2020年3月10日 更新

スティーブ・ジョブズの「Walking Meeting」が創造力を高める理由

スティーブ・ジョブズをはじめ多くの著名人は歩きながら、頭を整理させ、斬新なアイデアを生み出す「Walking Meeting 」を好んでいることは有名です。歩くことと創造的な思考力のポジティブな関係は研究でも証明されています。ジョブズ氏のように、歩くことで仕事の効率をあげてみませんか。

gettyimages (52756)

2020.3.10

スティーブ・ジョブズが好んだ「Walking Meeting」

最近よく、歩きながら話し合ったりアイデアを出し合ったりする「Walking Meeting」が取り入れられていると聞きます。実は、座りっぱなしは創造性を低下させてしまい、歩きながら考えることは創造性を高めるのだそうです。
gettyimages (52757)

集中できないのではと思われるかもしれませんが、あのスティーブ・ジョブズは歩きながら話し、考えることで、多くのアイデアを生み出していたと言われています。
彼は定期的に長時間歩きながら、ブレーンストーミング・ミーティングを行っていたそうです。特に重要な議題は歩きながら話し合うことを好んだそうです。
米CNBC-Make itによれば、ジョブズ氏の長年の友人だったロバート・フリードランド氏はジョブズ氏を思い出して「いつも裸足で歩き回っていた」と述べているといいます。
また、当時アップル社のチーフデザイナー、ジョニー・アイブ氏(2019年11月アップル社を引退, 新会社「LoveFrom」設立)とジョブズ氏が、本社のキャンパスでデザインについて話しながら歩いている姿をよく目撃されていたとも言われています。

歩くことと創造性の科学的な関係

gettyimages (52759)

歩くことによる創造的思考に与えるメリットについては科学的に実証されています。スタンフォード大学の研究によれば 数種類のテスト結果では座っている時よりも歩いている時のほうが、平均60%も創造的思考を高めるということが分かりました。
この研究では176人の大学生が参加し、同じテストをいくつかの異なった環境の中で歩きながら受けた時と、座って受けた時を比べるという方法です。テストの1つには、例えばタイヤとかボタンとか一般的に用途が決まっているモノを与えられ、新しい用途を考え出すと言うような内容が試されました。
研究者たちは、研究論文に「歩くことは状況に適した斬新なアイデアを生み出す簡単に実行できる方法だ」と述べました。
歩くと一言で言っても様々な状況がありますが、室内でルームランナーを使い壁に向かって歩くことでも効果はあり、外で異なったいくつかの環境の中で歩く時と大差はないようです。また、歩いた後、座っても暫くはその効果は続くということです。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

TODOリストより大切なTOBEリストとは?理想の自分を描いてみよう!

TODOリストより大切なTOBEリストとは?理想の自分を描いてみよう!

あなたは10年後の自分を想像したことはありますか?毎日TODOリストに追われているばかりではなく、理想の自分を描いたTOBEリストを作り、充実した日々を過ごしながら人生を思うように動かしてみませんか。今回はTOBEリストとは何か、TOBEリストのコツなどをご紹介いたします。
ギグワークとは?時間もお金も自由になる|自分をコンテンツ化する働き方

ギグワークとは?時間もお金も自由になる|自分をコンテンツ化する働き方

不安定な世情の中で、現在の生き方を見つめ直す岐路に立っている人が多いのかもしれません。昨今、よく耳にするギグエコノミーというあり方に注目が集まっています。 長倉顕太著『GIG WORK』 より、元・編集者が語る人生100年時代の自分をコンテンツ化する働き方をご紹介します。
ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

介護業界の人手不足は深刻ですが、それを解決する突破口として期待されるのがロボットや情報通信技術で介護職員の身体的、精神的負担を軽減する「スマート介護」です。導入するだけでなく、その専門資格を設けることでも、人手不足の緩和につながりそうです。
すぐにできる時短テクニック「何をするか」ではなく「何を捨てるか」

すぐにできる時短テクニック「何をするか」ではなく「何を捨てるか」

タスクがたくさんあるのに、いつまでたっても終わらない。効率を追求したいのはやまやまですが、そうはいかない現状を何とかしたいものです。 各務昌久著『会社では教えてもらえないアウトプットがすごい人の時短のキホン』 より、すぐにできる時短のハックをご紹介します。
職場の人間関係をうまく回す「10の認識スタイル」とは?

職場の人間関係をうまく回す「10の認識スタイル」とは?

職場における人間関係の悩みは、いつの時代にもついてまわるものです。価値観が大きく違う、さまざまな世代が集まる会社という場。人間関係の摩擦は、当然生まれるものであるといえるでしょう。 飯塚健二著『「職場のやっかいな人間関係」に負けない法』 より、職場の人間関係をうまく回していくための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン