存在であり、感謝したいと思う。その日々の努力のおかげで私たちの生活は楽しく充実することができ、また幸せな人生へとつながっていくのだ。

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【書評】これからの時代を生き抜くために『GOETHE 堀江貴文解体新書 ~自意識(プライド)を捨て去った、ホリエモン!という生き方~』

【書評】これからの時代を生き抜くために『GOETHE 堀江貴文解体新書 ~自意識(プライド)を捨て去った、ホリエモン!という生き方~』

本誌は、堀江貴文氏の魅力について40ページにわたり特集している。幼少期から現在までの活躍や、24時間のタイムマネジメント術、宇宙事業、投資、教育、オンラインサロン等、複数のコンテンツからなる。
ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。
自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自己把握 自分自身を見つめ直し、見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

「好きを仕事に」新世代の価値観とモチベーションの変化とは

世代ごとの考え方の違いが明白になってきています。同じオフィスにいながら違う価値観と考え方が混濁する現代。より、変化が激しくなる新時代を迎えるにあたって、私たちはどういう考え方を持つことが大事なのでしょうか。 尾原和啓著『モチベーション革命』 より、ライフワークバランスの視点をご紹介します。
糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

糸井重里の考える働くとは これからの「ほぼ日」

これまで、どこかのシーンで「ほぼ日手帳」を手に取った学生や社会人は数多くいることでしょう。実際に「ほぼ日手帳」を使わずとも、「ほぼ日」や糸井重里の存在を知らない日本人は、もはや皆無といっても言い過ぎではなさそうです。 川島蓉子・糸井重里著『すいません、ほぼ日の経営。』 より、「ほぼ日」という企業がずっと続けてきたことと新たに始めたことをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部